2019年度

願いなさい。喜びなさい。

ヨハネによる福音書16章16~24節

澤田 武師

主題聖句「今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」 ヨハネによる福音書16章24節
 「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる。」イエス様のお言葉には、十字架の受難と復活とが現されています。イエス様は弟子たちに語り続けて来られましたが、弟子たちには、今もお言葉の意味は分かりませんでした。
 「はっきり言っておく」ヨハネによる福音書の特徴の一つを表す言葉です。続きます言葉が、重要なことを伝えています。
 一般には「良い事」は続くことを願いますが、現実には幸いとなるか、災いとなるかは、私たちには予測が出来ません。世に起こる出来事は、互いに関係をもち、相互に変化し続けているということです。
イエス様のお言葉は過去形で記されています。それは必ず成就するからです。イエス様は弟子たちの「今の悲しみ」は、「再びあなたがたと会う喜び」に変わると語られます。イエス様は全てが喜びに変わることを、約束されました。
 「その日」とは、約束の聖霊が降り、弟子たちは使徒として歩み始める時です。聖霊は、イエス様のお言葉を、弟子たちにはっきりと分かるように働かれました。「今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる」との約束です。イエス様の名によって願うことは、喜びへと続きます。
 イエス様の勧めは弟子たちだけでなく私たちにも与えられています。クリスチャンはイエス様のお名前によって祈ることを、願うことを許された者です。また、願いは祈りと続きます。そして、祈りは喜びへと変わります。
 私たちは再びイエス様のお姿をはっきりと見る、再臨の時を待っています。その時がいつ来るのかは分かりません。イエス様は「またしばらくすると、わたしを見る」と弟子たちを励まされました。それは、約束であり全てのものが喜びへと変わる時でもありました。私たちも待ちます。神様の時を待ちます。その時まで祈りと喜びに満たされた歩みをつづけましょう。
📢音声