2010年度

平和の道に続く坂

ルカによる福音書19章37~44節  人間の罪の為に主イエスが十字架に架けられる最期の1週間は、エルサレム入城から始まります。罪なき神の御子が犯罪人として鞭打たれ、十字架に架けられ、私達の身代わりとなって地獄へと降る道を …

2010年度

大いなる約束

コリントの信徒への手紙二 6章14節~7章1節 緒 旧新約聖書は様々な神様の約束にみちています。   その中で最も大きな約束は神様ご自身が私達の内にお宿りになつて下さるということです。 本論 A)その約束が与える恵み   …

2010年度

キリストの日に備えて 

フィリピの信徒への手紙1章1~11節  人は自分の死の為の準備をしますが、聖書ではもっと重要な日を迎える準備をするように、と語っています。「あなたがたから離れて天に上げられたイエスは、天に行かれるのをあなたがたが見たのと …

2010年度

相手に近づける人間

エフェソの信徒への手紙4章25~32節  「神の聖霊を悲しませてはいけません」(30節)神は互いに愛し合いなさい、と繰り返し仰せられますが、人は自分の目の中の丸太が見えずに他人のおが屑が目につくもので、何らかの形で虚偽・ …