ナザレの人イエス

マタイによる福音書2章19~23節

澤田 武師

主題聖句 「ナザレという町に行って住んだ。『彼はナザレの人と呼ばれる』と、預言者たちを通して言われていたことが実現するためであった。」 マタイによる福音書2章23節
 ヨセフは迷わず天使の命令の「神様が示された目的地」を信じて、夜の闇の中へと歩み出しました。ヨセフにはヘロデ大王に抵抗する力は到底ありません。当時のユダヤでは誰も彼には歯向かえなかったでしょう。救い主誕生の大きな喜びのすぐ後に、他国に避難しなければならない事態となるとは。神様の御心と知りながらも、混乱と不安をヨセフは感じていたはずです。
 旧約聖書「創世記」では、「生まれ故郷を父の家を離れて…行きなさい」との神様の御言葉により、アブラハムは旅立ちます。また、モーセは「わたしはアブラハム、イサク、ヤコブに与えると…あなたたちを導き入れ」との神様の約束に従い通しました。彼らに示されたのは、それぞれの最終目的地です。その「点」を目指して歩む、御心と信じた者たちの姿を、聖書は記しています。
 クリスマスを託された者たちは、神様の御心を信じて、それぞれに示された「点」に向かいました。そして神様は、私たちをも幾つかの「点」に導いてくださいます。信仰の「原点」。洗礼を受けた日、信仰者としての歩みはこの「点」から始まりました。そして、次に進むべき「点」、いつ与えられるか、どこへ導かれるか分かりませんが、お一人お一人異なる目的地が備えられています。
 信仰者に与えられた「点」と「点」が結ばれ、繋がって「線」となります。「線」が交差する処に、兄弟姉妹の交わりが生まれ、教会と成ります。
 「ナザレの人イエス」とは、イエス様に敵対する者たちが蔑んで付けた呼び名です。しかし、この方だけが、真の救い主として私たちに与えられました。イエス様の歩みは「十字架の死」に向かっての歩みです。ヨセフとマリアの旅の終わりに示されたナザレの町は、苦難の僕としての、イエス様の公生涯がスタートした町、十字架へ向かわれる「点」となりました。
 ヨセフがつないだ「線」、足跡は、どのような時代であっても信仰者が神様の御言葉に従って行く姿と重なります。イエス様の十字架を目指して進む、イエス様を人生の主役とする生き方を、表しています。
📢音声

喜びの歌が響く

詩編65編

澤田直子師

主題聖句『恵みの溢れるあなたの家、聖なる神殿によって わたしたちが満ち足りますように。』 詩編65編5節b
 詩編65編は、ユダヤの三大祭りの一つ「仮庵祭」で朗誦されたと言われます。豊かな収穫は神に祝福されている証でもありました。4節には「罪の数々がわたしを圧倒します」とあります。自分の罪を示され、深く悔い改めて、願をかけて祈ったのでしょう。そのような自分を神は贖い、豊かに赦してくださり、神の庭に宿ることを許されました。何と慈愛に満ち憐れみ深いお方であることか。
 この詩に描かれる豊かさは、神の家・神の庭のものです。わたしたちのものではありません。信仰者は、神と子羊の玉座から流れ出る豊かな水を受けて、それがどこから来るのかを知ることはできますが、時が満ちていない今、まだその庭に行くことはできないのです。
 わたしたちは、この世で苦難や試練に遭う時、神様なぜですか、と問いながら、首をかしげてしまうことがあります。神様が愛の神なら、なぜわたしには、わたしの家には、わたしの教会には、恵みが溢れていないのか。これはおかしい、何が悪いのか、誰のせいなのか、と言いたくなる。
 神は高ぶる者を引き下げ、へりくだる者を高く上げる、と聖書には繰り返し書かれていますが、これは真実です。自分の力が及ばない苦難の中で、なぜですか、と問いながら、もしや自分の内側に「なぜ」の答えがあるのではないか、と恐れをいだく時、たとえそうであっても、神は豊かに赦してくださるお方です。罪びとを招き、食卓を共にしてくださるお方です。
 わたしたちは、その約束を知っています。そこから溢れて流れてくる清らかな水が、わたしたちに届き、渇きを癒して、神の家がどんなに豊かで明るいところかを教えてくれます。わたしたち、という、小さく欠けのある収穫物を、神様は「聖なる生ける捧げもの」として喜んで受けてくださいます。わたしたちも、耳を澄ませ、心を澄ませて、神の庭から聞こえてくる喜びの歌の響きを聞きましょう。
📢音声

それぞれ隣人に対して

エフェソの信徒への手紙4章25~32節

澤田直子師

主題聖句 「だから、偽りを捨て、それぞれ隣人に対して真実を語りなさい。わたしたちは、互いに体の一部なのです。」 エフェソ4章25節
 心の底から新しくされた者は、では、どのような歩みを目指すのか。これが今回のテーマとなります。人が偽りを捨て、真実を語ることが可能になるのは、互いにキリストの体の一部となった時のみです。決して人間的・道徳的な努力によるのではなく、神の御言葉に立って生活するということです。
 26節からはさらに具体的です。「怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。」怒ること自体は禁じられません。しかし怒りに留まってはいけないのです。29節「悪い言葉を一切口に出してはなりません」悪いとは「腐った」という意味の言葉が使われています。クリスチャンでなくとも、誰かを傷つけるためにわざわざひどい言葉を選んで口に出すことはあまりないでしょう。しかし現実には、言葉で傷つけられ、長い間嫌な思いをしたりする、ということは、人間が口に出す言葉は、いつも、誰かを傷つける危険をはらんでいる、ということです。
 31節からは、パウロがよく書き記す「悪のカタログ」です。誰も、こんなものに囚われたくはないでしょう。でも現実には、わたしたちの周りには悪い言葉・偽りの言葉、思いや態度があふれています。そして自分だけはそういう悪いものと無縁です、というわけにはいかないのです。
 神に仕えることは、イコール、人に仕えることです。わたしは人には仕えられないが神には仕えます、という仕え方はありえません。では、わたしの隣人とは誰でしょう?イエス様は「善きサマリア人のたとえ」を話され、「行って、あなたも同じようにしなさい。」と言われました。さあ、わたしたちは、パウロの目を開くために駆け付けたアナニアのようになれるでしょうか。あるいは、エルサレムの使徒たちにパウロをとりなしたバルナバのようになれるでしょうか。示された隣人に仕えるべく、聞く人に恵みが与えられる言葉を探しましょう。
📢音声

神の陰に宿る人よ

詩編91編

澤田直子師

主題聖句 『彼がわたしを呼び求めるとき、彼に答え 苦難の襲うとき、彼と共にいて助け 彼に名誉を与えよう。』 詩編91編15節
 詩編91編の主題は、「わたしの故郷は神」ということです。わたしたち信仰者は、自分がどこから来て、最後はどこへ帰るかを知っている者です。聖書には、この世を歩むことは一時の旅路、人は寄留者に過ぎない、という考え方が出てきます。これは、世で試練や悲しみの中にある時に助けになる一方で、それならなおのこと、この限られた時、場所で、誠実に生きようという気持ちを起こさせます。
 1~13節は、神様がどのような場面でも様々な形でわたしたちを守ってくださると記されます。苦難は必ず来ます。しかし、その時、その場に神様は共にいてくださり、そこに、守りの盾を置いてくださいます。7~8節は出エジプトの夜になぞらえて、神の子羊のしるしをつけた家は、神の裁きが過ぎ越していったことを思い出させます。今もなお、十字架の血のしるしを額につけている者たちの上を、神の裁きは過ぎ越していきます。
 14節からは、祈りに答えて神様が直接語りかけてくださる言葉としてお読みください。「彼」とありますが、言うまでもなく男性限定ではありません。14節「わたしの名を知る者だから」知るとは、聖書では、その人と深いつながりを持っている関係を表します。特にここでは、「名」という言葉が「足跡」と訳すこともできる言葉を使っていますので、ずっと一緒に歩んできたという意味になります。ですから15節は、未来のことではなく、今までも「彼と共にいて助け」てきた、これからも助ける、ということです。
 その神様とわたしとの関係が行き着くところが16節です。「生涯、彼を満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。」何に満ち足りているか、ここが恵みの分かれ目です。わたしたちは、どうかすると、今持っていないものを探して、それを手に入れれば幸せになるような気になる。しかし、信仰者は、神の陰に宿って歩み、どこへ帰るかを知る者です。満ち足りるべきものは、いつも満ち足りていた、このことを証ししましょう。
📢音声

平和の主に招かれて

コロサイの信徒への手紙3章12~17節

澤田直子師

主題聖句 「あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。」
コロサイの信徒への手紙3章12節

 12節にある5つの徳目は、クリスチャンでなくとも深くうなずきたいものだと思います。しかしこれは、クリスチャンたるもの、頑張って努力して身につけましょう、というふうな書き方はなされていません。もう既にそういうものがありますね、と読み取れるところです。なぜなら、神に選ばれ、聖められ、愛されているからです。
 パウロは、その手紙の中で、キリストの十字架の贖いを信じる者の救いについて、理路整然と論理的に述べています。しかしそのパウロが「愛は、すべてを完成させるきずなです。」と言います。コリントⅠの13章「愛の章」の最後でも、「最も大いなるものは、愛である」と言うように、わたしたちが、より高い自分を目指すのは、主からいただいた愛を世に現し、増し加えるためです。そのたどり着く先が主の平和です。
 「この平和にあずからせるために、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。」わたしたちは、主に招かれた者です。ルカによる福音書14章に「大宴会のたとえ」があります。正式に招かれていた人々は、この世的な理由をつけて出席を断りました。宴会の主人は、僕に、「町へ出て、貧しい人、体の不自由な人を連れてきなさい」と命じます。この宴会の主人が、客であるわたしたちに望んでいることは、そこで供される養いの食事を余すところなく味わい、喜んで帰って行くことです。「キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿る」のです。宴会はいずれ終わります。招かれ、帰って行く客(わたしたち)が、来た時と同じ姿で帰るのでは、招いた意味がありません。わたしたちは、平和の君イエス・キリストに招かれて礼拝に集い、養われ、イエス・キリストを宿して帰って行くのです。主の愛を豊かに宿しましょう。
📢音声

恵みにより信仰によって

エフェソの信徒への手紙2章1~10節

澤田直子師

主題聖句 「事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。」 エフェソの信徒への手紙2章8節
 エフェソの2章は、クリスチャンとは暗闇から光へと出て行く者であることを示しています。2節の「かの空中に勢力を持つ者」とはサタンを表します。サタンは天には昇れず、さりとて地上は人間に与えられた住処ですから、天と地の間をうろうろするしかないのです。神の愛を知る前のわたしたちは、この力に翻弄されていたというわけです。
 これは、行動の良し悪しや、誰でも心の中では悪いことの一つ二つ考える、ということではなく、自分が正しい、自分の思いが実現することが正しい、と考え、そこに向かって進むこと。それが「肉や心の欲するままに行動する」ことです。
 神の本質として、愛と裁きがあります。神は裁きを曲げることはできません。しかし、裁かれてしかるべきわたしたちを、神は愛しておられる。そこで、わたしたちが受けてもよい限度を大きく超えて、神は憐れんでくださいます。これが神の恵みです。
 それを目に見える形で現わしてくださったのが、イエス様の十字架と復活です。罪の死と、新しい命が示されました。
 その愛を信じることが救いとなります。パウロが何度も繰り返す「信仰義認」です。神の大きな憐れみ、恵みに、わたしたちが信仰をもって答える。これが、神様の望まれる交流です。
 ここに自力が入るスキはありません。信仰者は、一生懸命になるほど誘惑に遭います。「こんなに奉仕しているのに」「捧げているのに」と、「のに」が付いてくるのです。「のに」は怒りを生み、神様の御旨を見る目を曇らせます。
 わたしたち信仰者は「キリスト・イエスにおいて造られた」のです。それは、神の憐れみにより頼み、神の愛を信じ、善い業を行って、神様と交流し、神の栄光に加えていただくためです。
📢音声

罪に死に、神に生きる

ローマの信徒への手紙6章1~11節

澤田直子師

主題聖句 「このように、あなたがたも自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きているのだと考えなさい。」 ローマの信徒への手紙6章11節
 「罪」とは何でしょうか?わたしたちは、良いことと悪いことは区別できます。しかし、わかっているのに、良いことを選べない。「罪」はギリシャ語で「ハマルティア」的を外した、という意味です。的は見えているのですが、外してしまうのです。
 罪の誘惑とは「さあ悪いことをしなさい」というのではなく、善に導く声を聞かせない、無視させる、そういうものではないかと思います。イエス様の十字架の贖いを信じる者は、この誘惑の声を聞く耳を持たない。その代わりに、神の愛のささやきが聞こえます。自分に敵対する者を前にして、「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」というイエス様の祈りが聞こえるのです。そして、苦しいのは自分なのに、と思いながら、その人のために祈る。祈ることで、平安を得て驚く、そういう体験がないでしょうか?
 罪に死ぬ、とは、自分が後生大事に抱えている、泥水の入ったバケツを空けるようなことです。価値のないものを少しずつためてきて、やっと一杯になった。でも今、目の前に、きれいな豊かな水がある。まず泥水を捨ててバケツを空にしなければ、神様の泉の水を汲むことができません。
 罪に死に、新しい命に生きる。これはキリスト教の重要な教義です。しかし、わたしたち一人一人に現れる時には、わたしという人間のサイズに合わせて現わされます。それはたとえば、笑顔でいる、とか、誰に対しても丁寧な態度を取る、とか、ささやかなことだと思います。日々の暮らしの中に、罪に死に、神に生きる形を求めて、丁寧に生きる一日を繰り返していきましょう。マタイ25:21より「忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。」 
📢音声

聖霊が降ると

使徒言行録1章6~11節・2章1~4節

澤田 武師

主題聖句 「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」 使徒言行録1章8節
 永遠の命、神の国の存在を四十日渡り語り続けてくださったイエス様を前にしても尚、弟子たちは「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか。」と、この方がローマの支配下にあるユダヤを、力をもって解放してくださる時が来たと期待しています。人間の理解の限界です。
 しかし、イエス様はその弟子たちに「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりではなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」と、改めて約束された「聖霊が降る」時まで待つように言われました。
 「わたしの証人となる」、それはイエス様との関係をはっきりと示された者たちのことです。聖霊が弟子たち一人一人に降ると、それぞれが「自分の言葉で福音を語る者」に、人々に「証しする者」へと変えられました。彼らは福音を伝える力を受け、証しする言葉を備えられて、この時から使徒として、地の果てまで遣わされて行きます。
 ペンテコステの日、聖霊は人々を集め、礼拝を整え、御言葉を聞き、共に祈り、持ち物を分け合いました。一人一人の信仰が、この地上にあって誰にでも見える、神様の教会という形となりました。この時から教会は地上に存在し続けます。これからも!教会は神様の真理を伝えるところです。神様の真理によって集められた者が、証しする者が、共に歩むところです。教会は、そこに集う者が、聖霊によって改めて、自分自身が用いられている存在であると示されるところです。なぜ生かされているかを、知るところでもあります。
 神様にとって、あなたは必要なのです。だから先だって聖霊を注いでくださっています。「聖霊様、私の中で働いてください。神様がよく分かるように。イエス様の愛がよく分かるように導いてください」と、祈ってゆきましょう。その時、聖霊は豊かに働いてくださいます。あなたを、神様を知る者へと、証しする者へと変えてくださいます。
📢音声

わたしを愛しているか

ヨハネによる福音書21章15~19節

澤田直子師

主題聖句 「食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、『ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか』と言われた。」 ヨハネによる福音書21章15節
 一晩の不漁に疲れた弟子たちに、主は朝食を用意して待っていてくださいます。「我らに日用の糧を今日も与えたまえ」と祈るように教えた主は、祈りに答えてくださるお方です。
 そうして肉体の疲れが癒された後に、イエス様はペトロと向き合います。三度イエス様を否んだペトロに、「わたしを愛しているか」と問われるイエス様。何と愛にあふれた問いでしょうか。
 もしこれが、悔い改めたか、とか、清められたか、と尋ねられたらペトロは答えられなかったでしょう。ペトロの言葉や行いがどうあれ、イエス様を愛していたことだけは間違いなかったのです。この問答は三回繰り返されます。三度目にペトロは悲しくなった、とあります。
 おそらく、三度イエス様を「知らない」と言った自分の姿をありありと思い起こしたのでしょう。わたしたちが、主に向き合って赦しを受けるのは恵みであると同時に悲しい事なのです。こんな者のために、主は命を捨てられたのか、という思い。赦された確信を持つために、主はわたしたちの罪の輪郭をくっきりとお見せになります。
 しかし、この悲しみは力に変わります。第二コリント7:10「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。」とあります。
 イエス様の復活は、そのまま、創世記の繰り返しです。ペトロは罪をゼロに戻していただいて新たに生まれ変わりました。そのために主がお確かめになったのは、ただ「わたしを愛しているか」ということのみでした。神の力は弱さの中にこそ完全に働きます。わたしたちの答えもペトロと同じです。わたしたちが主を愛していることを、主はご存じです。
📢音声

わたしの主、わたしの神よ

ヨハネによる福音書20章24~31節

澤田 武師

主題聖句 「イエスはトマスに言われた。『わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。』」 ヨハネによる福音書20章29節
 弟子たちがイエス様を見たと言っても、トマスは自分自身が納得しなければ、決して信じないと断言しました。八日の後、「弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、『あなたがたに平和があるように』と言われた。」イエス様は再び弟子たちの真ん中に立たれ、トマスの前に復活なさったお姿を現されました。
 「あなたがたに平和があるように。」それは、ユダヤの日常の挨拶でしたが、復活されたイエス様は、今弟子たちに向かって、神様の救いの御業が成就したことを伝えるお言葉として語られました。
 この時までトマス一人だけが、復活のイエス様にお会いすることが出来ませんでした。イエス様はお言葉をもって、トマスに迫ります。圧倒的な事実の前に、彼は心を打ち砕かれます。もう、お体に触れることはどうでもよいのです。トマスは、信仰告白をもって応答します。それは礼拝そのものです。
 この出来事は、キリスト教の礼拝がここに始まったことを意味しています。毎日曜日をイエス様が復活された喜びの日として、この朝も礼拝を捧げることに続いています。
 閉じ込められている現実にも、イエス様は訪ねて来てくださいます。今は共に集って礼拝をお捧げすることはできませんが、それぞれの家庭に、イエス様は訪ねて来てくださっています。そこは日常が行われる場所です。その日常の中に、礼拝は開かれます。それぞれのご家庭で守られています礼拝に、「平和があるように」と、変わらずにイエス様は、私たちを礼拝へと招いてくださいっています。トマスのように、イエス様を直接見ることは適いませんが、それぞれがお捧げしています礼拝を「見ないのに信じる人は、幸いである。」と言ってくださっています。今、家庭礼拝として、この朝も礼拝を守っておられる方々の上に幸いがありますように。所は異なりますが、共に「わたしの主、わたしの神よ」と告白する礼拝を感謝いたします。
📢音声