地の塩として

コロサイの信徒への手紙3章1~11節

澤田直子師

主題聖句 「造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。」 コロサイの信徒への手紙3章10節
 昨年5月31日、ペンテコステ礼拝から、教会での礼拝を再開し、人数を分散するために午後に第三礼拝を捧げることにしました。それから約一年、教会とは何かを考えて来たように思います。
 神学的には「教会とは何か」実践的には「教会とはどうあるべきか」という命題は、後者のほうが難しいように思います。人間の集まりですから、そこには自我のぶつかり合いが生じます。パウロは「上にあるものを求めなさい」と勧めます。5節「貪欲は偶像崇拝に他ならない」物質への欲望だけが貪欲ではありません。わたしたちは何と思い通りにならないことにいら立ち、8節「怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉」のような、必要のないものに苦しめられることでしょうか。
 9節「古い人をその行いと共に脱ぎ捨て」かつて、地上のことに心を奪われて、自分の欲求を満たすことを中心において生きて来た、そんなわたしたちのために、イエス様が命を捨ててくださいました。
 ペンテコステの日、聖霊が降ると、弟子たちは一斉によその国の言葉で福音を語りだしました。聖霊の力は、相手に通じる心と言葉をもって、真理を語らせたのです。さて、わたしたちは、相手に伝わる言葉を選んでいるでしょうか。自分を守る言葉、相手を負かす言葉、時には沈黙で、目の前の誰かを傷つけていることがないでしょうか。
 イエス様は、聖霊を受ける信仰者を「地の塩、世の光」と言われました。イスラエルの塩は岩塩ですから、一見すればただの岩です。それは切り出され形を整えられて、必要とするところに運ばれます。信仰者もまた、そこにいて、ありふれた一人の人のようでいて、神に選ばれ、切り出され、整えられて用いられる者とされます。教会に集うわたしたちは、新しくされ聖霊の力を受けて、世に遣わされて行きます。地の塩として出て行きましょう。
📢音声

憐れみ深い主

詩編103編1~13節

澤田直子師

主題聖句 『天が地を超えて高いように慈しみは主を畏れる人を超えて大きい。』 詩編103編11節
 詩編103編から108編までは賛美の詩が続きます。その中でも103編は旧約聖書中最も美しい詩であるとたたえられています。普通、賛美の詩は、会衆に「さあ、一緒に神をほめたたえよう」と始まるものですが、103編は静まって自分の魂に語りかける言葉から始まります。
 旧約時代には、神と顔を合わせたら、神の清さに打たれて死んでしまうと考えられていました。しかし作者は、神と一対一の時間を持とうとしています。これは信仰そのものです。3~4節で、わたしの罪をことごとく赦してくださった、と信頼しているので、神の御前に出ていくことができます。まるで、イエス・キリストの十字架の贖いを知っているかのようです。
 5節の「鷲のような若さ…」はイザヤ書からの引用と思われますので、「ダビデの詩」は本当ではなく、おそらく捕囚時代の詩と思われます。ここで、作者は、何か個人的な苦難に襲われたのでしょう。旧約時代、苦難や病は神様からの罰を受けていると考えられました。捕囚は典型的な罰の形でした。
 しかし、彼がその悲しみ苦しみを神の前に注ぎだして祈った時、神はことごとく赦してくださった。彼は神の憐みの深さを思い知りました。神の赦しを体験した作者は、自分の苦難は神の罰と思っていたけれども、今や、神の愛を知るきっかけであったのだ、と目を開かれました。
 キリスト教神学では、神の憐みを「はらわたがちぎれるような思い」と形容します。神様はわたしたちの悔い改めを上から見て赦すのではなく、同じ痛み苦しみを共に味わいながら赦してくださるのです。
 わたしたちは、かつては、船を出して嵐にあったら、うろたえおののき、泣き叫ぶ者でした。神の憐みを知った今は、嵐を鎮めるお方を知っており、信じています。神殿の至聖所を囲う垂れ幕は既に裂けて取り除かれています。わたしたちは神様の前にまっすぐにためらわずに行くことができます。内にあるものがこぞって主をたたえ、賛美しつくす喜びを持って、出て行きましょう。
📢音声

イエス様の復活

マタイによる福音書28章1~10節

澤田 武師

主題聖句 「あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。」 マタイによる福音書28章6節
 イエス様の「復活」は、確かに神様のご計画でした。誰も経験していない「死」からの復活が事実として示されました。イエス様は、十字架刑のお苦しみから、死を打ち破って復活されました。イエス様の復活は、人類の歴史上ただ一度、全てを覆い終わらせてしまう「死」が打ち破られたことを意味します。
 信仰者はイエス様の復活を受け入れ信じます。死は全ての終わりではない。死への「恐れ」を捨て去ることから新しい生命が始まります。そして「復活」を信じる者の恐れには限りがあり、そこを超えて、永遠の命を与える「喜びへと変えてくださった」確信となってゆきます。
 教会は、どの時代にも、イースターをお祝いする礼拝を捧げ、イエス様の復活の喜びと新たな命のメッセージを伝え続けていくことが、永遠の使命です。
 マタイは、イエス様が復活された朝に「大きな地震、天使の降臨、墓が開けられた」と、記しています。「地震」は、古い秩序が揺り動かされ、新しい時代が開かれたという神様の証しです。塞がれた墓が打ち破られた。死が打ち破られた。これらの出来事は、福音の時が始まった証しです。
 女性たちは「恐れながら大いに喜び」、天使に託された言葉を、男の弟子たちに伝えるために、急いで帰ろうとします。その女性たちの目の前に、イエス様はそれまでと変わらない愛をもって現れてくださいました。肉の体をもち、言葉をかけられました。こうして女性たちは、イエス様が復活された事実を、理解できる形で体験しました。
 イエス様の「おはよう」との挨拶は、動詞の「喜ぶ」という言葉の命令形「カイレテ」です。イエス様は「喜べ」と女性たちに命じました。復活の主と出会った証人、良き知らせを告げる者として、彼女たちに新たな使命を与えます。
 イエス様が復活されたことは、神は全ての恐れを喜びへと変えてくださった、ということです。これこそが福音です。信じましょう。ここに良き知らせがあります。喜びの知らせがあります。
📢音声

茨の冠

エフェソの信徒への手紙6章18~20節

澤田直子師

主題聖句 「このようにイエスを侮辱したあげく、外套を脱がせて元の服を着せ、十字架につけるために引いて行った。」 マタイによる福音書27章31節
 ユダヤ総督官邸で、イエス様は再びお苦しみを受けられました。「ユダヤ人の王イエス」と偽ったとして訴えられ、十字架刑にかけられるイエス様に、ピラト直属のローマ兵は情け容赦ない仕打ちを加えます。ユダヤ人に対する憎悪は、密室を満たします。
 彼らは、イエス様にローマ兵の軍服、深紅の外套を着せ、茨で編んだ冠をかぶせ、王権の象徴として、葦の棒を持たせ、偽りのユダヤ人の王の姿に変えてしまいます。これらは全て王権の身代わり品、偽りの物です。さらに、彼らはイエス様に唾をかけ、葦の棒で殴り続けます。偽りの敬意が満ちています。この密室の出来事を、どうして福音書記者は知ることができたのでしょうか。
 聖書はイエス様の十字架を前にして「本当に、この人は神の子だった。」と、信仰を現した百人隊長がいたことを記しています。彼が、当事者の証しとして福音書記者に伝えたのではないでしょうか。真実の神様に出会った。いまさら裁判の判決は変わりませんが、一人のローマ兵の歩みが大きく変えられました。知らずに犯した自らの罪の深さを、彼は知り、伝えずにはいられなかったのではないでしょうか。
 この出来事の中心にイエス様はおられます。全ての偽りの声に沈黙を守り、十字架へと向かわれるイエス様。それはイエス様のお働きが、決して他の者には務められないからです。たとえ、偽りの王のお姿であっても、イエス様のお働きは決して変わりません。お体には鞭で打たれた傷、頭には棘の刺さる茨の冠をかぶせられたお姿は、誰にも代わることのできない、十字架へと向かわれる神様の御心を行う者のお姿です。
 イエス様は、茨の冠をかぶせられて、十字架へと進まれます。全ての人の罪を、その痛みを、冠としてかぶられて、十字架にかかってくださいました。私たちも、イエス様の後に続く者として、歩んで行きましょう。
📢音声

民衆の希望

マタイによる福音書27章15~26節

澤田 武師

主題聖句 「ピラトは、人々が集って来たときに言った。『どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアといわれるイエスか。』」 マタイによる福音書27章17節
 イエス様の裁判は、関わった者たちの「希望」をあらわにします。「ピラトの希望」は、ユダヤ人の妬みによって訴えられたイエス様を、助けることでした。しかし、無罪判決を出せばイエス様を訴えた者たちの反感を買い、ユダヤ人暴動の引き金になりかねません。
 「バラバ・イエスか。それともメシアといわれるイエスか。」そこでピラトは過越祭の恩赦の慣例を利用し、ユダヤ人囚人の一人としてイエス様を釈放しようとします。民衆が、評判の悪人バラバを選ぶことは無いと確信し、ピラトは民衆に決断を迫ります。
 しかし、現実は、ピラトの希望とは正反対の方向へと動き始めます。民衆はイエス様を「十字架につけろ」と、叫び始めます。それはイエス様を訴えた「祭司長、長老たちの希望」であって、彼らの説得によって、今は「民衆の希望」に変わってしまいました。ピラトは混乱します。
 民衆の叫びに対抗するピラト、反面、ユダヤ人が暴動を起こせば、それはユダヤ総督の責任問題へとなりかねません。彼は自己保身ために自分の希望を変えざるを得なくなりました。ピラトは「民衆の希望」を聞き入れ、バラバを釈放し、イエス様を十字架へと追いやります。
 信仰生活はイエス様に従う真理を選ぶか、この世に従う真理を選ぶかの決断の繰り返しであると思います。イエス様に従う時には、苦難を選ばなければならない時があります。苦難の中を通らなければ見えてこない希望があります。
 イエス様は、偽りの希望に翻弄されている人々のすぐ近くに居られ、黙して見ておられました。イエス様のお気持ちを察すると、いたたまれない思いです。
 裁判は一人の罪人(ざいにん)が無罪として、釈放される判決となりました。罪人(ざいにん)バラバの唯一の希望は釈放されることでした。それは、イエス様が身代わりとなってくださらなければ、実現しなかった希望です。バラバはイエス様の命と引き換えに、罪人(つみびと)として滅びるはずの命を今得たのです。
 このバラバこそ、私たちの姿です。イエス様の十字架の贖いによって、罪赦されて新しい命を与えられた、私たちの姿です。ここに私たちに与えられた永遠の希望があります。
📢音声

目を覚まして祈れ

エフェソの信徒への手紙6章18~20節

澤田直子師

主題聖句 「どのような時にも“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。」 エフェソ6章18節

 パウロは信仰者にも神の武具が支給されていると考えたのですが、どのような良い武具も、身に着ける者が使い方を知らなければ役には立ちません。特に「真理の帯」や「正義の胸当て」は、誰の真理か、誰の正義か、よくよく気を付けないと、容易に自分の真理と正義にすり替えられてしまいます。
 イエス様は公生涯に入る前にサタンの誘惑を受けました。イエス様は3度の誘惑を聖書の御言葉で退けます。サタンの考えと神様のご計画との違いをはっきりさせ、ご自分はどちらを選ぶかを宣言したのです。信仰者の勝利は、相手を滅ぼす事ではなく、何が正しいか、何を選ぶかを見分けることにあります。
 パウロがいかに優れた伝道者であったとしても、人間である以上、その働きには必ず終わりがあります。パウロ一人が華々しく勝利しても何にもならない。パウロは教会に起こる問題を知り尽くしていました。ですからパウロから手紙が来なくなっても、エフェソの教会が神様の御旨から離れないように、そのために、自分の言葉がまっすぐに届くように祈ってほしいと言うのです。
 誰の祈りでも、祈りには力があります。私たちが「神様」と呼びかける時、心は、魂は、目を覚ましているでしょうか。たとえ話のように、思わぬ時に主人が帰ってきて、怠惰を見つけられる僕のようになってはいないか。思いを巡らせたいところです。
 20節、パウロは「語るべきことを大胆に語れるように」祈ってほしいと頼みますが、パウロが福音を大胆に語れないなどということが一度でもあったでしょうか。これは明らかに、祈ることを通して、エフェソの教会が励まされ力を与えられることを期待しているのです。
 祈りには力があります。わたしたちも、どのような時にも、霊に助けられながら、目を覚まして、祈り手として、遣わされましょう。
📢音声

神の国のメンバーシップ

エフェソの信徒への手紙6章1~9節

澤田 武師

主題聖句 「あなたがたも知っているとおり、彼らにもあなたがたにも同じ主人が天におられ、人を分け隔てなさらないのです」 エフェソの信徒への手紙6章9節C
 古代ローマの時代の「支配者と被支配者の関係」、それは、法律として成立し、夫婦や親子の間にも影響を及ぼしていました。奴隷という階級は、自由人の生活を豊かにするための財産であり、道具、労働力として社会全体が必要としていた存在でした。この時代、「子供」「奴隷」という存在は、両親や主人の所有物であると認識されていました。現代では考えられない身分差別の世界です。その中にエフェソの教会は誕生しました。
 「キリストに対する畏れをもって、互いに仕え合いなさい。」(5:21)パウロは、エフェソの教会があるべき姿を伝えます。この邪悪な世界の中にも「福音は明確に示されている。それはこの社会に影響を与えるためである。」と、伝道者として確信をもって、パウロはエフェソの兄弟姉妹を励まします。
人としてはカウントされない、被支配者という立場の子供や奴隷に、また、支配する立場の両親や主人に対しても、「イエス・キリストに従う喜びを、互いに分かち合う。」教会を形成してゆく一員となるために、実践すべき事柄を勧めます。
 それは、神の国の住人となるための「メンバーシップ」を得ることを意味します。パウロは子供たちに、奴隷たちに「福音」を通して、この世を見ることを勧めます。あなた方を支配する「両親」「主人」も、神様が愛さなければ一瞬たりとも存在することはできない。また、神様は「分け隔てなさらない方」である。現実には身分の違いはあるが、神の国の住人として、神は誰をも平等に取り扱われる。だから、「人にではなく、主に仕えるように」と迫ります。
 私たちは「教会」のメンバーとして、信仰生活を歩んでいます。「イエス・キリストに従う喜びを、互いに分かち合う。」どのような時代となろうとも、変わらない教会の「メンバーシップ」であります。それは、「どのような立場の人たちとでも、互いに仕え合うこと。」神様の国、御国が来ますようにとの祈りが成就した世界を、パウロは既に見ていたのではないでしょうか。
📢音声

時をよく用いなさい

エフェソの信徒への手紙5章15~20節

澤田直子師

主題聖句 「愚かな者としてではなく、賢い者として、細かく気を配って歩みなさい。」 エフェソの信徒への手紙5章15節
 パウロがエフェソの教会に手紙を書いたのは、紀元61年ごろローマの獄中にある時だと考えられています。(使徒言行録23章参照)時のローマ皇帝は暴君ネロでした。パウロは紀元64年7月のローマの大火から始まった迫害で殉教したと言われます。
 ローマのような強大で豊かな国も、人間の過ちが重なって病んでいきました。パウロは2年間ローマに住んで、その予兆を感じていたのでしょう。ここでいう「愚か」と「賢い」は能力ではなく、その前の「闇」と「光」を言い換えている言葉です。神のご計画の中にいる「光の子」と神の御手から離れた「暗闇」を対比しています。
 「時」はギリシャ語のカイロスが使われています。これはジャストタイム、いまこの時、与えられた機会を示す言葉です。そして原文では「あなたの時」をよく用いなさい、となっています。世の騒ぎや不安に流されることなく、あなたの主の御声に耳を澄まし、心を開いて従いなさい、と勧めているのです。
 その具体的な方法が19節に書かれています。これはまさに礼拝です。礼拝とは、神様と信仰者との交流を儀式化したものです。本来は自由に神様に祈り賛美してよいのですが、教会には、これから信仰を持ちたい人も、信仰を持って日が浅い人も集います。あまりに自由だとどうしてよいかわからなくなります。それで、誰もが安心して参加できるように形式が整えられているのです。
 「あなたの時」は、よく言われるチャンスの神様には前髪しかない、というようなものではありません。そうだったら、わたしたちは随分スリリングな思いをしなければなりません。日々、小さな出来事の繰り返しの中で、気づいたり見過ごしたり、選んだり捨てたりしながら、わたしたちは信仰者として創り上げられて行くのです。「いつも」「あらゆること」に感謝して、神様が備えてくださる、わたしの、あなたの「時」を歩みましょう。
📢音声

信仰者の生活

エフェソの信徒への手紙5章1~5節

澤田 武師

主題聖句 「あなたがたは神に愛されている子供ですから、
神に倣う者となりなさい。」 エフェソの信徒への手紙5章1節

 パウロは、異邦人の生活を「無感覚になって放縦な生活をし、あらゆるふしだらな行いにふけってとどまることを知りません。」(4章19節)と糾弾します。エフェソの信徒は、この異邦人社会の中で信仰者として生きて行かなければなりません。パウロは彼らに、そして私たちにも「信仰者の生活」とは、どういうものなのかをハッキリと示します。
 「あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい」。先にイエス様がただ一度の贖いの子羊となり、自らを十字架の犠牲として献げてくださった。それを知った者は「愛によって歩む者」へと変わることを求められています。
 パウロがあえて「あなた方の間では」と言っているのは、同じ信仰を持つ人々の中に「みだらな者」「汚れた者」そして「貪欲な者」が共にいたことを示しています。パウロは彼らを「偶像礼拝者」であると断言します。
 実は「神に倣う者」と「偶像礼拝者」とは、対極の存在ではありません。それは「一枚の紙の表裏」のようなものです。誰の心にも、信仰者である私たちの心の中にも、この両方が存在しています。
 「貪欲」とは「貪って飽きることを知らない」ことです。全てを私の思い通りにしたい「我」はとどまることを知らず、自分自身を偶像としてしまいます。
 「神様に倣う者」として歩むことは、私の内の「我」、いつも私と他を支配したい思いとの闘いを意味しています。ここに信仰者の苦しみがあります。この苦しみこそは、神様に愛された子として訓練を受けた証しです。
 私たちがどんなに努力しても、無から有を創られた創造の神様に倣う者にはなれません。しかし、私たちを導き、整えてくださる摂理の神様に倣う者には時々なれるかもしれません。今日よりも明日、ほんの少しでも、僅かでも「神に倣う者」として歩み続けて行きたいと願います。「神の国を受け継ぐ者」に相応しい信仰者となる願いを持って、共に歩んで行きましょう。
📢音声

ナザレの人イエス

マタイによる福音書2章19~23節

澤田 武師

主題聖句 「ナザレという町に行って住んだ。『彼はナザレの人と呼ばれる』と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。」 マタイによる福音書2章23節
 ヨセフは迷わず天使の命令の「神様が示された目的地」を信じて、夜の闇の中へと歩み出しました。ヨセフにはヘロデ大王に抵抗する力は到底ありません。当時のユダヤでは誰も彼には歯向かえなかったでしょう。救い主誕生の大きな喜びのすぐ後に、他国に避難しなければならない事態となるとは。神様の御心と知りながらも、混乱と不安をヨセフは感じていたはずです。
 旧約聖書「創世記」では、「生まれ故郷を父の家を離れて…行きなさい」との神様の御言葉により、アブラハムは旅立ちます。また、モーセは「わたしはアブラハム、イサク、ヤコブに与えると…あなたたちを導き入れ」との神様の約束に従い通しました。彼らに示されたのは、それぞれの最終目的地です。その「点」を目指して歩む、御心と信じた者たちの姿を、聖書は記しています。
 クリスマスを託された者たちは、神様の御心を信じて、それぞれに示された「点」に向かいました。そして神様は、私たちをも幾つかの「点」に導いてくださいます。信仰の「原点」。洗礼を受けた日、信仰者としての歩みはこの「点」から始まりました。そして、次に進むべき「点」、いつ与えられるか、どこへ導かれるか分かりませんが、お一人お一人異なる目的地が備えられています。
 信仰者に与えられた「点」と「点」が結ばれ、繋がって「線」となります。「線」が交差する処に、兄弟姉妹の交わりが生まれ、教会と成ります。
 「ナザレの人イエス」とは、イエス様に敵対する者たちが蔑んで付けた呼び名です。しかし、この方だけが、真の救い主として私たちに与えられました。イエス様の歩みは「十字架の死」に向かっての歩みです。ヨセフとマリアの旅の終わりに示されたナザレの町は、苦難の僕としての、イエス様の公生涯がスタートした町、十字架へ向かわれる「点」となりました。
 ヨセフがつないだ「線」、足跡は、どのような時代であっても信仰者が神様の御言葉に従って行く姿と重なります。イエス様の十字架を目指して進む、イエス様を人生の主役とする生き方を、表しています。
📢音声