共に喜び祝え

申命記16章9~17節

澤田直子師

主題聖句 「あなたの神、主があなたの収穫と手の業をすべて祝福される。あなたはただそれを喜び祝うのである。」 申命記16章15節bc
 申命記は、モーセの告別説教とも言われ、モーセが自身の死を前に民に言い残していく言葉で、「申命」とは「もう一度命ずる」という意味です。16章は、ユダヤの三大祝祭と言われる、「過ぎ越し祭」「七週祭」「仮庵祭」の意義と祝い方を教えています。このうち「過ぎ越し祭」は出エジプトを記念した宗教的な行事ですが、定着したのはヨシヤ王の時代以降と言われています。
 「七週祭」「仮庵祭」は収穫感謝の祭りで、ユダヤ教の成立以降から民族の祭りとしてあった収穫感謝の行事に、ユダヤ教的な意義が付け加えられて今日に続いているものと考えられます。
 「七週祭」は今なら6月の初旬から中旬、パレスチナでは小麦の収穫を祝う頃、新約・使徒言行録ではペンテコステとして教会の誕生の日に位置付けられます。「仮庵」はぶどうやオリーブの実の収穫、絞る作業の終わりを祝う祭りです。畑が家から遠いので、仮小屋を作り寝泊まりして農作業をし、それが無事に終わって、仮小屋を片付けて家に帰ることを喜ぶ祭りです。農業従事者が少なくなった現代でも、ユダヤ教の人々は木の枝で仮小屋を作って、泊まったり食事をしたりするそうです。
 16節以降では、イスラエルの男子はこの三大祝祭にはエルサレムに詣でなければならないとありますが、それではあまりに負担が大きく、生活が成り立たないので、次第に3つのうちの1つは、一生に一度は、エルサレム近郊に住む男子は、と緩められていきました。
 これらの祭りの本来の意義は、14節にある、「共に喜び祝う」ということにつきます。聖書は「共に」ということを強調します。神の救いが人を差別しないように、人の祭りも、差別をせず共に喜び祝うことが目的なのです。ネヘミヤ記8:10「主を喜び祝うことこそ、あなたがたの力の源である」すべてを備え祝福してくださる神様への感謝、分かち合う隣人がいる喜び、喜び祝うことによって心の内に与えられる力、この三つの喜びが収穫感謝です。
📢音声

なすべきことは一つ

フィリピの信徒への手紙3章12~16節

澤田直子師

主題聖句 「神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです。」 フィリピの信徒への手紙3章14節
 「信仰義認」という神様からの大きな恵みに対して、信仰者はどうすれば良いか、ということが主題になります。結論から言うと、何もできません。わたしたちのうちには、自分に対しても誰に対しても「義とする」権限はありません。それは神とイエス・キリストにのみある権限です。
 パウロはこのことを証だてるために、自分が学んできた知識を総動員して論理的に語ります。パウロの伝道圏は地中海を真ん中にしたギリシャ語圏でした。当時のほぼ世界中の、イエス様については何一つ知らない人々に、十字架と復活による神の救いを伝えるのですから、誰がどう聞いても納得がいく論理が必要でした。しかしパウロは自分の知識を表わしたいわけではなく、福音を宣べ伝えたいのです。コリント一9:16では「福音を告げ知らせないなら、わたしは不幸なのです」と告白しています。
 パウロは信仰生活をたびたび競技に例えます。この頃には古代オリンピックや都市ごとの競技会があり、そのに出場するために節制し鍛錬して備える選手は、民衆の憧れとなり、尊敬されました。どんなアスリートでも、一歩踏み出さなければ次の一歩は出せません。また、自分で自分のゴールを設定したら競技失格です。自分勝手なコースを走っても失格となります。パウロはこれを例にとって、信仰者がやるべきことは、まず目標(神の国)を定めること、それを決して見失わないこと、後ろを振り返ることなく、目標に向かって進むことだと勧めるのです。
 しかしパウロは「それを既に得たのではなく」と言います。パウロを励ましたのは、自分は得ていないが、キリストは自分を得ているという確信でした。全ての信仰者は発展途上です。神の国に入るその日まで、到達したところから次の一歩を踏み出すことが勧められます。なすべきことは一つです。
📢音声

イエス様と子どもたち

マルコによる福音書10章13~16節

澤田 武師

主題聖句 『はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。』 マルコによる福音書10章15節
 「イエス様に触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。」子どもたちの成長を宗教指導者のラビに祈ってもらうことは、ユダヤの慣習でした。
 ユダヤ人社会では、子どもは“律法に関しては無知であり、それゆえ、律法に照らして神の前に功績を持ち得ない者”と見られていました。存在だけでは祝福を受けることから除外された者、だからこそ親の愛は必要になります。この愛が子どもたちをイエス様のもとへと連れて来ました。
 弟子たちは、子どもたちを連れて来た人々を叱り、近づくことを拒みます。この時既に弟子たちは、十字架の預言を聞いていますが、「弟子たちはこの言葉が分からなかったが、怖くて尋ねられなかった。」と不安の中に居ました。
 これ以上厄介なことが起こるかことを避けたい。イエス様を労り慕う弟子たちの愛が、彼らに行動を起こさせました。イエス様は弟子たちに、たとえ愛からの行いであっても、如何なることも神様の祝福を妨げる理由とはならないと教えました。
 「子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない。」子どもたちはただ神様の愛にすがる者、自らの努力ではなく、神様の愛を信じることでしか生きてゆけない。“神の国”とは“神様が王として恵と力を持って支配されること”であり、イエス様が来られたことにより既に始まっている。その意味では、自分たちの愛、人間的な愛と考えを優先する弟子たちには、神の国に入る資格はないと告げます。弟子たちの行い、この世の在り方はイエス様が「憤り」を覚える時となりましたが、イエス様は、それを祝福へと変えられました。
 イエス様に触れていただくだけでも、との親たちの思いはその願いを超えてイエス様が手を置かれて、祝福の祈りへとさらに増し加えて応えられました。
 それは、すべての人にも与えられた祝福となりました。その光景は子も大人も一緒に祝福に満ち溢れた時を表します。“祝福は増し加えて与えられる”ということです。神の国へと招かれている者として喜びの内に歩みましょう。
📢音声

何事にも時がある

コヘレトの言葉3章1~11節

澤田 武師

主題聖句 「神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業を初めから終わりまで見極めることは許されていない。」 コヘレトの言葉3章11節
 「何事にも時があり天の下の出来事にはすべて定められた時がある。」と、この世で起こる出来事の全ては神様が「定められた時」、神様の時であるとコヘレトは言います。コヘレトが示した「時」は、誰の人生にも、いつの時代にも起こる出来事の一部であり、コヘレトは、それぞれの時が良い時なのか、悪い時なのか、判断や評価を表しません。信仰者はこの時を必然、神様のみ旨と受け止めます。神様が備えられた時の中に私たちは生きています。また、信仰者でない人たちは、それを偶然と呼び、時には運命として諦めて受け止めます。
 それでも神様は「永遠を思う心を与える」、私たちに永遠を示してくださるとコヘレトは言います。「永遠」という言葉には「物事の内に隠されているもの」という意味もあります。永遠を思う心とは、この世の時の中には神様が居られ、出来事の本質は神様が起点となって起こることを知る、ということです。永遠を思う心を与えられ、そこに私たちは生かされているのです。
 「それでもなお、神のなさる業を始めから終わりまで見極めることは許されていない。」とコヘレトは言います。コヘレトはイエス様を知りません。ここに旧約の限界があります。しかし、私たちはイエス様を知っています。イエス様の十字架の贖いと復活を信じる者に、神様は永遠の命を与えられ、神様の御心を示されました。
 私たちは誰でも必ず‟天に帰る時“がきます。また、天に帰る人々を‟見送る時”があります。その時がいつ来るのかは神様のみがご存じです。いつの世にも、どんな場にも、神様の厳正な「時」があります。
 聖徒の日は「永遠を思う心を与えられた者」であることを確信し、既に天に帰られた‟聖徒の方々と共に礼拝を守る時“です。‟十字架を見上げる時”、かつての聖徒の方々は、信仰者として永遠に存在しておられることを確信する、‟福音を聞く時”です。私たちに赦された信仰者としての地上の歩みを、歩み切りましょう。
📢音声