日用の糧を与えたまえ

創世記42章1~13節

澤田 武師

主題聖句 「『聞くところでは、エジプトには穀物があるというではないか。エジプトへ下って行って穀物を買ってきなさい。そうすれば、我々は死なずに生き延びることができるではないか』と言った。」 創世記42章2節
 「裾の長い晴れ着を着ていたヨセフ」なら、兄たちは遠くからでも見分けられましたが、エジプトの司政者の衣装をまとったヨセフには気づきません。「生活の糧」を求めて、兄たちはヨセフの前にひれ伏しています。それは、以前カナンの地でヨセフが見た夢が現実となった光景です。
 ヨセフは突然兄たちを「お前たちは回し者だ」と決めつけます。ヨセフの言葉は、司政者の命令として実行されますから、これは兄たちへの死刑が宣告されたのと同じです。何故ヨセフは兄弟たちに名乗らなかったのか、それには多くの解釈がありますが、ヨセフの本当の意図は推測するしかありません。
 察するに、死を宣言された兄たちが、その時、どう無実を訴えるのか、自分たちを証しするのか。それが、ヨセフが聞きたかったことではないでしょうか。
 兄たちは、家族を持つ自分たちが「回し者」などになるはずがないと無実を訴えます。そして家族の中の「もう一人は失いました。」と語ります。兄たちは、ヨセフを「失われた者」として自分自身を納得させていたのでしょう。兄たちは自分の言葉によって忘れかけていたヨセフを思い起しました。かつて命まで奪おうとしたヨセフの存在が、再び兄たちに迫ってきます。
 ヨセフ自身も、兄たちの言葉の中に、エジプトで生きると決めた時に失ったはずの父と弟の存在を探し当てました。失われた者との思いがけぬ再会です。
 世界を襲った飢饉は、彼らが“共に生き延びるため”の、神様の摂理であったことが表されます。神様は一つの家族の再会を、世界規模の禍の中に備えられました。苦難の中にも、神様の糧は備えらえています。それは、神様の御心に適う者となるために備えられた糧です。
 イエス様は主の祈りで「日用の糧を今日も与えたまえ」と祈ることを弟子たちに教えられます。私たちにも祈りの言葉として伝えられました。それは、「日用の糧」が神様から与えられていることを、私たちは忘れやすいからです。私たちが祈るたびに、日常が神様の糧で満たされていることを、神様の糧によって日常があることを、私たちは知らされ、感謝に満たされるのです。
📢音声

苦難に備えて

創世記41章47~57節

澤田直子師

主題聖句 「ヨセフが言ったとおり、七年の飢饉が始まった。その飢饉はすべての国々を襲ったが、エジプトには、全国どこにでも食物があった。」 創世記41章54節
 ヨセフはファラオの夢を解き、信頼を得て、行政の最高責任者に任命されました。ファラオは、ヨセフがより大きく完全な権力を得て仕事ができるように、エジプト名と、祭司の娘を妻として与えます。
 大豊作の七年の間に、ヨセフは大きな働きをしました。46節『ファラオの前をたって、エジプト全国を巡回した。』本物の権威を手にしたヨセフは、その正しい使い方を知り、実行することができました。もう少年時代のように裾の長い晴れ着を着て労働しなくても良い者であろうとはしません。権威にふさわしく神と人に仕えることを覚えたのです。
 豊作の間に生まれた二人の息子の名前に、ヨセフの思いを見ることができます。長男マナセの名の本来の意味は「持っていない」ということ、ヨセフはもはや生家には心を残さず、エジプトで生きる決意を固めたのです。その結果は次男エフライム「増やす」の名につながります。財産や権威だけでなく、何よりもエジプトの民とファラオとの信頼が増していきました。
 かつてのヨセフは、兄たちの嫉妬を知りながら、火に油を注ぐような愚かな言動をしました。その結果は苦難に次ぐ苦難の道のりとなりました。しかし41章のヨセフは、それらの苦難自体が備えとなって、賢い者に変えられています。ヨセフが考え、豊作の間に実施した政策は、理に適い、また後の飢饉の際には、この人に従っていれば間違いない、と思わせるに十分な関係性を築き上げました。
 わたしたち信仰者が、ここから学ぶべきこと、蓄えるべきものは何でしょうか?それは「神の御言葉です」と答えたいと思います。わたしたちの魂の養いを、遠いところではなく自分の生活のすぐそばに置いて、「聖書」という豊かな穀蔵をいつでも開けるよう、備えていきましょう。
📢音声

実る時、実りのない時

創世記41章25~36節

澤田直子師

主題聖句 「これは、先程ファラオに申し上げましたように、神がこれからなさろうとしていることを、ファラオにお示しになったのです。」 創世記41章28節
 無実の罪で牢に入れられたヨセフは、給仕長の夢を解き明かしますが、元の身分に戻った給仕長はヨセフのことをすっかり忘れ、2年の月日が過ぎました。その間にも神のご計画は進んでいました。二度も不思議な夢を見たファラオは心を騒がせ、夢を解き明かす知恵者を求めます。この時、給仕長がヨセフを思い出すのです。ここには神の摂理が働いています。ヨセフがファラオの前に立つためには、牢の中で給仕長の夢を解くことが必要でした。全ての出来事は必然であり、神のご計画は生きて働いています。
 ファラオから「夢の解き明かしができるそうだが」と問われたヨセフは「わたしではありません。神がファラオの幸いについて告げられるのです」と答えます。ヨセフはエジプトで暮らす数年の間に、自分は神に用いられる器であることを自覚していました。ヨセフの夢解きによって、7年間の大豊作に続く7年間の大飢饉に備える準備ができました。
 これはおよそ3600年前のエジプトの出来事です。しかし、わたしたちの毎日の歩みの中にも、自分の力ではどうしようもなく、何もうまく行かない日があるものです。反対に大した努力も無く全てが順調に進む日もあります。神の摂理の中で、わたしたちの力や知恵を超えて、物事が進んでいきます。
 ちょうど、今のコロナ禍はそういう時かもしれません。わたしたちの祈りは、神様の御声を聞くよりも、神様のご計画を示してほしいと願うよりも、自分の要求の言葉の方がずっと多いものです。欲張っているわけではなく、特別な大豊作でなくてもいい、普通に実る時がずっと続いてほしい、と思うものです。
 ヨセフに与えられた夢を解く知恵には、その具体的な解決策まで示されていました。ファラオとヨセフの間には信頼関係が生まれ、神から与えられた計画が実行されます。実りの時、実りのない時、どちらも神様の時です。神の摂理を信じ、神の御声を聞き、ご計画を求めていきましょう。
📢音声

神に知られている

創世記40章1~8節・14~15節

澤田 武師

主題聖句 「ヨセフは、『解き明かしは神がなさることではありませんか。どうかわたしに話してみてください』と言った。 創世記40章8節b
 もし、ヨセフに信仰が無く、神様を信じていなければ、今は絶望の時でしかありません。しかし、聖書は「神様はヨセフと共に居られた。」と、神様の摂理がここにも表されたことを記しています。
 ヨセフは「神様に罪を犯すことができなかった。」彼が命に替えても守った信仰です。信仰を貫いた結果、投獄されるという「どん底」を彼は経験します。
 時を同じくしてファラオから信頼されていた宮廷の役人、給仕役と料理役も、それぞれの過ちの故に、王の裁きが下るまでの間、ヨセフが収監されている牢獄に、留置されています。彼らとヨセフは、互いに最悪の時に最悪の場所で出会いました。この出会が神様のご計画であることを、今は誰も知るはずはありません。神様はご計画を担う者たちを、ここに「集められ」ました。
 給仕役と料理役は夢を見ました。給仕役の夢を聞いたヨセフは、近々ファラオが彼を赦し、元の職へ戻すことを意味する夢だと解き明かします。そして「その時にわたしを思い出してください。」と、給仕役に願います。
 ルカによる福音書に、イエス様と共に十字架につけられた犯罪人の言葉が記されます。彼は「わたしを思い出してください」と、イエス様の隣の十字架の上から願います。その時、イエス様は「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」と言われました。犯罪人は人生の最後、この世の「どん底」十字架刑を執行されています。しかし、イエス様は一緒に楽園にいるとおっしゃってくださいました。
 共にどん底に降ってくださり、共に歩んでくださった。イエス様は信じる者を見捨てられません。もしかしたら、イエス様はこの犯罪人が、共に十字架に掛かることを既に知って居られたのではないでしょうか。
 イエス様にその最後を委ねた犯罪人は、その時救われました。「私たちの救いは神様がなさることではありませんか」と信じることは「どん底」をも楽園に変える信仰です。信仰に生きる者として歩みましょう。
📢音声

順風の時も、逆境の時も

創世記39章10~23節

澤田 武師

主題聖句 「ヨセフを捕らえて、王の囚人をつなぐ監獄に入れた。ヨセフはこうして、監獄にいた。」 創世記39章20節
ヨセフはエジプトのファラオの「侍従長ポティファル」の奴隷となっています。侍従長の屋敷には、ヨセフが頼りにできる人は誰一人としていませんでした。また、ヨセフが何者なのかを知っている人もいません。
しかし、聖書は、「主はヨセフと共におられた。」と、記しています。それは、ヨセフ物語全体を通して、順風の時も逆境の時も、ヨセフを支えるために繰り返し語られた言葉です。
侍従長は、ヨセフには物事を判断する才能、賜物があることを見抜きました。神様がヨセフを用いて、実務をうまく動かしていることを知りました。彼は神様の祝福を信じて、ヨセフに屋敷の管理の一切を任せます。ヨセフは「順風」の中に居ます。
しかし、ヨセフは「侍従長ポティファルの妻」から誘惑を受けます。ヨセフは神様の前で罪を犯すことがないようにと、一切の誘惑をはねのけますが、強引に引き止める妻の手に残ったヨセフの「着物」は、彼女が話す偽りの事実を証しする物となりました。侍従長は怒り、ヨセフから一切の権威を剥奪し、牢獄へと入れます。ヨセフは再び、人々の前から姿が見えなくなります。
神様はポティファルを用いてヨセフの命だけは守りました。神様の壮大なご計画を担う者として、今は「ヨセフはこうして、監獄にいた」。ヨセフの人生は「逆境」へと変わりましたが、そこにも神様の摂理が表されています。
神様がヨセフに与えられた牢獄という環境は、神様の御守りが逆境の中にこそあることを、私たちに教えています。
イエス様の十字架と復活、それは私たちの罪の贖いのためであり、永遠の命を与えてくださったということです。私たち信仰者は既に、常に福音を着ています。ヨセフ物語は、私たちの困難の中に、逆境と思える歩みの中にこそ、神様は共におられることを、私たちに思い出させてくれます。朽ちない、変わることのない、イエス様の福音を着て歩む一週間でありますように。
📢音声

主の御計らいによって

創世記39章1~9節

澤田直子師

主題聖句 「主がヨセフと共におられたので、彼はうまく事を運んだ。」 創世記39章2節a
 エジプトに連れ去られたヨセフは、ファラオの侍従長ポティファルの家の奴隷として買い取られました。ヨセフの年齢は聖書には記されていませんが、おそらく20歳くらいだろうと思われます。この若さで、家の取り仕切りを任されるのですから、ヨセフは高い能力が与えられていたのでしょう。
 しかし聖書には、「主がヨセフと共におられた」と記されます。ヨセフ自身もそのことを知っていて、信じて、主に委ねていたからこそ、その能力を発揮できたのでしょう。
ここでヨセフはポティファルの妻から誘惑を受け、それを退けます。ユダヤ人は律法によって、正式な婚姻関係を大切にします。ヨセフは神と人に仕えることを第一として、主人を裏切ることは神を裏切ることと同じと考えます。
 37章までのヨセフと、ずいぶん変わったと思います。一言で言うと、思慮深く、誠実で、とても良い人になっています。いったいどこで、どんな心の動きによってこんなに変わってしまったのか、聖書には何も書かれていないので、想像するしかありません。
 ドタンで兄たちから厳しい仕打ちを受け、イシュマエル人に奴隷として売られて、その長い旅の間に、ヨセフは考えを巡らせたでしょう。少年時代の自分の軽率な言葉や行いが招いたこと。人間の妬みの恐ろしさ。エジプトに向かう旅の中でヨセフは神と出会っていたのかもしれません。旧約時代にも「新生」はあったのです。
 誰しも、自分の生活の中で、誰かにとって特別な存在でありたいと思うものです。生まれながらに父に特別に愛され、長い上着や夢を語って、自分の特別さをアピールしていたヨセフは、主の御計らいによって変えられました。置かれた場所で、与えられた身分の中で、主が共におられることに依り頼んで、誠実に力を尽くしました。
 わたしたちもまた、主の御計らいの中を歩んでいます。わたしたちが願うことではなく、主の御計らいを求めて、日常の働きを誠実に行いたいものです。
📢音声

人の知恵は浅い

創世記37章25~36節

澤田直子師

主題聖句 「ヤコブは自分の衣を引き裂き、粗布を腰にまとい、幾日もその子のために嘆き悲しんだ。」 創世記37章34節
 ヤコブの長男ルベンは、何とかヨセフを父の元に返そうと考えます。食事をしながら彼らが見たイシュマエル人のキャラバンは、エジプトに薬として重用された没薬などを運ぶ人々でした。そこで四男のユダは、ヨセフの命は救うとしても、エジプトに奴隷として売ったらどうかと提案します。
 しかし彼らが話し合っている間に、ミディアン人がヨセフを穴から引き上げ、イシュマエル人に売ってしまいました。わたしたちは、聖書を読んで、ここに神様のご計画が働いていることを知っています。エジプトに連れ去られたヨセフと、家族との関係は一度はここで切れますが、ずっと先で再び一緒になることを知っています。それどころか、彼ら族長物語は出エジプト記につながり、そこで過ぎ越しの夜に、神の子羊の犠牲があり、イエス・キリストの十字架の贖いの啓示が現わされることまで知っています。
 しかし聖書は「知っている」で終わってはいけない書物です。わたしたちは、ここから神様が教えようとされるのは何かを見出さなければなりません。ヨセフがいないことを知って、兄弟たちは途方に暮れ、ヨセフの上着を山羊の血にひたして、父に送りつけます。すると父ヤコブは、ヨセフが死んだものと信じ込んで、ただただ、嘆き悲しむのです。
 ここを読むといつも思うことがあります。誰か、どこかの時点で「祈ろう」と思わなかったのだろうか。ヨセフの夢の話を心にとめたヤコブ、かつて神と戦って祝福を勝ち取ったヤコブは、この時、神の御業をどのようにとらえていたのだろうか。どうして、目の前にある問題を人間の知恵でどうにかしなければ、と考えたのでしょうか。
 聖書は他人事で読むものではありませんが、他人のことははっきりと見えるものです。では、わたしは?と考えます。祈るより先に、自分の思い、感情が先走ってしまわないだろうか。わたしは、人の知恵の浅いことをよくよくわかっているだろうか。イエス様は「聞く耳のある者は聞きなさい」と教えられました。何よりも先に主の御言葉を求め、聞く耳を持ちたいと願います。
📢音声

神の民の出発

創世記37章12~24節

澤田 武師

主題聖句 「ルベンはこれを聞いて、ヨセフを彼らの手から助け出そうとして、言った。『命まで取るのはよそう。』」 創世記37章21節
 「兄たちが出かけて行き、シケムで父の羊の群れを飼っていたとき」、羊飼いたちの日常であったこの日を境に、ヤコブの一家は神様の壮大なご計画の中を歩み始めます。ヨセフは兄たちを探す“旅”に、普段から着慣れている“裾の長い晴れ着”を着て行きます。それは日常の続きに過ぎませんでした。
 兄たちは遥か遠くに、晴れ着を着たヨセフの姿を認めると、ヨセフの話した“夢の結果”がどうなるか、ヨセフを無き者にして試そうとします。
 しかし、長男のルベンはヨセフを父の元に帰してやりたいと思い、「命まで取るのはよそう。」と、ヨセフ殺害に反対します。ルベンの言葉は、兄弟たちの考えを変え、ヨセフの晴れ着をはぎ取って穴に投げ込むだけにしました。後、ヨセフは、この穴からミディアン人の商人に救い出されて、家族の前からその姿を消すことになります。神様はヨセフを殺させはしません。かといって、ヤコブの元に帰すこともなさいませんでした。神様のご計画に用いるために、来るべき日の準備のために、ヨセフをエジプトへと旅立たせました。
 聖書はその編纂が終わった時から、様々な国で読まれました。ヘブライ語からギリシャ語、ラテン語と、使う言語は変わってきましたが、福音の素晴らしさは決して変わることはありません。私たちは聖書を読んで「ヨセフ物語」の結末を知っています。また、イエス様が十字架に掛けられて死んでも、三日後に復活されたことも知っています。神様のご計画をそこに見出します。
 私たちはなぜ、繰り返し聖書を読むのでしょうか。それは、私たちの歩みは何時もリアルタイムだからです。この先は、どんなことが起こるか、誰にも分からないからです。
 その時、気づかせ、導きを与えてくださるのが聖書の御言葉です。神様のご計画を今は分からなくても、神様はその歩みをすでに備えてくださっていると知るのが御言葉です。あなたの今日の一歩は、神様のご計画の一歩であることに、感謝をもって歩み続けてまいりましょう。
 神の民よ、勇気をもって,あなたの一歩を神様の御計画のために踏み出そう。
📢音声

神の計画の源流

創世記37章1~11節

澤田 武師

主題聖句 「兄たちはヨセフをねたんだが、父はこのことを心に留めた。」 創世記37章11節
 「ヨセフ物語」は、他の族長物語と異なり、神様とヨセフの直接の交わりの記述はありません。しかし、代々の族長たちに示された神様の祝福の約束は、ヨセフにも変わることなく示されています。
 神様はヤコブを祝し、ヤコブの家を豊かにされました。しかし、豊かなる故に、家族の間に「高慢」や「溺愛」、「ねたみ」の罪が芽生え、不満となって家族の心に残ります。それは家庭崩壊の危機が近づいたということですが、彼らはこの現実に気づくことはありませんでした。ヨセフは、家族の中で誰よりも、父ヤコブに愛され、豊かであることを知っています。兄たちの行いを告げ口し、夢の話を父ヤコブにまで聞かせたのは、自分は特別な存在であるという「高慢」から出た行いです。
 ヤコブの「溺愛」は、ヤコブの母リベカの影響が強くあり、その上に最愛の妻ラケルの存在がありました。ヤコブには他にも、ビルハやジルパの息子たちも居ましたが、その愛の対象になったのは、ラケルの子ヨセフだけでした。 ヤコブ自身も、溺愛の家庭で育ち、それ故の悲劇を経験しているはずですが、彼は自分の家族のために経験を生かすことに思いが及びません。
 ヤコブはヨセフ以外の兄たちを、一まとめに考えています。彼らは自分たちの存在意義を父ヤコブに問いますが、答えを父から得ることはできません。兄たちのヨセフに対する「ねたみ」は、増し加えられていきます。兄たちの思いは、強い「憎しみ」と変わって、ヨセフを排除する考えを生みます。
 神様はこの一致の無い家族を用いて、神様の御業を表そうとされています。それは、今はまだ誰にも知らされていない、誰も知ることのない神様の壮大なご計画の源流となります。高慢で苦労知らずのヨセフの歩みが神様に用いられます。私たちも、理不尽な苦難や困難のただ中に置かれる時があります。そこにも神様は共に居られる。神様の祝福のご計画が示されていることを信じ、神様の摂理を証しする者として、歩んでまいりましょう。
📢音声

いつまでも主と共に

テサロニケの信徒への手紙一4章13~18節

澤田直子師

主題聖句 「イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導きだしてくださいます。」 テサロニケの信徒への手紙一4章14節
 6月第4週は、四重の福音の最後「再臨」の御言葉をお取り次ぎすると共に、1942年6月にホーリネス系の教会が激しい弾圧を受けた記念の礼拝でもあります。多くの牧師とその家族に悲劇が起こりました。
 テサロニケの教会は、パウロと共に歩む教会、信頼し合う教会でした。だからといって何も不安がなかったわけではありません。イエス様は「わたしはすぐに来る」と言いおいて天に帰られましたので、テサロニケの信仰者は、人間の感覚で言葉通りに受け取り、再臨を待ち望みました。と同時に、その日に間に合わず死んだ兄弟姉妹はどうなるのか、再臨の喜びにはあずかれないのか、と心配しました。
 四重の福音の中で、唯一「再臨」は、全ての信仰者にとって平等に初めての事です。誰も経験者がいません。それで、神様は、預言者や伝道者の中から数人を選んで幻を見せ、天の国を信じる根拠を与えてくださいました。パウロが確信をもって再臨について語れるのは、パウロ自身が、コリントの信徒への手紙二の12章で証ししているように、第三の天にまで上げられた経験を持っているからです。パウロに啓示された神のご計画によれば、再臨の日、まず眠りについた人々の復活があり、次に、地上の信仰者が引き上げられるのですが、この順番はそれほど重要ではないようです。
 主と共に天に上げられ、そこからは永遠に離れることがない、これが最も重要です。いつ来るかは誰にもわかりませんが、神の子、光の子にとっては喜びの日です。再臨は希望です。神様の愛と言い換えてもいいでしょう。パウロは、「信仰と、希望と、愛、この三つは最後まで残る」と書き記しました。世にあって神様がくださった道しるべを見つけ、日々の生活に希望と愛を見い出して再臨を待ち望みましょう。
📢音声