2015年度

共にいる神

使徒言行録18 章9~11節 安藤廣之師(ミュンヘン日本語キリスト教会牧師) 導入:パウロと言えども、伝道に行き詰まりを感じることはあった。異邦人への使徒とは自覚したものの、それまでのユダヤ人としては彼らの間で伝えること …

2015年度

主の言葉はありがたい

イザヤ書39 章1~8節 佐々木良子牧師  旧約聖書には様々な王の人生が記されていますが、その中で良い評価を受けている王の一人にヒゼキヤという人物がいました。しかし、彼も私たちと同じように弱くて罪深い人間でした。病で死の …

2015年度

確かな祝福をあなたに

使徒言行録13 章24~43節 佐々木良子牧師  パウロたちが語る説教を聞いていた聴衆たちは今まで耳にしたことがない話しだったので深い感銘を受け、「人々は次の安息日にも同じことを話してくれるようにと頼んだ。」(42節)と …

2015年度

約束を果たされる神

使徒言行録13 章13~23節 佐々木良子牧師  いよいよ本格的に伝道が世界宣教へと、第一次伝道旅行に出発したバルナバとパウロの一行は、現在のトルコへと向かおうとしていた時の出来事です。聖霊によって導かれた彼らたちでした …

2015年度

「天の故郷の備え」 永眠者記念礼拝

ヘブライ人への手紙12 章1~13節 佐々木良子牧師  今年も信仰の先達者を覚えて感謝の礼拝をお捧げしていますが、同時に私たちもこの世の歩みを終えて天に戻ることをも思わされます。日々の生活が既に神によって与えてくださって …