地の塩として

コロサイの信徒への手紙3章1~11節

澤田直子師

主題聖句 「造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされて、真の知識に達するのです。」 コロサイの信徒への手紙3章10節
 昨年5月31日、ペンテコステ礼拝から、教会での礼拝を再開し、人数を分散するために午後に第三礼拝を捧げることにしました。それから約一年、教会とは何かを考えて来たように思います。
 神学的には「教会とは何か」実践的には「教会とはどうあるべきか」という命題は、後者のほうが難しいように思います。人間の集まりですから、そこには自我のぶつかり合いが生じます。パウロは「上にあるものを求めなさい」と勧めます。5節「貪欲は偶像崇拝に他ならない」物質への欲望だけが貪欲ではありません。わたしたちは何と思い通りにならないことにいら立ち、8節「怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉」のような、必要のないものに苦しめられることでしょうか。
 9節「古い人をその行いと共に脱ぎ捨て」かつて、地上のことに心を奪われて、自分の欲求を満たすことを中心において生きて来た、そんなわたしたちのために、イエス様が命を捨ててくださいました。
 ペンテコステの日、聖霊が降ると、弟子たちは一斉によその国の言葉で福音を語りだしました。聖霊の力は、相手に通じる心と言葉をもって、真理を語らせたのです。さて、わたしたちは、相手に伝わる言葉を選んでいるでしょうか。自分を守る言葉、相手を負かす言葉、時には沈黙で、目の前の誰かを傷つけていることがないでしょうか。
 イエス様は、聖霊を受ける信仰者を「地の塩、世の光」と言われました。イスラエルの塩は岩塩ですから、一見すればただの岩です。それは切り出され形を整えられて、必要とするところに運ばれます。信仰者もまた、そこにいて、ありふれた一人の人のようでいて、神に選ばれ、切り出され、整えられて用いられる者とされます。教会に集うわたしたちは、新しくされ聖霊の力を受けて、世に遣わされて行きます。地の塩として出て行きましょう。
📢音声

主の御名をおく所

列王記上8章27~30節

澤田直子師

主題聖句 「わが神、主よ、ただ僕の祈りと願いを顧みて、今日僕が御前にささげる叫びと祈りを聞き届けてください。」 列王記上8章28節
 列王記上8章は、ソロモン王が即位して4年目に基礎を据え、そこから7年かけて作り上げた壮麗な神殿を奉献した際にソロモン王が奉げた祈りです。王の権威をいたずらに誇示することなく、イスラエルの民への愛が満ち、足が地についた素晴らしい祈りです。
 祈りの初めにソロモンは「心を尽くして御前を歩むあなたの僕たちに対して契約を守り、慈しみを注がれる神よ」(23節)と呼びかけます。信仰者が心を尽くして神の御前に出ることと、神が慈しみを注がれることは対になっています。どちらか一つでは成り立ちません。
 神は天地を創造されたお方で、その力も愛も恵みも無限のものです。しかしそれを受けるわたしたちは、有限の存在です。無限のものと有限のものがどうやってお互いを知り聖なる交わりに入るのか。神はその場としてソロモンの神殿に「わたしの名を置く」と約束してくださいました。
 神殿を建てたソロモン自身が、そこに神が住まわれるとは考えません。その壮麗さや偉大さは人間の作るものでは表せない、神は偶像ではないのです。しかし神の名がそこに置かれるなら、信仰者は神が高い天にいまして祈りを聞いてくださると信じて平安を得ることができます。
 現代では、教会がその役目を果たします。教会をギリシャ語で「エクレシア」と言います。これは場所や建物を表す言葉ではなく、「集まる」状態を表します。それも、ただ集まるのではない、「呼び集められた者」が集うことを意味します。わたしたちが主日ごとに教会に集うのは、神の聖なる御名の下で神の平和をいただき、信仰の友と共に喜ぶためです。
 また、神の声を新たに聞いた人を迎え入れて、神の御前に案内するためです。ソロモンの祈りのごとくに、愛する人、心にかけている人のために、神の御名が置かれたところへはせ参じて祈るのです。祈りは、神様の存在を近いものにし、祈る者を変えていく力、祈る者を通して、世を変えていく力を持ちます。神の平和と光を身に帯びて、世に遣わされて行きましょう。
📢音声

ペヌエルと名付けた

創世記32章23~33節

澤田 武師

主題聖句 「ヤコブは、『わたしは顔と顔とを合わせて神を見たのに、なお生きている』と言って、その場所をペヌエル(神の顔)と名付けた。」 創世記32:31
 “ヤコブ”という名前は、双子の兄エサウの“かかと”をつかんで生まれてきたことから、母リベカが名付けました。母リベカに双子の兄弟が宿った時から、ヤコブと兄エサウとの駆け引きは始まっていました。彼の前半生は、“争う者”、“奪う者”と呼ばれてもおかしくないものでした。その結果、故郷を離れて“逃亡者”となります。彼の人生には、“争い”が絶えずありました。
 今、神様の御意志によって故郷へ帰ることは、彼が“神様を欺いた者”であったという事実ともう一度対面することを意味します。ヤコブは独りヤボクの渡しに残り、兄エサウに会う前に改めて、神様の臨在を求めます。
 その時、その人との格闘は夜明けまで続きました。“その人”は神様です。この格闘は神様のシナリオです。神様はヤコブの苦しみも悲しみも共にするために、ヤコブと同じ人の姿をとって、ヤコブに挑みました。神様はここまでもヤコブに寄り添ってこられました。この格闘には、初めから敗者は存在しませんでした。神様は、明け方が近づいたから終わりにしたいと、御自身に不利な状況を示されます。こうしてヤコブは格闘には勝利しました。
 過ぎ去ろうとしているその人を、ヤコブは、「祝福してくださるまでは離しません。」と叫び、足が動かなくなってもその手を離しませんでした。“神様に背いた者”から“神様の元へ戻ろうとする者”となる祝福を得るためです。
 神様が新たに命を与えてくださり、再び、歩み始めることが出来る。ヤコブはここを「ペヌエル」(神の顔)と名付けました。ヤコブの信仰の原点です。
ヤコブは足をひきずっていましたが、心には神様からの祝福を得た確信を抱き、先頭に立ってエサウの元へ向かいます。
 イエス様は『はっきり言っておく。アブラハムが生まれる前から、わたしはある。』と語られました。ヤコブに救いの手を差し伸べてくださったのは、イエス様ではなかったでしょうか。私たちには、十字架を通して、はっきりとお姿を現してくださいました。私たちには、私たちの救い主“イエス様”のお名前が示されています。神の顔を仰ぎ、祝福を求める者となりましょう。
📢音声

さあ、豊かに湧き出る

創世記26章15~25節

澤田 武師

主題聖句 「イサクは、そこに祭壇を築き、主の御名を呼んで礼拝した。彼はそこに天幕を張り、イサクの僕たちは井戸を掘った」 創世記26章25節
 イサクは飢饉を逃れて、ゲラルの谷のペリシテ人アビメレク王の元に寄留します。寄留者であったイサクは、神様に祝福されて、前にも増して豊かな者とされました。
 しかし、イサクの豊かさはペリシテ人を“ねたむ者”に変え、彼らは一緒には住めない者となりました。イサクはゲラルを出て行きます。
 イサクはペリシテ人がアブラハムの死後に塞いだ井戸を、命の糧の水を得るためもう一度掘り直します。神様は、イサクの信仰を再度掘り起こすために忍耐を備えられ、その応答に、祝福として豊かに水を湧き出されました。
 しかし、ゲラルの羊飼たちは、その祝福をも奪いに来ました。祝福が“争い”に“敵意”に変わります。それでもイサクは井戸を掘り直し続けます。イサクは自分の信仰生活を記念するように、争いのあった時には「エセク」と、敵意を抱いた時は「シトナ」と、掘り直した井戸に名付けてきました。
 そして、新たに神様の祝福を探し求めたイサクは、ついに争いが起こらない井戸(レホボト)へと辿り着きました。
 彼はベエル・シェバに上ります。そこで神様は改めてアブラハムに約束された祝福は変わらないこと、イサクがその祝福を継承したことを示されました。
 イサクは祭壇を築き、井戸を掘りました。信仰と生活の基を置きました。祝福と困難が繰り返される歩みは、イサクに備えられた、神様の信仰訓練の時となりました。
 イサクはアブラハムの豊かな財産を受け継いでいます。それは、一見不足が無い、安泰な生活を引き継いだように見えます。しかし、彼は飢饉にあえば行く道を変えて、権力者に会えば、都合の良いことを言って、その場から逃れようともします。人間的な弱さが見えます。
 私たちの目には、困難に塞がれ、覆いつくされたように見えても、その下には神様の祝福、命の水が永遠に流れていることを信じましょう。命の水を湧きあがらせるまで、何度も掘り直す信仰を持ちましょう。
📢音声

憐れみ深い主

詩編103編1~13節

澤田直子師

主題聖句 『天が地を超えて高いように慈しみは主を畏れる人を超えて大きい。』 詩編103編11節
 詩編103編から108編までは賛美の詩が続きます。その中でも103編は旧約聖書中最も美しい詩であるとたたえられています。普通、賛美の詩は、会衆に「さあ、一緒に神をほめたたえよう」と始まるものですが、103編は静まって自分の魂に語りかける言葉から始まります。
 旧約時代には、神と顔を合わせたら、神の清さに打たれて死んでしまうと考えられていました。しかし作者は、神と一対一の時間を持とうとしています。これは信仰そのものです。3~4節で、わたしの罪をことごとく赦してくださった、と信頼しているので、神の御前に出ていくことができます。まるで、イエス・キリストの十字架の贖いを知っているかのようです。
 5節の「鷲のような若さ…」はイザヤ書からの引用と思われますので、「ダビデの詩」は本当ではなく、おそらく捕囚時代の詩と思われます。ここで、作者は、何か個人的な苦難に襲われたのでしょう。旧約時代、苦難や病は神様からの罰を受けていると考えられました。捕囚は典型的な罰の形でした。
 しかし、彼がその悲しみ苦しみを神の前に注ぎだして祈った時、神はことごとく赦してくださった。彼は神の憐みの深さを思い知りました。神の赦しを体験した作者は、自分の苦難は神の罰と思っていたけれども、今や、神の愛を知るきっかけであったのだ、と目を開かれました。
 キリスト教神学では、神の憐みを「はらわたがちぎれるような思い」と形容します。神様はわたしたちの悔い改めを上から見て赦すのではなく、同じ痛み苦しみを共に味わいながら赦してくださるのです。
 わたしたちは、かつては、船を出して嵐にあったら、うろたえおののき、泣き叫ぶ者でした。神の憐みを知った今は、嵐を鎮めるお方を知っており、信じています。神殿の至聖所を囲う垂れ幕は既に裂けて取り除かれています。わたしたちは神様の前にまっすぐにためらわずに行くことができます。内にあるものがこぞって主をたたえ、賛美しつくす喜びを持って、出て行きましょう。
📢音声

希望と喜び

ペトロの手紙一1章3~9節

澤田直子師

主題聖句 「あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています。」 ペトロの手紙一 1章8節
 ペトロの手紙とある通り、イエス様の弟子であったペトロが、各地に散らされて住み着いた信仰者に向けた手紙です。手紙の中には、何度も、信仰者はこの世の寄留者であり、仮住まいであることが記されています。ペトロの手紙が書かれたのは紀元63年ごろですが、十字架と復活から30年経っていますので、実際にイエス様の復活を知っている人々は減っていました。しかし反比例するように、福音を信じる人々は、異邦人の中にも増えていきました。
 4節にあるように、『朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ』という幸いを求めて、偶像から離れ、まことの神に依り頼む歩みを選んだのです。「朽ちず」とは死なないこと、「汚れず」とは罪のないこと、「しぼまない」は永遠を表します。
 6~7節には、今しばらく試練に悩むかもしれないが、それは「あなたがたの信仰は、その試練によって本物と証明され」とあります。続く「火で精錬され」とは、詩編にも出てくる比喩的な表現で、不純物が取り除かれ、より価値の高いものに変えられることを表します。
 今、わたしたちは、自分を「生ける聖なるいけにえ」とするのに、様々に悩み労苦しています。その苦労の割には、実を結んでいないと感じる時もあるでしょう。しかし、主の再臨の日には、それらの苦労によって不純物が取り除かれ、主の喜ぶ供えものとして御前に立つことができるのです。これが3節にある「生き生きとした希望」です。生きているものは、必ず変化します。そして、一つ変化が起こると、すべてが揺さぶられます。その中にあってさえ、信仰者は、見たことのないキリストを愛し、信じ、喜びを持つことができるのです。
 天には、すでにわたしたちのものとなった、朽ちず、汚れず、しぼまない財産が用意されています。希望を抱いて歩みましょう。
📢音声

さあ、目を上げて

創世記13章8~18節

澤田 武師

主題聖句 「さあ、この土地を縦横に歩き回るがよい。わたしはそれをあなたに与えるから。」 創世記13章17節
 ここで、注目したい御言葉は、「さあ、目を上げて」という言葉です。ロトもアブラムも「目を上げて、改めて眺めた。」そこに、選ぶべき道を見ました。
 ロトの目には、「ヨルダン川流域の低地一帯」が、豊かに潤った、住みやすい土地であると映りました。聖書は決して、良き方を選ぶことが間違いであるとは言っていません。聖書は何に近づく選びなのかを注意するように、と示しているのです。
 「ロトの選び」は神様の約束の地「カナン」から離れて行きます。神様の豊かさの中にありながら、そこに住む人々は罪を選びました。その後、神様に滅ぼされたソドムの町にたどり着いたことを記しています。ロトはアブラムから離れて、そして神様からも離れてゆく道を歩み始めました。
 「アブラムの選び」は、「さあ、目を上げて。」神様の御言葉から始まります。アブラムはロトに、自分の後継者としての希望を持っていたでしょう。ロトが去り、アブラムは失意の故にうつむきます。そのアブラムに神様は再び約束を示してくださいました。失意の中で神様に出会う。そう考えると、私たちの失望も、神様の道を選ぶために与えられた時であると言えます。
 神様は「あなたがいる場所から東西南北を見渡しなさい。」アブラムは改めて見廻します。そこには「神様が約束された土地」がありました。それは神様が備えられた恵みであり、平安でもある、「見える限りの土地をすべて、永久にあなたとあなたの子孫に与える。」との約束がありました。
 信仰者の「選び」は、「一つの事から、一つを選ぶ」ことです。神様に従うことは、神様のみ旨を信じて、行うことです。それには「神様のみ言葉を選び続け」なければ「従い」続けたことにはならないのです。
 神様は私たちにも、「目を上げて、見渡しなさい」と、問われています。本当に選び取らなければならないものを「選んでいる」でしょうか。それが、神様から示されている道でしょうか。選び取って行きましょう。
📢音声

イエス様の復活

マタイによる福音書28章1~10節

澤田 武師

主題聖句 「あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。」 マタイによる福音書28章6節
 イエス様の「復活」は、確かに神様のご計画でした。誰も経験していない「死」からの復活が事実として示されました。イエス様は、十字架刑のお苦しみから、死を打ち破って復活されました。イエス様の復活は、人類の歴史上ただ一度、全てを覆い終わらせてしまう「死」が打ち破られたことを意味します。
 信仰者はイエス様の復活を受け入れ信じます。死は全ての終わりではない。死への「恐れ」を捨て去ることから新しい生命が始まります。そして「復活」を信じる者の恐れには限りがあり、そこを超えて、永遠の命を与える「喜びへと変えてくださった」確信となってゆきます。
 教会は、どの時代にも、イースターをお祝いする礼拝を捧げ、イエス様の復活の喜びと新たな命のメッセージを伝え続けていくことが、永遠の使命です。
 マタイは、イエス様が復活された朝に「大きな地震、天使の降臨、墓が開けられた」と、記しています。「地震」は、古い秩序が揺り動かされ、新しい時代が開かれたという神様の証しです。塞がれた墓が打ち破られた。死が打ち破られた。これらの出来事は、福音の時が始まった証しです。
 女性たちは「恐れながら大いに喜び」、天使に託された言葉を、男の弟子たちに伝えるために、急いで帰ろうとします。その女性たちの目の前に、イエス様はそれまでと変わらない愛をもって現れてくださいました。肉の体をもち、言葉をかけられました。こうして女性たちは、イエス様が復活された事実を、理解できる形で体験しました。
 イエス様の「おはよう」との挨拶は、動詞の「喜ぶ」という言葉の命令形「カイレテ」です。イエス様は「喜べ」と女性たちに命じました。復活の主と出会った証人、良き知らせを告げる者として、彼女たちに新たな使命を与えます。
 イエス様が復活されたことは、神は全ての恐れを喜びへと変えてくださった、ということです。これこそが福音です。信じましょう。ここに良き知らせがあります。喜びの知らせがあります。
📢音声