私はここに住む

詩編4編

澤田 武師

主題聖句 『平和のうちに身を横たえ、わたしは眠ります。主よ、あなただけが、確かにわたしをここに住まわせてくださるのです。』 詩編4編9節
 詩編4編は、「個人の嘆きの歌」に分類される型の詩編の一つです。嘆きの詩編は、敵対する人々によって苦しめられている自分を嘆き、神様へ訴え出て慰めを得ようとする言葉が詩となっています。
 もしここで神様の報復を作者が願っても、神様は願いを叶えてくださるかもしれません。しかし作者の思いはそうではありません。神様はこれまで幾度も苦難から解放してくださり、作者の義を認めてくださった。そこに依り頼んで作者は祈ります。「いつまでわたしの名誉を辱めにさらすのか」、作者は神様を信じること、その信仰に生きることこそ、私の名誉であると強く訴えます。
 詩編4編には、現実に立ち向かう作者の強さ、現実を変えようとする意志の力が見えます。それは、深い信仰と敬虔に生きる者の姿として見えます。
 「神様を否定する人、神様の恵みを知らない人々が居る」そして、「この世の豊かさ、麦と葡萄の取りいれを喜ぶ人々が居る」と作者は記しています。作者は彼等の生き方を「むなしさを愛し、偽りを求める者」と呼びます。
 誰もが共に生きることを願い、全ての者が神様を信じ、神様の恵みを得ることを祈るなら、神様は必ず応答してくださることを知れ、と迫ります。また、作者は神様に捧げるのにふさわしいのは、聖別されたあなた自身であることを信じて、神様に依り頼めとも迫ります。
 「平和のうちに身を横たえ、わたしは眠ります。主よ、あなただけが、確かに、わたしをここに住まわせてくださるのです。」「…右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」(マタイ5:39)意志によって左の頬を出す。このお言葉は神様への信頼と祈りによって平安を得る作者の姿と重なります。作者は逃げません。心にある不安も恐怖も今は癒されています。ここに住む、ここに神様が住まわせてくださる。状況はまだまだ変わらず、生きづらい世界の中に在ろうとも、そこに作者は神様の平安を見出して安眠を得ます。
📢音声

わたしはある

ヨハネによる福音書8章24~30節

 都築英夫師

主題聖句 『わたしをお遣わしになった方は、わたしと共にいてくださる。わたしをひとりにしてはおかれない。わたしは、いつもこの方の御心に適うことを行うからである。』 ヨハネによる福音書8章29節
 この聖句は、イエスの宣言の言葉です。わたしを遣わされた方が「ある」。その方は主イエスと共に「ある」。主イエスをひとりしてはおかれないかたで「ある」。主イエスはその方の御心を行うことに徹することによって「ある」と言われます。
 24節以下で主イエスは印象的な言葉を語られています。「わたしはある」と。そのことを信じることがなければ「あなたがたは罪のうちに死ぬことになる」と厳しいことを言われるのです。それはファリサイ派の人々に向けてです。彼らは神の民の守るべき「律法」を真面目に、いわば四角四面に守ることに一生懸命でした。彼らは主イエスの言葉に不安だったのでしょう。「あなたは、いったい、どなたですか」と問いかけています。
 「わたしはある」とは不思議な言い方です。その元となる出エジプト記3章11~14節はモーセが主に呼び出される場面です。そこに主なる神がどのような方かと言われたときに「わたしはある。わたしはあるという者だ」と語られています。主イエスはこのモーセの出来事を心に覚えていたはずです。
 人が確かにあるためには主と共にあること以外にないのです。他の世のものは崩れます。では、確かなものとされる主により頼むために何が必要なのか。主イエスは御自分が「上げられる」、すなわち十字架の時を予告しています。その時こそ「わたしはある」ということが分かると言われるのです。
 聖歌397「とおきくにや」は関東大震災の時に創られました。その歌詞に「慰めもて汝がために、慰めもて我がために、揺れ動く地に立ちて、なお十字架は輝けり」とあります。そうです、揺さぶられる地に私達と共に主の十字架が立っている。主の招きがそこにあります。私達と共に主が「ある」ようにされるのです。共に主の十字架を仰ぐ歩みに出て行きましょう。
📢音声

本国は天にあり

フィリピの信徒への手紙3章17~21節

澤田直子師

主題聖句 「しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待っています。」 フィリピの信徒への手紙3章20節
 パウロは17節で「わたしに倣う者になりなさい」と勧めます。これは人格的なことや福音伝道に関することではなく、キリストを目標とするグループの一員であり続けてほしい、という意味です。というのは、18節から書かれているように、イエス・キリストの十字架だけでは救われない、律法を守らなければ、あるいはこの世的に上手くやるためには、ローマの皇帝や偶像を認めなければ、という人々が、フィリピの教会に入ってきていたからです。このような人々を、パウロは「腹を神とし」と非難します。本当の救いより先に世の損得を求めるからです。
 「しかし、わたしたちの本国は天にあります。」たいへん有名で、慰めになる言葉です。ただこれは、クリスチャンは死んだら天国に行きますよ、というだけの単純な話ではないと思います。イエス様は、ヨハネの福音書14章で、先にそこに行って、用意ができたら迎えに来る、と弟子たちに言われました。これはペトロが3回主を否認するという予告のすぐ後に言われたことです。わたしたちの本国はそういう者にも約束されているのです。
 聖書では、信仰者のこの世の歩みを「寄留者」と言い表します。創世記・族長物語でも、出エジプト記でも、神の僕は世をさまよい、この世を仮の住まいと考えました。この世の旅路を終えて本国に帰る時、イエス様はわたしたちを「ご自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださる」とあります。ホーリネスの群で重点を置く教理である四重の福音、新生・聖化・神癒・再臨、これらが完成し成就した後に来るのが、「栄化」キリストと同じに変えてくださる、ということです。本国がどこにあるかを心に置いて、キリストと言う土台から一歩も動かない決意をもって、世の旅路を歩み通しましょう。いずれ主が、住むところを整えて迎えに来てくださいます。
📢音声

私は扉を叩いている

ヨハネの黙示録3章14~22節

澤田 武師

主題聖句 『見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。』ヨハネの黙示録3章20節
 ラオディキアの教会に宛てた手紙には、教会への称賛のお言葉は一切ありません。代わりにイエス様の厳しいお言葉が記されています。
 ラオディキアは、軍事力、金融力、基盤産業、そして先進医療技術を兼ね備えた町でした。市民の心は人の業、知恵、富の豊かさを求め続ける誘惑に覆われてゆきます。故に神様を必要としない生活へと変わってしまいました。豊かさは、信仰者から神様を求める気持ちを締め出してしまい、ラオディキア教会は世の富を享受するのと引き換えに、信仰的には貧しい教会となってしまったのです。熱くもなく冷たくもない信仰、無関心へと変質していきました。
 19節「わたしは愛する者を皆、叱ったり、鍛えたりする。だから、熱心に務めよ。悔い改めよ。」それでも愛する者たちがそこに居るからこそ、イエス様はあきらめず、厳しい勧めのお言葉を与えてくださいます。
 18節「そこであなたに勧める。火で精錬された金をわたしから買うがよい。」純金を作る時、幾度も不純物を取り除くように、信仰も混ざりものが含まれないように精錬されます。イエス様のお言葉は、信仰の確かさへと導く励ましのお言葉です。イエス様は求める者の必要を全て知っておられます。
 私たちは、神様によって信仰に導かれ、洗礼を授けられました。しかし、救いがそれによって完成されたわけではありません。新生という意味では既に救われていますが、再臨のその日まで、この世で生きている限り、御言葉に信頼しながら、罪と戦っていくという使命が与えられています。
 信仰に迷いを持っている方々に「見よ」と、イエス様は呼びかけてくださいます。あなたの信仰を覆っている一切の誘惑から「悔い改めよ」と呼びかけてくださいます。イエス様の呼かけに応答してまいりましょう。信頼してこの世を歩んでまいりましょう。
 イエス様はあなたの傍らに来てくださり、閉ざされた心の扉を叩き、呼びかけてくださっています。扉が開くまで呼び続けてくださいます。
📢音声

生きる源はキリスト

ヨハネの黙示録3章7~13節

澤田 武師

主題聖句 『わたしはあなたの行いを知っている。見よ、わたしはあなたの前に門を開いておいた。だれもこれを閉めることはできない。あなたは力が弱かったが、わたしの言葉を守り、わたしの名を知らないと言わなかった。』 ヨハネの黙示録3章8節
 フィラデルフィアとは「兄弟を愛する者」と言う意味です。フィラデルフィアは、ギリシアの文化・言語をリディアとフリギア地方に普及させる目的で建設された町です。フィラデルフィアでの宣教が、どのように始まったのかは分りませんが、アンティオキアの司祭の言葉が残っていて、この町には小さな集会があり、そこには忠実な信仰者が居たことは分かっています。
 フィラデルフィアの教会は「力が弱い」教会でした。少数の者が信仰を守っていたようです。しかし、弱さは全て悪い事だけではありません。「わたしの言葉を守り、わたしの名を知らないと言わなかった。」その弱さゆえに信仰は強められました。地震災害、異教徒の支配、この町の歴史が示す困難な時にも、教会に連なる人々が信仰に忠実に生きてきた教会です。この町には信仰に生かされている者たちが居ることを、イエス様はご存じです。「見よ」イエス様は人の目で見るのではなく、神様の目を通して、現実の中に働かれる神様の業を見ることを命じます。
 差出人のイエス様は「聖なる方 真実な方 ダビデの鍵を持つ方」と名乗っておられます。それはイエス様の中に神様の本質が示されているということです。手紙にはイエス様からの励ましと、約束のお言葉が記されています。
 新共同訳聖書では、イエス様からフィラデルフィアの信仰者に向けて「あなたは」と続く励ましのお言葉が8回、「わたしは」という約束のお言葉が13回繰り返し記されます。イエス様は直接語ってくださっています。
 神様の前での弱さを感謝いたしましょう。弱さの中でこそ、信仰者はイエス様の十字架の希望を見ることができます。私たちにも直接語りかけてくださっているお言葉として読んでゆきましょう。信仰者として忠実に歩みましょう。生きる源はキリストであります。
📢音声

わたしの贈り物は

マタイによる福音書2章1~12節

澤田直子師

主題聖句 「学者たちはその星を見て喜びにあふれた。」 マタイ2:10
 数年ぶりに制限を設けないクリスマス礼拝、クリスマスイヴ礼拝を捧げ、保育園卒園児も多く出席してくれて、嬉しいクリスマスでした。世では一気にお正月ムードになりますが、教会暦のクリスマスは公現日(1月6日)、3人の博士がイエス様を訪れて宝物を捧げた日までとなっていて、この日にクリスマスを祝う国もあります。
 学者たちは東の方から来たというだけで地名はわかりませんが、旧約聖書中にはアブラハムの生まれ故郷ウルを「東の国」と呼ぶところもありますので、ユーフラテス川方面であろうと思います。ベツレヘムまでは何百キロという長い旅です。
 6節の預言はミカ書5:1からの引用で、祭司や律法学者なら、ヘロデの命令がなくとも知っていただろうと思います。しかし誰も動きませんでした。信仰を持つ意義を考える時、この行動の違いは重要です。
 学者たちが「喜びにあふれて」幼子イエス様に捧げた宝物は、神の独り子イエス様のご生涯と使命を象徴するものとなりました。
 黄金は王の中の王のしるしであり、神殿の中でも聖所で使われる祭具は、すべて金でおおわれました。イエス様が尊い方であることを表しています。乳香は樹脂を固めた物で、砕いて炭火に乗せ、香りをたてて神に捧げます。エジプトではファラオだけが使うことをゆるされる貴重品、ユダヤでは祭司が捧げる香でした。イエス様が神と人との仲介者であることを表します。
 没薬は純粋なオリーブ油に植物の樹脂を溶かし込み、高価な薬となった他に、高貴な人の葬りの際に体に塗るものでした。エジプトではミイラを作る際に欠かせないものでした。イエス様の死と復活を象徴します。
 わたしたちは、「礼拝を捧げる」「献金を捧げる」と言います。その言い方は正しいですが、さて、わたしたちの捧げるものはイエス様を表してきたでしょうか。自分を示すものを捧げることはなかったでしょうか。また、博士たちがそうであったように、「喜びにあふれて」捧げているでしょうか。
 一人一人が、主イエス様を表す捧げものを持ち来る者となりますように。
📢音声

神は共におられる

マタイによる福音書1章18~25節

澤田 武師

主題聖句 「『見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、『神は我々と共におられる』という意味である。」 マタイによる福音書1章23節
 ユダヤ人にとって、系図は自分自身の存在を証明するために、とても重要なものです。マタイはイエス様の存在が正統かつ事実に基づくことを証明するために、最も確かなものとして系図を記しました。
 系図の中には、神様に用いられた多くの人たちの名が記されます。「そしてイエスがお生まれになった。」お生まれになったとは、イエス様だけに用いられているお言葉です。神様が人間としてお生まれになった、救い主としてお生まれになったことを示します。この系図は、クリスマスが神様のご計画として与えられたことを意味しています。
 マタイはヨセフの苦悩の中に、最初のクリスマスがあったことを伝えています。ヨセフは夢の中で、「恐れずに妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。」と、天使から告げられます。そして生まれてくる子どもに、イエスという名を付けること、この名は「神は我々と共におられる」という意味であるとも伝えられます。
 だれにでも「恐れ」はあります。病はもちろん、日常生活にも将来にも恐れはあります。“何故私がこんな目に”簡単には受け入れられない現実。神様は恐れるなと言われます。「恐れるな」とは、受け入れることの出来ない現実を受け入れることです。自分の力だけでは到底受け入れられない現実であっても、そこに神様が居られると信じた時、受け入れられるのではないでしょうか。「神は我々と共におられる」から、受け入れることができるのです。
 もし、神様が私たちにイエス様を与えてくださらなかったら。クリスマスが来ない世界とは。そこには聖書も、教会も、礼拝もありません。罪からの救い、永遠の命への宣言もありません。兄弟姉妹の交わりも讃美歌も生まれません。暗闇には永遠に光が輝きません。
福音は命です。希望です。クリスマスは全ての暗闇に「主の栄光があなたの上に現われる。」と光を与えてくださるのです。メリークリスマス。
📢音声

お言葉どおり

ルカによる福音書1章26~38節

澤田直子師

主題聖句 「神にできないことは何一つない。」 ルカによる福音書1章37節
 クリスチャンでない方でも、マリアの受胎告知の絵を見たことがない、という人は少ないでしょう。マリアは「女の子」と言って良いような年頃で、いいなずけがいるという他にはとりたてて言うところのない、どこにでもいる普通の女の子だったと思われます。もちろん神を信じていたでしょうが、それは親も祖父母も周りの友だちも皆同じであって、マリアの信仰だけが特別に強く深いというわけでもなかったでしょう。
 天使のお告げの後半は、マリアには壮大過ぎて理解できません。唯一、自分が身ごもって男の子を産む、これだけがマリアに想像できることでした。マリアは素朴な疑問を天使にぶつけ、天使ガブリエルは親切丁寧に答えてくれます。親類のエリサベトに起こった奇跡を教えて、マリアの理解を助けようとします。神様がわたしたちを用いられる時は、決して問答無用ではなく、わたしたちの理解に合わせて教えてくださるのです。
 天使の挨拶は「おめでとう、恵まれた方」というものでした。これはマリアの受胎に対してではないでしょう。ユダヤ社会では結婚前の妊娠は不貞と見なされ石打による死刑です。ガブリエルは「主があなたと共におられる」ことを、おめでとう、と言ったのではないでしょうか。マリアは「お言葉通りにこの身に成りますように」と応えました。
教会では多くの働きが捧げられています。小さなこと目立たないことでも、信仰者は神様に奉じる思いをもって働きを捧げるでしょう。しかし、わたしにできることならば、というのでは、神様に従うのではなく、神様を従わせることにならないでしょうか。
 マリアもヨセフも驚きと恐れの中で神様のご計画を受け入れることを選びます。それは二人が覚悟した以上に大変な道だったでしょう。そこに神が共におられる、これが二人の希望となり生きる理由となりました。
 わたしたちの生活の中に神様のご計画が現われる時、わたしたちはその全貌を理解できないかもしれません。神は最善しかなさらない、決して間違わないことを確信して「お言葉どおりに」と応えましょう。
📢音声

神の愛を見る

ヨハネの手紙一 4章7~15節

澤田 武師

主題聖句 「神は、独り子を世にお遣わしになりました。その方によって、わたしたちが生きるようになるためです。ここに、神の愛がわたしたちの内に示されました。」 ヨハネの手紙一 4章9節
 ヨハネが呼びかける「愛する者たち」とは誰のことでしょうか。それはイエス様のお誕生を待ち望むすべての者たちです。ヨハネが勧める「愛」は、アガペーの愛です。この愛は、神様と人間の間の最も深い、究極的な関係を現わしています。意志の愛、見返りを求めない愛です。相手に向けられる愛です。
 マザー・テレサは愛について「愛の反対は憎しみではなく、無関心です。」という言葉を残しています。無関心は決して愛を育てません。無関心は愛を葬ります。神様はすべての者に、関心を持たれています。今神様を信じていない者にも、無関心ではおられないのです。
 私たちは、アガペーの愛は持っていません。律法的な行いから愛は生まれません。愛は神様と私たちの関係の中にあります。「独り子を世にお遣わしになりました。」神様は徹底的に私たちとの新しい関係を創られました。ここに神様の愛が、クリスマスとして私たちに与えられたのです。
 クリスマスの出来事は、婚約中の若者に、年老いた祭司に、野宿をしていた羊飼に、異国の博士たちに、神様の御心が示され、それを信じて精一杯の働きをした者たちの姿でもあります。
 「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して」、とても重要なお言葉です。私たちの信仰の起点は、神様が私たちを愛してくださった時にあります。そこから全てが始まりました。「光あれ」です。
 「わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。」私たちはイエス様のお誕生を待ち望んでいます。私たちがしっかりと見なければならないのは、飼い葉桶に眠っておられる幼子と、十字架に向かわれるイエス様のお姿です。無力な者として、神様の愛によってイエス様はこの世にお生まれになったのです。そして、私たちと共に居られ、私たちの罪を贖ってくださる。私たちはイエス様のお姿を通して神の愛を知りました。世に現わされた神様の愛をしっかり見つめて行きましょう。
📢音声

神の子が来られる

イザヤ書11章1~10節

澤田 武師

主題聖句 「その日が来れば エッサイの根は すべての民の旗印として立てられ 国々はそれを求めて集う。そのとどまるところは栄光に輝く。」 イザヤ書11章10節
 イザヤ書は紀元前700年頃の書物です。強大な軍事力を基盤とするアッシリア帝国の支配が確立する時代に、イザヤは預言者として用いられました。人の創り出した偽りの平和(アッシリアの平和)ではなく、創造者主なる「神様に源を持つ平和」が人々に与えられる時を預言しました。
 旧約時代は、メシアとは「油注がれた者」と言う意味で、正しい治世を行う理想的な王を示していました。新約時代になると、十字架の死と復活によって人々を罪から救うイエス様こそがこの世界を治める真のメシアであると受け止められるようになりました。イザヤに託されたメシア預言は、約700年後に、イエス様のご降誕により成就しました。
 命の無い切り株から芽が萌え出るように、既に消え去ったダビデの血筋(エッサイ)から、救い主がお生まれになる。「ダビデの子ヨセフ、……。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。」(マタイ1:20)その夜、家畜小屋でお生まれになった方こそ真の救い主でした。それは世の暗闇に神様の光が灯る始まりでした。しかしそれを知る者はごくわずかでした。
 真のメシアは、偏って裁きを行わず、この世の権力に立ち向かい、武力でなく力ある言葉によって永遠に世を裁く方として預言されます。
 9節「わたしの聖なる山においては 何ものも害を加えず、滅ぼすこともない。水が海を覆っているように 大地は主を知る知識で満たされる。」まさに完成された神の国を指し示しています。イザヤ書の預言は、イエス様の到来を告げ、そこから神のご計画が始まり、いずれもたらされる神の国の完成までもが告げられています。
 「その日が来れば」イザヤはメシアを見ることは叶いませんでしたが、私たちはイエス様こそ神様の光、平和の君であると知っています。羊飼いたちが賛美を、東方の博士たちが宝を旗印として掲げたように、私たちが生きる場所に、信仰の旗印を掲げましょう。世の暗闇に、神様の栄光が掲げられますように。
📢音声