贖いの落穂

ルツ記2章17~23節

澤田 武師

主題聖句 「ナオミは嫁に言った。『どうか、生きている人にも死んだ人にも慈しみを惜しまれない主が、その人を祝福してくださるように。』」 ルツ記2章20節
 聖書は貧しい者や寡婦たちの生活を支えるために、“落穂を拾う権利”を認
めています。(レビ23:22他)そして富める者に対して、収穫の時には、畑の隅まで刈り尽くさないこと、集められずにこぼれた落穂は必ずそのまま残すようにと命じられています。(レビ19:9他)
 “落穂拾い”は命の糧を守るための律法で、「主はあなたを祝福される」と神様が備えられ、神様が養ってくださるための掟であると言えます。そこが現在の人が支える社会福祉の考え方とは異なる点です。
 ナオミとルツのベツレヘムでの生活は、他人の落穂を拾わせてもらう厚意によってのみ支えられています。ルツは必要に迫られて、落穂を拾いに出掛けて行きますが、頼れる者はここにはいません。送り出したナオミも不安であったでしょう。
 既にルツの行動には、神様の備えが示されていました。17節「ルツは…日が暮れるまで畑で落ち穂を拾い集めた。…取れた大麦は一エファほどにもなった。」1エファは約23リットル。一人の女性が落穂拾いをして集められる量ではありません。ルツはボアズの畑に導かれ、そこで落穂拾いの範囲を超えた、特別な待遇を与えられます。神様はボアズを通して、彼女たちに命を与えます。
 ナオミはルツが落穂拾いで拾ってきた大量の麦と、食べきれずに持って帰ってきた炒り麦を目の前にして、戸惑います。
 そしてこの恵みが、ボアズの計らいと知った時、目の前の落穂は、自分たちに命を与えただけでなく、神様が落穂として拾い集めてくださったことをナオミは知りました。ボアズの背後に居られて働いてくださる神様の御手が、落穂を備えてくださったと、神様が落ち穂のような私を顧みてくださったと、ナオミの信仰をも回復させました。
 神様は生活を支え、そして用いてくださる。私たちも神様が御手をもって贖い拾われた落穂です。神様が用いてくださるために。この日常を歩みましょう。
📢音声

マラと呼んでください

ルツ記1章16~22節

澤田 武師

主題聖句 「ナオミは言った。『どうか、ナオミなどとは呼ばないで、マラと呼んでください。全能者がわたしをひどい目に遭わせたのです。』」 ルツ記1章20節
 ルツ記は「士師が世を治めていたころ」、イスラエルが王政に移行する前、不安定な時代の日常の出来事を、ナオミの視線を通して描く物語です。
 飢饉が終わった知らせを聞いたナオミはベツレヘムに帰ることを決意します。そして、モアブでめとった二人の嫁にそれぞれの実家に帰ることを勧めます。嫁のオルパは故郷へと帰りましたが、もう一人の嫁ルツは最後までナオミと一緒に生活することを望み、ベツレヘムに同行することを選びました。ナオミとの生活は、ルツに信仰者としての生き方を教えました。
 彼女たちを出迎えたベツレヘムの町の女たちは「ナオミさんではありませんか」と戸惑いながらも彼女たちの帰国を喜びます。しかし、ナオミは「マラと呼んでください。全能者がわたしをひどい目にあわせたのです。」と、ナオミ(快い)と呼ばれることを否定し、自分の名を恨みます。
 神様のご計画が前進する舞台として、彼女たちのベツレヘムへの帰国は備えられました。神様は「大麦の刈り入れの始まるころ」と、ここでの生活の糧を与える計画を既に示されています。しかし今、この神様のご計画のすべては、ナオミとルツには到底解るはずはありませんでした。
 ナオミとルツが失意の中で見上げた空は、その1150年後に羊飼いたちも見上げた夜空です。そして羊飼いたちは聞きました。「いと高き所に栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ」救い主誕生の知らせを信じて、彼らはベツレヘムの町にイエス様を探しに行きます。
 あなたの信仰生活は、万事好都合の快いナオミの生活ですか。それとも、行き詰まりを覚え、苦難のマラの生活ですか。苦悩と思えるあなたの人生の中に、既に神様の秘められたご計画は進んでいます。
 彼女たちの苦難の根底には神様の備えと導きがあり、ナオミとルツの人生も神様の壮大なご計画に組みこまれていることが、ルツ記を読む者には示されます。それはあなたの人生の中でも起こる神様の御業です。探してみてください。
📢音声

勝利を得る時

ヨハネの黙示録21章3~7節

澤田 武師

主題聖句 「すると、玉座に座っておられる方が、『見よ、わたしは万物を新しくする』と言い、また、『書き記せ。これらの言葉は信頼でき、また真実である』と言われた。」 ヨハネの黙示録21書5節
 「ヨハネは何を「見よ」と言われたのか。それは、今までヨハネが見て来た世界とは異なり、神様と人間が共に住み、神様と人間の交わりが回復された世界です。イエス・キリストにより罪に覆われていた世界が去り、新しく現れる世界です。その時にはイエス様が再び来られる。これが「再臨」の希望です。
 ヨハネは語りかける声を聞きます。新しい世界には、もはや死はなく、悲しみも嘆きも労苦もない。神様は慰め主として、すべてを拭い去ってくださる。最後の敵である「死」さえも、拭い去られます。死はアダムの罪の結果として、人間に課されたものでしたが、この問題も今や完全に解決されました。
 天地創造の初めには、死も悲しみも嘆きも労苦もありませんでした。神様はこれらを創造されませんでした。原罪は神様の思いから人間を引き離しましたが、その関係は元へ戻る。神様が再び創造される時が、救いの完成の時です。
 再創造について、神様は「万物を新たにする」とヨハネに語りかけます。すべてが変わる。世界もそこに生かされるものも、そのすべてが新しく変えられます。そしてこれこそは「信頼できる事実である」から「書き記せ」と、命じられます。希望の命令です。神の愛により頼む者はすべて「勝利を得る者」として神様からの栄光を受けて、完全勝利を収める者となります。
 「再臨」は明日来るかもしれません。私たちが地上で生きている間には来ないかもしれません。それは誰にも分かりません。聖書にも書かれている通り、神様だけが決めておられる時だからです。だから待たなくても、だから考えなくてもよい、ということではありません。「再臨」の恵みによって、神様は私たちに永遠を想う心を与えてくださいました。この永遠を信じて、多くの者が既に天に帰りました。永遠を待ち、永遠を信じて地上の働きを終える、それは希望の生涯ではないでしょうか。私たちも書き記しましょう。私たちの信仰を。生かされている喜びを。
📢音声

立ち上がり、歩きなさい

使徒言行録3章1~10節

澤田 武師

主題聖句 「民衆は皆、彼が歩き回り、神を賛美しているのを見た。」 使徒言行録3章9節
 「民衆は皆、彼が歩き回り、神を賛美しているのを見た。」男はペトロとヨハネにも金銀の宝を願いましたが、神様は男の最も必要な体の癒しの業を彼らに託されました。彼らは男を立ち上がらせます。
 人々はさっきまで毎日「美しい門」のそばに座って施しを乞うていた男が、躍り上がって立ち、歩き出し、神を賛美してペトロたちと一緒に神殿の境内に入っていくのを見ました。神様は彼らを通して、男の足をしっかりと立たせます。今まで束縛されていた、律法で定められた罪から、男は救われました。
 「神癒」とはホーリネス系信仰の独特の言葉です。「癒しの恵み」とは、私たちを病から、その苦しみから解放してくださるということです。
 しかし、癒しの恵みは肉体の病気という限られた範囲で、とらえられてしまう傾向があります。また、癒されること自体が、目的になってしまうことがあります。それは間違いです。人間は、肉体だけでなく、精神、心を持つものです。また、人との関係の中で本来生きるものです。そして私たちは、神様との交わりを通して生きるものとして、創られたものです。
 聖書には、私たちの信仰が観念的、あるいは精神的な心の中の問題だけでなく、目に見える形で、私たちの日常に起こる出来事として、数多くの癒しによる祝福が記されています。
 聖書は新約旧約問わずに、私たちの魂の問題と同時に、この「からだ」をもって生かされている私たち、「こころ」をもっている私たちの「存在」、「日々の生活」にも関心があることを記しています。
 聖書は、神様が私たちを創られた時から、神様は私たちの日常の中に具体的な出来事としての、「癒しの恵み」を与えてくださっていることを記しています。神様が私たち被造物を、癒してくださるのです。
 そして、私たちはイエス様が再び来られる「再臨」を待ち望んでいます。再臨の時まで、神様は私たちの弱さの中に、足りなさの中に、すべての人の生活の中に「癒しの恵み」を常に備えてくださっています。
📢音声

主に愛されている人

テサロニケの信徒への手紙二 2章13~17節

澤田 武師

主題聖句 「なぜなら、あなたがたを聖なる者とする“霊”の力と、真理に対するあなたがたの信仰とによって、神はあなたがたを、救われるべき者の初穂としてお選びになったからです。」 テサロニケの信徒への手紙二 2章13節b
 テサロニケの教会内では、再臨が既に起こったとさえ言う者も現れました。心騒がせた者も多かったようです。信仰は揺り動かされています。信仰者として真剣に、本当の再臨を待ち望むために、再びパウロは兄弟姉妹に呼掛けます。
 13節、神様は先にあなた方に“聖霊の潔め”を与えられた。福音はあなた方が選び取ったのではない。聖霊を通して神様が与えてくださった。そして、あなた方は“福音の真理の信仰を守ること”を選んだ。それによって神様に“選ばれた者たち”として“救いの初穂”となった。
 彼らは最初の者、初穂、となった。それは初穂として、更に信仰の実を結ぶためにそれぞれの生活の場に遣わされるためであった。
 パウロは「感謝せずにはいられない」と再度記しています。パウロの言葉は、テサロニケの兄弟姉妹だけに記されたものではありません。信仰者となった全ての者たち、私たちも含めて与えられた言葉です。パウロの言葉は全ての教会への祈りとなりました。
 イエス様はパウロに言われました。「恐れるな、語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。」神様の召しと私たちの選びは、「地上における聖化」を生み出しました。神様のために聖別された者たちを生み出しました。神様のご奉仕に用いられるように、聖別されました。
 「聖化」の恵みは、私たちにはどうすることも出来ない原罪、それは表に現れない罪です。人間がその根底に持っている罪です。神様はその罪にも御手を添えて罪浄めてくださるということです。
 信仰者の歩みは神様ご自身によって支えられています。神様は私たち一人一人に課題を与えられるお方ですが、私たちに課題を果たす力も与えくださるお方です。礼拝によって、説教を通して、聖礼典を通して、そして、聖霊の導きにより、罪浄められたと、確信を得ることを覚えます。
 再臨の時まで善い働きをし、善い言葉を語る者とならしてくださいと祈る者
は、聖化の恵みを知る。パウロの祈りは「聖化」を求める私たちの祈りです。
📢音声

神から生まれた人

ヨハネの手紙一5章1~5節

澤田 武師

主題聖句 「神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。」 ヨハネの手紙一 5章4節
 「神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。」ヨハネはイエス様の十字架と復活を信じ、イエス様を救い主として告白してゆく人たちは皆、新しく生まれた人として、この世での勝者となると記します。キリスト教の信仰とは生まれ変わることであり、信仰者は「新しく生まれ変わった」という体験をした者たちです。
 ヨハネは「世」とは、神様に背き、神様に敵対する霊的な力が支配する闇と死の領域のあるところと言います。「世に打ち勝つ」とは「世から救われる」ことです。それはこの世の闇の支配から救い出されて、光と命の領域に生きること「救い」となると記しています。人は自分の力と努力で世に打ち勝つことはできません。イエス様を信じる信仰によって、私たちは世に打ち勝つことができるのです。
 イエス様を救い主として信じることは、「世に打ち勝つ勝利」であるとヨハネは語ります。私たちは、神様がイエス様を通して与えてくださる聖霊との交わりの中に生きることで、必ず世の悪しき力、悪しき誘惑に勝利するのです。
 しばしば誘惑に負けてしまうことがあっても、そのたびに悔い改め、新しくされるのです。私たちが世に打ち勝つ勝利は、既に神様の永遠の御計画の中で定められているのです。この信仰をもつことによって、この世のただ中にあって、なお勝利を確信して立つことができるのです。
 「イエスがメシアであると信じる人は皆、神から生まれた者です。そして、生んでくださった方を愛する人は皆、その方から生まれた者をも愛します。」私たち信仰者は、イエス様は主であると何の疑いもなく告白します。
 神様を愛する者は、神様によって生命を授けられた者同士、家族のように愛し合います。愛である神様によって生まれた者にも,愛が備わっているのです。
 私たちは、御言葉によって育まれ、成長していくなかで、いよいよ神様を愛し、兄弟姉妹を愛する者となっていくのです。この世に見える形で神の家族が、教会があります。ここに「新生」の恵みに生かされる私たちの信仰があります。
📢音声

真理の言葉を聞く

エフェソの信徒への手紙1章3~14節

澤田直子師

主題聖句 「あなたがたもまた、キリストにおいて、真理の言葉、救いをもたらす福音を聞き、そして信じて、約束された聖霊で証印を押されたのです。」 エフェソの信徒への手紙1章13節
 ペンテコステは教会が誕生したことを記念して捧げられる礼拝です。使徒言行録2章には、使徒たちに聖霊が降り、外国の言葉で福音を語りだしたこと、五旬祭のためにエルサレムに集まっていた人々が、自分たちの言葉で神のご計画を聞き、ペトロの説教を聞いて信じて、その日のうちに3000人が仲間に加わったことが書かれています。
 しかし聖霊の働きは、昔の使徒たちだけでなく、今この時代のわたしたちにも働きかけ、わたしたちの耳を開き目を開き、神のご計画を知らしめ、導いてくださいます。
 エフェソ1:3~10は、まさに頌栄です。ここは、ギリシャ語では句読点も改行もなく一気に書かれています。パウロが神をほめたたえはじめたら止まらなくなってしまった、という感じです。ここに重要な「キリストにおいて」という言葉が繰り返し出てきます。救いの御業のすべては、キリストにおいて計画され、実行され、有効となったことが証しされます。
 3節の「天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださった」ここにはユードギアという言葉が使われますが、これは、神から一方的に溢れるように流れ来る様子を表わします。神の愛アガペーが、見返りを求めず一方的に与えられるように、祝福もまた、資格や地位や行いを問わずに与えられます。
 14節「御国を受け継ぐための保証」保証は13節の証印と同じです。信仰者の正真正銘性と所属とはこの証印によって保証されます。この言葉にはもう一つの意味があり、「手付金」を表わします。つまり、わたしたちに贈られる聖霊はわたしたちが誰のものかを保証し、手付金ともなるということです。ということは、この先、まだ与えられるものが用意されているのです。
 神の国に入る時、わたしたちは、客でも寄留者でも僕でもなく、神の子として迎え入れられます。この恵みを決して手放さずに世を歩みましょう。
📢音声

いかに幸いなことか

詩編84編

澤田直子師

主題聖句 『あなたの庭で過ごす一日は千日にもまさる恵みです。主に逆らう者の天幕で長らえるよりは わたしの神の家の門口に立っているのを選びます。』 詩編84編11
 詩編84編は第一次捕囚の時(紀元前597年)の頃に書かれたと考えられています。エルサレムから900キロ離れたバビロンで、エルサレム神殿を思い浮かべ、懐かしい故郷の音楽にのせて賛美した詩編です。
 神殿の「主の庭」とは、誰でも入れる神殿の玄関広場です。そこに行くまでに自分の目に映っていた様々な景色をありありと思い出して、それがどんなに自分を慰め力づけてくれていたかを思い出しているのです。
 どんなに慕っても、もうエルサレム神殿に詣でることはできない今、その風景を心に思い浮かべることが、信仰者の喜びであり励ましとなっています。
 人間の常として、できている時にはその幸いがわからない。失って初めて、それがどんなに幸せで素晴らしいことだったかを痛切に知る、というところがあります。コロナ対策の中で、わたしたちも、平凡な日常がいかに有難く恵まれたものだったかを知ったと思います。
 84編には「いかに幸いなことでしょう」という言葉が何度かでてきます。今はその幸いを失った者が、幸いを受けていた自分を懐かしみ、その記憶に養われているから勇気を出し、心に広い道を見出すことができるのです。その道を行く人は、どんな苦難や試練の中でも神の御言葉を泉として潤されます。
 神様に愛される時が備えられ、愛する場所で愛する仲間と共に礼拝を献げる恵みを知っているとは、いかに幸いなことでしょうか。世の富と栄光を握って千日を過ごすよりも、神の家の門口に立つ一日を、わたしたちも選びました。いずれ本当にそこに立つ日が来たら、たくさんの懐かしいお顔を見て喜び合うことでしょう。
 太陽であり盾であるイエス様が与えられ、完全な道が備えられ、住むところが用意されています。神の家の門を目指して歩みましょう。
📢音声

私たちは神の民

詩編100編

澤田 武師

主題聖句 「知れ、主こそ神であると。主はわたしたちを造られた。わたしたちは主のもの、その民 主に養われる羊の群れ」 100編3節
 詩編100編は「招きの詩編」と呼ばれています。感謝の献げ物を携え、礼拝者が行列をなして神殿の門を通って主の庭に入って行く際の祈りです。それは特別な礼拝として捧げられるもので、体全体で感謝を表すために、歩きながら歌い踊った詩編であったと考えられます。
 
 2節~4節は礼拝が与える豊かさを示します。礼拝に集うことは喜びであり、祝福です。礼拝を通してこそ、私たちが神様に造られ、神様に養われる者であると知り、神様のものである喜びを知ることができるのです。
 「主に仕える」とは「礼拝」を捧げるという意味です。「喜び歌って御前に進み出よ」、「感謝の歌をうたって主の門に進み、賛美の歌をうたって主の庭に入れ」ためらわず立ち止まらず神様の元へと進む。神様は御前に招いてくださいます。
 「御前」と訳されている言葉は、ヘブライ語では「顔」と言う単語と関係があります。それは見つめ合う程の距離、神様のすぐ前まで私たちは出て行くことが赦されているのです。それは大いなる感謝であり喜びです。
 私たちは神様の招きに応答するために礼拝を献げます。信仰者にとって礼拝は「感謝」であり「喜ばしい」ことです。そしてそれは永遠に続きます。神様は私たちを日々の苦難から「解放」してくださるために、礼拝へと「招いて」くださり、感謝と喜びあふれる神の庭に入れてくださいます。
 今日からコロナ禍の前の礼拝式次第に戻して礼拝を守ります。私たちは通常の礼拝の再開を祈り待ち望んできました。改めてコロナ禍の約3年間、教会は何を大切にしてきたのか、何を守って来たのかが問われています。
 「全地よ」との呼び掛けは、この世の全ての者に向けられています。礼拝にこそ神様との出会いの喜び、感謝があると呼掛けます。教会は神様の伝道の御業を託されたところです。どうか私たち信仰者の生活が、先に招かれた者の喜びをもって、「主に向かって喜びの叫びをあげよ。」となり続けますように。私たちは「神の民」という生き方を選んだ者たちです。厳密に言えば「選ばされた者」たちです。感謝をもって礼拝に生かされ続けましょう。
📢音声

その人たちのものである

マタイによる福音書5章3~10節

澤田 武師

主題聖句 「義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである」 マタイによる福音書5章10節
 「義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。」と、イエス様は語られました。歴史の上で、クリスチャンに対する激しい「迫害」が行われた時代がありました。
 10節で使われているギリシア語は現在形です。イエス様は公生涯の初期の山上の垂訓で、「わたしのために」と、イエス様を信じているということは、悪く言われることもある、それも「迫害」に含まれると言われます。あなた方も迫害に遭うのだと語られました。人の正しさではなく、神様の義に生きる姿は、世の人から見れば、とても受け入れがたいということがあり得ました。そこに世と信仰者との摩擦が起こり、ここから「迫害」「弾圧」は始まります。
 ホーリネス系教会には昭和の宗教弾圧がありました。「迫害」は教会の歴史として、また、当時の信仰者の証しとして今も語り続けられています。
 昭和の弾圧により逮捕されたY牧師は、取調中に担当者の目を盗んで、聖書を読むことが出来たこと、また、係官の気まぐれで留置場で讃美歌を歌うことになった、と書き記しています。先生を逮捕、投獄した者たちは、自分たちが神様の業に用いられたとは思いもしなかったでしょう。Y牧師は、神様との絆が決して切れてはなかった、この出来事は神様からの励ましの糧となった、と証しされています。Y牧師は、この先どうなるか分からない獄中においても、神様との豊かな交わりに感謝し神様の義に生き抜かれた「幸いな人」として歩まれました。「迫害」を通して、神様の約束が確かなものであることを確信し、証しした人々が居られます。
 イエス様が山上の説教に込められた八つの「幸い」を、イエス様は信仰者、一人一人の内に見られていたのではないでしょうか。私たちの信仰は、弱さも不足も持っています。全てが満点であるとは思いません。それでもイエス様は信仰者を「幸いである」と言ってくださる。信仰に不十分な者と分かっていても、イエス様に応答してゆく。その人々をイエス様は「幸いな人」と呼んでくださいます。約束された天の国を受け継ぐ者として歩んでまいりましょう。
📢音声