2016年度

賛美が響く夜

使徒言行録16章16~25節 澤田武師 主題聖句 『真夜中ごろ、パウロとシラスが賛美の歌をうたって神に祈っていると、ほかの囚人たちはこれに聞き入っていた。』   16章25節  女性の奴隷は、リディアとは正反対な境遇の中 …

2016年度

主が心を開く

使徒言行録16章11~15節 澤田直子師  フィリピの伝道はたいへん順調に進み、「パウロが最も愛し、パウロを最も愛した教会」などと言われました。当時のマケドニア州にはユダヤ人の会堂がありませんでしたので、ユダヤ人は、川の …

2016年度

真理の霊が導く

ヨハネによる福音書16章4~15節 澤田直子師  ペンテコステとはギリシャ語で50日目という意味です。小麦の収穫を祝って初穂を献げるユダヤの祭事でした。使徒言行録によれば、この日エルサレムで祈っていた主イエスの弟子たちに …

2016年度

伝道の幻を見る

使徒言行録16章6~10節 澤田武師 主題聖句 「マケドニア人に福音を告げ知らせるために、神がわたしたちを召されているのだと、確信るすに至ったからである。」  〈10節b〉  5月第2主日は、「母の日」です。「母の日」は …

2016年度

テモテとの出合い

使徒言行録16章1~5節 澤田武師  主題聖句 「パウロは、このテモテを一緒に連れて行きたかったので、その地方に住むユダヤ人の手前、彼に割礼を授けた。」 〈3節〉  第二回目の宣教旅行は、パウロの宣教活動に生涯関わった弟 …