2020年度

わたしを愛しているか

ヨハネによる福音書21章15~19節

澤田直子師

主題聖句 「食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、『ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか』と言われた。」 ヨハネによる福音書21章15節
 一晩の不漁に疲れた弟子たちに、主は朝食を用意して待っていてくださいます。「我らに日用の糧を今日も与えたまえ」と祈るように教えた主は、祈りに答えてくださるお方です。
 そうして肉体の疲れが癒された後に、イエス様はペトロと向き合います。三度イエス様を否んだペトロに、「わたしを愛しているか」と問われるイエス様。何と愛にあふれた問いでしょうか。
 もしこれが、悔い改めたか、とか、清められたか、と尋ねられたらペトロは答えられなかったでしょう。ペトロの言葉や行いがどうあれ、イエス様を愛していたことだけは間違いなかったのです。この問答は三回繰り返されます。三度目にペトロは悲しくなった、とあります。
 おそらく、三度イエス様を「知らない」と言った自分の姿をありありと思い起こしたのでしょう。わたしたちが、主に向き合って赦しを受けるのは恵みであると同時に悲しい事なのです。こんな者のために、主は命を捨てられたのか、という思い。赦された確信を持つために、主はわたしたちの罪の輪郭をくっきりとお見せになります。
 しかし、この悲しみは力に変わります。第二コリント7:10「神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。」とあります。
 イエス様の復活は、そのまま、創世記の繰り返しです。ペトロは罪をゼロに戻していただいて新たに生まれ変わりました。そのために主がお確かめになったのは、ただ「わたしを愛しているか」ということのみでした。神の力は弱さの中にこそ完全に働きます。わたしたちの答えもペトロと同じです。わたしたちが主を愛していることを、主はご存じです。
📢音声