神が罪を暴かれる

創世記44編11~17節

澤田直子師

主題聖句 「神が僕どもの罪を暴かれたのです。」 創世記44章16節より
 ヨセフの兄弟たちは、末の弟ベニヤミンを連れてエジプトに来ました。シメオンも返され、食料を買うこともできて、後は帰るだけです。しかしヨセフは彼らをすぐに帰したくはなかったので、銀の盃をベニヤミンの袋に入れ、盗みの疑いをかけて引き返させます。
 刑務所教誨師の研修で「どんな人も、していないことを証明できない」という原則を聞いたことがあります。兄弟の誰も、盃を盗んではいません。でもそれを証明する術はありません。わずかな間に、兄たちの思いは喜びと平安からどん底に落ちてしまいました。まるで、ドタンでヨセフが兄たちに穴に落とされた時のように。
 ユダは、もう申し開きはしない、身の証しを立てることはあきらめた、と言います。神のみが知るある事によって、自分たちの罪が暴かれたのだ、だから全員ヨセフの奴隷になります、と覚悟をあらわにします。ユダは、「神様の罰が当たった」とは言いません。「神が罪を暴かれた」と言うのです。誰かに対して暴いたのではなく、ユダ自身に暴かれた。今まで、あれは仕方なかった、とか、できるだけのことはした、とか、終わってしまったことだと振り返らないで来たことを、神様に「おまえはそれでいいのか?」と問われたと感じたのです。
 ユダは自分たちの罰を自分で決めます。弟を奴隷に売ろうとした自分たちは、奴隷になることでその罪を償おうとしたのです。でもこの考えは正しくありませんでした。ヨセフもこれを受け入れようとはしませんでした。
 神様は、わたしの罪を、全ての人の罪をご存じです。そして、一切の妥協も、見逃すこともなさいません。しかし神が罪を暴かれるのは、ただ、その人自身にのみ、です。ですから何を怖がることも、言い訳することも要りません。自分を罰することも要りません。ただ、神の御前に身を低くし、打ち砕かれた魂を捧げるのみです。
 詩編、預言書には、神の前にへり下り、罪を告白する時、神は豊かに赦してくださる、と書かれています。主に赦されて、感謝と喜びの道を行きましょう。
📢音声

神の恵みがあるように

創世記43章26~34節

澤田 武師

主題聖句 「『わたしの子よ。神の恵みがお前にあるように』と言うと、ヨセフは急いで席を外した。」 創世記43章29~30節より
 ヨセフ物語の主題は「神様は共に居てくださる」ということです。世界を飢饉から救うために、そして、ヤコブの一族の救いのため、神様はヨセフを用いられました。波乱万丈の半生の中にも、そして、エジプトの司政者となった今も、神様は共に居てくださる。神様の導きをヨセフは信じています。
 ヨセフ物語は、クライマックスに近づいていますが、物語を読む者には「ヨセフの考えは分からない」と思える出来事が続きます。
 ヨセフは兄たちが、エジプトへ連れて来ると約束したべニヤミンの姿に“どうして”素性を明かさなかったのか。再会したベニヤミンに、「神の恵みがお前にあるように」と祈るだけで、ヨセフは精一杯でした。弟懐かしさのあまりに、感極まりながらも“どうして”平静を装い司政者として兄たちに対し続けたのか。古来より聖書注解者も、ヨセフの言動に様々な注解を記していますが、すっきりとした答えはありません。
 ヨセフは司政者として、兄弟たちと共に食事をするための用意を命じます。そこにはエジプト人たちも共に座ります。ユダヤ人とエジプト人が食事を共にするのは異例のことです。エジプト人は戸惑いを感じたでしょう。さらに、招かれた兄弟たちは年齢順に席が準備されました。なぜ分かったのか。兄弟たちは驚異を感じます。飢饉は続いていますが、ここに神様が備えてくださった豊かな恵みが表されています。本当の意味では、まだ隔たりを残したままの祝宴でしたが、一同は楽しんだと記されています。ここから神様の平安が満ち溢れる時となっていきます。
 すべての答えを知っておられるのは、全能なる神様お一人だけです。被造物には、この世の全ての事は知ることはできません。だから私たちはヨセフの行動を「どうして」と思うのかもしれません。神様は司政者ヨセフの言葉を通して私たちにも御心を示してくださっています。「神の恵みがお前にあるように」全ての人に示された神様の励ましのみ言葉です。
📢音声

神は招く

創世記43章17~25節

澤田 武師

主題聖句 『御安心なさい。心配することはありません。きっと、あなたたちの神、あなたたちの父の神が、その宝を袋に入れてくださったのでしょう。』 創世記43章23節より
 ヨセフ物語の根底には、ヤコブに寵愛されたヨセフと彼を憎む兄たち、誘惑を断ったヨセフと保身に走ったポティファルの妻など、二つの相いれないものが出てきます。しかしそこに神様は御心を表してくださった。神様はヨセフを通して、惜しみなく御心を示してくださっていることが啓示されています。しかし、それらの過去の出来事の中に、神様の摂理が示されていたことを、彼らは知ることはできませんでした。
 兄たちは再びエジプトの司政者の前に立ちます。すると、司政者は、彼らと一緒に食事をするために自らの屋敷へと「招き」ます。他国人と食事を共にすることをいとうエジプト人としては、これは異例の招きです。ヨセフは、兄たちへの愛、弟ベニヤミンとの再会の喜びの祝宴を、執事に準備させます。この招きにも、ヨセフを通して神様の御心が示されています。
 一方、兄たちは、司政者の「招き」に不安と恐れを、感じています。屋敷に連れ込まれ、ひどい目にあわされる。それは、袋に戻されていた銀のせいである。自分たちは正直である、誰が入れたのか分からないと懇願します。
 執事は兄たちに「御安心なさい。心配することはありません。」あなたたちの手の中の“銀”は、あなたたちを宝の民とするための約束、神様が与えられたもので、既に銀は神様からの恵みに変えられているのですと、励まします。
 不安や恐れに捕らわれている私たちにも、神様はそれらを希望に変えて、与えてくださっています。今日の私たちにも、神様は、神の宝を与えられる者とするために、あなたたちを「わたしの元に招いた」と言ってくださいます。
 私たちは、十字架の贖いによって罪を赦され、永遠の命を信じる者となりました。十字架の基に、永遠の命が、神様の救いが示されていることに気づかされた者です。「しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことの無いようにしてくださいます。」神様は私たちをも励まし、
招いていてくださいます。
📢音声

神の愛が満ちる地

詩編104編24~35節

澤田直子師

主題聖句 『命ある限り、わたしは主に向かって歌い 長らえる限り、わたしの神にほめ歌をうたおう。』 詩編104編33節
 「敬老感謝礼拝」です。一年の中で何回か、感謝・祝福・記念と呼ばれる礼拝があります。しかしもともと、主イエスの復活を記念するのが礼拝であり、罪人であるわたしたちが十字架に贖われて永遠の命をいただく者とされた感謝を捧げるのが礼拝です。礼拝には祝福が満ち溢れています。そこをあえて「敬老感謝」というのは、人生の長い旅路を歩んできた先輩と、教会という場で知り合い、神の家族となった感謝を、改めて捧げよう、という礼拝だからだと思います。
 詩編104編は、創世記1章と対応する賛美の詩と言われています。1節は「わたしの魂よ、主をたたえよ」と始まり、同じ言葉で締めくくられています。これは103編も同じ形です。
 創世記1章では、神が言葉をもって天地を創造された様子が書かれていますが、詩編104編では、神が造られた世界をもっと緻密に、もっと色彩豊かに描いています。ちょうど、4Kとか8Kのテレビで見ると、見たことのある景色でも全く違う場所のように美しく見える、そんな感じだと思います。
 その、神様の造られた世界を、より美しく見る目を開く、より深く感じる心を開く言葉が「わたしの魂よ、主をたたえよ」なのです。そう思って読むと、自分の祈りが、感謝であれ執り成しであれ、いかにお願いの多い祈りであることか、と改めて思います。自分の魂に語りかけて、「さあ、主をたたえよ」と祈ることがどれくらいあるでしょうか。
 作者の目は、世界のいたるところに、神様が造られた命が満ち満ちていることを見い出します。それらの全てが、世界を形成する大切な一つ一つであることに気づきます。神様の御業が満ち満ちている、そのような目を開かれるとは、どんなに力強く、励まされることでしょうか。どこかにある「神の愛の満ちる地」に憧れるのではない、今、ここが「神の愛の満ちる地」なのだ、と改めて教えられます。人生の日々を多く積み重ねて来られた兄弟姉妹の皆さん、どうぞ、世界に満ちている神の愛を、主にある家族と分かち合ってください。
📢音声

全能の神の憐れみ

創世記43章8~14節

澤田直子師

主題聖句 「どうか、全能の神がその人の前でお前たちに憐れみを施し、もう一人の兄弟と、このベニヤミンを返してくださいますように。」 創世記43章14節a
 ヨセフ物語の12回目は、いよいよ兄たちが父ヤコブを説得して、エジプトへの2回目の旅が始まるところです。最初に買い入れてきた穀物は食べ尽くし、飢饉はひどくなる一方で、エジプトに行くより他に方法がありません。穀物を買ってきて、一族が生き延びられるかどうかは、ひとえに父ヤコブの思いにかかっています。
 ここで、ユダは自分の覚悟を見せます。もしベニヤミンを連れ帰ることができなかったら、「わたしがあなたに対して生涯その罪を負い続けます。」
 10節の「今ごろはもう二度も行って来たはずです。」という言葉が、一族の命を守ることを放棄しているヤコブへのいら立ちを表しています。
 ここに至ってようやく、ヤコブは現実を見、腹を据えて、息子たちにエジプト行きの指示を出します。そして、その時に、ヤコブの言葉に大きな変化が表れます。「どうか全能の父が…」聖書には、ここまで、ヤコブが失われた息子のために祈る言葉は出てきません。ヨセフが死んだと思い込んだ時も、シメオンが帰れないと知った時も、ヤコブはただ嘆くだけでした。ここまでのヤコブは、全能の神の憐みにすがることを忘れてしまっていたのです。
 全能の神に祈って、ヤコブは「どうしても子どもを失わなければならないのなら失ってもよい。」と、自分の思いよりも神様の御旨に思いを至らせます。かつて幾度も神の助けを受けたヤコブ、夜更けに一人神と格闘して祝福を勝ち取ったヤコブが、ここでようやく神にすがるとは、何としたことか、と思います。しかし一方で、人間とはそんなものかもしれないとも思います。
 もし、わたしたちに、思い通りにならない何かがあるのなら、覚悟を決めなければならない何かがあるのなら、それは、わたしたちが自分の思いを手放して、全能の神の憐れみにすがることを思い起こさせるために、神様が用意してくださった道かもしれません。失わなければならないのなら失ってもよい。手放した時に満たされる。全能の父の憐みを信じ求めましょう。
📢音声

過去を超えて行く

創世記42章35~38節

澤田 武師

主題聖句 「どうか、彼をわたしに任せてください。わたしが、必ずお父さんのところに連れ帰りますから。」 創世記42章37節c
 今兄たちは、ヤコブに旅の報告をしようとしています。本来この旅は、生き延びる糧の穀物を携え、祝福に満たされて故郷へ帰るはずでしたが、現実は、兄弟の一人シメオンは捕らえられ、返してもらうためには弟ベニヤミンを連れて再びエジプトへ行かなければならない。この事を、父ヤコブに説明し、説得して受け入れてもらわなければなりません。すべてはあの訳の分からない、エジプトの司政者の命令によって引き起された不安となりました。兄たちは不安に捕えられてカナンへ帰っていきます。ヤコブは報告を聞き、ヨセフを失い、今度はシメオンを,さらにベニヤミンまでも失うのか。「みんなわたしを苦しめことばかりだ。」と嘆きます。兄たちが持ち帰った袋を開くと、その中には穀物代金として確かに渡したはずの銀がそのまま残されていました。これを見たヤコブにも、その意味は分かりません。誰が、何のために。袋の中の銀は、さらに新たな驚きと恐怖となって彼らを捕らえます。
 「どうか、彼をわたしに任せてください。わたしが、必ずお父さんの所に連れ帰りますから。」過去に苦しむ家族を解放して、新たな道を歩ませるために、神様がルベンを用いて語らせた、神様の摂理、導きの言葉です。
 エジプト行きをヤコブに命じさせたのも、神様の摂理です。今、ヤコブは神様の摂理と自分の過去の中で、葛藤しています。ヤコブは自分の過去の悲しみに捕らわれていて、他の者の愛を見ることもできません。
 私たちの信仰生活も日々葛藤の連続です。御心に従うか、自分が愛と信じてているものを優先するか。ヨセフ物語を読む時、一つの確信が与えられます。信仰が停滞し、前に進まないように思える時、それは、神様があなたを用いられようとされる時ではないか。その備えの時ではないか。日々、信仰の葛藤の中にさえも、神様はあなたの明日のために計画を備えておられます。人間にすぎない私たちには神様のみ旨は知る由もありません。それでも神様は、イエス様を救い主として、この世に遣わされ、私たちに与えてくださいました。ここに既に、神様の摂理が示されています。
📢音声

袋一杯の糧

創世記42章18~25節

澤田 武師

主題聖句 「ヨセフは人々に命じて、兄たちの袋に穀物を詰め、支払った銀をめいめいの袋に返し、道中の食糧を与えるように指示し、そのとおり実行された。」 創世記42章25節
 司政者となったヨセフには、兄たちの素性はもちろん、話す言葉もすべて分かっています。ヨセフは兄たちと気づきましたが、兄たちは目の前のエジプトの宰相が弟のヨセフだとは誰も気づきませんでした。ヨセフはベニヤミンが故郷カナンに残っていると知ります。知った以上は、最愛の弟との再会、そして、彼と共にエジプトで暮すことがヨセフの唯一の願いとなりました。
 ヨセフは兄たちを利用します。ヨセフは正体が悟られないように、通訳を介して兄たちと話します。そして、兄たちの前では司政者として君臨し続けます。
 兄たちの話の中には、ヨセフが初めて知ったこともありました。「あの子の血の報いを受けるのだ。」私たちの過ちでヨセフを失ってしまった。それは取り返しのつかない事だ。ルベンが兄弟たちの愚行を「いさめ」切れなかった悔しさ、そして、過去の過ちの痛みから解放されていない兄たちの、嘆きの言葉を聞きました。苦しんでいる、後悔している兄たちをヨセフは見ます。
 神様は、兄たちの心にある縺れた過去の過ちの痛みから解放してくだるために、兄たちをヨセフの元へと導かれました。人には癒すことのできない、罪の赦し、罪の痛みから解放するために、神様が働かれました。壊れかけたヤコブの家族の絆を、もう一度しっかりと結び直されるための先駆けとして、異国エジプトでの兄弟の再会を備えられました。
 神様はヨセフを用いて、兄たちのために袋を用意させます。袋に詰められた糧、兄たちがその意味を知る時はまだきていません。兄たちは神様の恵みが詰まった袋を持ち帰ります。それは、神様が兄たちの生活にも関わってくださっている証しです。神様の摂理がここに表されています。
 私たちも意味の分らない困難に会います。そこにも神様はご自分の御計画のために糧を備えられています。すべての者の生活(袋)に、既に命のパン、イエス様が与えられています。神様はイエス様を十字架につけてまでも、罪人を救われようとされる方です。私たちも神様の摂理の中で生かされています。
📢音声

日用の糧を与えたまえ

創世記42章1~13節

澤田 武師

主題聖句 「『聞くところでは、エジプトには穀物があるというではないか。エジプトへ下って行って穀物を買ってきなさい。そうすれば、我々は死なずに生き延びることができるではないか』と言った。」 創世記42章2節
 「裾の長い晴れ着を着ていたヨセフ」なら、兄たちは遠くからでも見分けられましたが、エジプトの司政者の衣装をまとったヨセフには気づきません。「生活の糧」を求めて、兄たちはヨセフの前にひれ伏しています。それは、以前カナンの地でヨセフが見た夢が現実となった光景です。
 ヨセフは突然兄たちを「お前たちは回し者だ」と決めつけます。ヨセフの言葉は、司政者の命令として実行されますから、これは兄たちへの死刑が宣告されたのと同じです。何故ヨセフは兄弟たちに名乗らなかったのか、それには多くの解釈がありますが、ヨセフの本当の意図は推測するしかありません。
 察するに、死を宣言された兄たちが、その時、どう無実を訴えるのか、自分たちを証しするのか。それが、ヨセフが聞きたかったことではないでしょうか。
 兄たちは、家族を持つ自分たちが「回し者」などになるはずがないと無実を訴えます。そして家族の中の「もう一人は失いました。」と語ります。兄たちは、ヨセフを「失われた者」として自分自身を納得させていたのでしょう。兄たちは自分の言葉によって忘れかけていたヨセフを思い起しました。かつて命まで奪おうとしたヨセフの存在が、再び兄たちに迫ってきます。
 ヨセフ自身も、兄たちの言葉の中に、エジプトで生きると決めた時に失ったはずの父と弟の存在を探し当てました。失われた者との思いがけぬ再会です。
 世界を襲った飢饉は、彼らが“共に生き延びるため”の、神様の摂理であったことが表されます。神様は一つの家族の再会を、世界規模の禍の中に備えられました。苦難の中にも、神様の糧は備えらえています。それは、神様の御心に適う者となるために備えられた糧です。
 イエス様は主の祈りで「日用の糧を今日も与えたまえ」と祈ることを弟子たちに教えられます。私たちにも祈りの言葉として伝えられました。それは、「日用の糧」が神様から与えられていることを、私たちは忘れやすいからです。私たちが祈るたびに、日常が神様の糧で満たされていることを、神様の糧によって日常があることを、私たちは知らされ、感謝に満たされるのです。
📢音声

苦難に備えて

創世記41章47~57節

澤田直子師

主題聖句 「ヨセフが言ったとおり、七年の飢饉が始まった。その飢饉はすべての国々を襲ったが、エジプトには、全国どこにでも食物があった。」 創世記41章54節
 ヨセフはファラオの夢を解き、信頼を得て、行政の最高責任者に任命されました。ファラオは、ヨセフがより大きく完全な権力を得て仕事ができるように、エジプト名と、祭司の娘を妻として与えます。
 大豊作の七年の間に、ヨセフは大きな働きをしました。46節『ファラオの前をたって、エジプト全国を巡回した。』本物の権威を手にしたヨセフは、その正しい使い方を知り、実行することができました。もう少年時代のように裾の長い晴れ着を着て労働しなくても良い者であろうとはしません。権威にふさわしく神と人に仕えることを覚えたのです。
 豊作の間に生まれた二人の息子の名前に、ヨセフの思いを見ることができます。長男マナセの名の本来の意味は「持っていない」ということ、ヨセフはもはや生家には心を残さず、エジプトで生きる決意を固めたのです。その結果は次男エフライム「増やす」の名につながります。財産や権威だけでなく、何よりもエジプトの民とファラオとの信頼が増していきました。
 かつてのヨセフは、兄たちの嫉妬を知りながら、火に油を注ぐような愚かな言動をしました。その結果は苦難に次ぐ苦難の道のりとなりました。しかし41章のヨセフは、それらの苦難自体が備えとなって、賢い者に変えられています。ヨセフが考え、豊作の間に実施した政策は、理に適い、また後の飢饉の際には、この人に従っていれば間違いない、と思わせるに十分な関係性を築き上げました。
 わたしたち信仰者が、ここから学ぶべきこと、蓄えるべきものは何でしょうか?それは「神の御言葉です」と答えたいと思います。わたしたちの魂の養いを、遠いところではなく自分の生活のすぐそばに置いて、「聖書」という豊かな穀蔵をいつでも開けるよう、備えていきましょう。
📢音声

実る時、実りのない時

創世記41章25~36節

澤田直子師

主題聖句 「これは、先程ファラオに申し上げましたように、神がこれからなさろうとしていることを、ファラオにお示しになったのです。」 創世記41章28節
 無実の罪で牢に入れられたヨセフは、給仕長の夢を解き明かしますが、元の身分に戻った給仕長はヨセフのことをすっかり忘れ、2年の月日が過ぎました。その間にも神のご計画は進んでいました。二度も不思議な夢を見たファラオは心を騒がせ、夢を解き明かす知恵者を求めます。この時、給仕長がヨセフを思い出すのです。ここには神の摂理が働いています。ヨセフがファラオの前に立つためには、牢の中で給仕長の夢を解くことが必要でした。全ての出来事は必然であり、神のご計画は生きて働いています。
 ファラオから「夢の解き明かしができるそうだが」と問われたヨセフは「わたしではありません。神がファラオの幸いについて告げられるのです」と答えます。ヨセフはエジプトで暮らす数年の間に、自分は神に用いられる器であることを自覚していました。ヨセフの夢解きによって、7年間の大豊作に続く7年間の大飢饉に備える準備ができました。
 これはおよそ3600年前のエジプトの出来事です。しかし、わたしたちの毎日の歩みの中にも、自分の力ではどうしようもなく、何もうまく行かない日があるものです。反対に大した努力も無く全てが順調に進む日もあります。神の摂理の中で、わたしたちの力や知恵を超えて、物事が進んでいきます。
 ちょうど、今のコロナ禍はそういう時かもしれません。わたしたちの祈りは、神様の御声を聞くよりも、神様のご計画を示してほしいと願うよりも、自分の要求の言葉の方がずっと多いものです。欲張っているわけではなく、特別な大豊作でなくてもいい、普通に実る時がずっと続いてほしい、と思うものです。
 ヨセフに与えられた夢を解く知恵には、その具体的な解決策まで示されていました。ファラオとヨセフの間には信頼関係が生まれ、神から与えられた計画が実行されます。実りの時、実りのない時、どちらも神様の時です。神の摂理を信じ、神の御声を聞き、ご計画を求めていきましょう。
📢音声