目を覚ましていなさい

ヨハネの黙示録3章1~6節

澤田 武師

主題聖句 「目を覚ませ。死にかけている残りの者たちを強めよ。わたしは、あなたの行いが、わたしの神の前に完全なものとは認めない」 ヨハネの黙示録3章2節
 サルディスの町は、切り立った絶壁に囲まれた高原に建設された難航不落の要塞都市でした。また、羊毛の染色技術の発明が利益を生み、町は豊かさで溢れました。紀元前6世紀には、世界屈指の都市の一つと呼ばれています。そのせいか外敵からの脅威には油断し、豊かさが住民のおごり高ぶりを生みました。結局、サルディスの町は二度外国に支配され、この手紙が書かれた時代には、目立たない価値の無い町となりました。栄華と衰退の歴史をもった町です。
 この町に信仰が伝わった詳細は分りませんが、一世紀には教会が生まれており、熱心に信仰を守る人々がいたようです。サルディスの教会には外部からの迫害もユダヤ人からの妨害も無かったと言われています。後代には大司教の座も置かれていました。この世の平安、平穏の中で「生きていた」教会でした。それは同時に、教会が住民気質の影響を受けて、信仰の世俗化が進んでいたということです。その結果、教会は誰からも関心を持たれない存在となりました。
 サルディスの教会には、聖霊によって結ばれる信仰の実は成りませんでした。それは「名ばかりの教会」であって、信仰は「死んでいる」とイエス様は言われます。しかし、叱責のお言葉の中にも、イエス様はサルディスの教会を愛しておられます。
 「目を覚ませ。」イエス様は再び「信仰に生きている教会」を立て上げるために、「死にかけている残りの者」を励まし続けることこそ、教会の業であり神様の前に完全な者として歩む者の姿であると告げます。
 私たちも目を覚まして信仰生活をおくりたいと思います。真剣に神様の恵みを求めることを生涯続けたい。イエス様と共に歩く。信仰を「どのように受け、また聞いたかを思い起こして、それを守り抜き、悔い改めよ。」これが成長する信仰者の姿です。「気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。」(マルコ13:33)耳ある者は聞きましょう。再臨を信じ、待ち望み備えて歩む。生きている教会の姿です。
📢音声

自分の義ではなく

フィリピの信徒への手紙3章1~11節

澤田直子師

主題聖句 「わたしには、律法から生じる自分の義ではなく、キリストへの信仰による義、信仰に基づいて神から与えられる義があります。」 フィリピの信徒への手紙3章9節b
 3章の始めに「同じことをもう一度書きますが」と前置きして、パウロはフィリピの手紙の主題でもある「喜びなさい」と語りかけます。信仰によって義とされたことを根拠とする喜びです。ここの主題は「信仰義認」しんこうによってのみ義とされる、ということです。
 パウロや使徒たちはもちろん、イエス様もユダヤ教徒でした。そしてこの時代、福音はユダヤ教の分派のように受け取られていました。対してパウロや使徒たちは福音をユダヤ教の完成形であると考えて伝道したと思います。「信仰義認」は新奇な考えではなく、創世記15:6にすでに「アブラムは主を信じた。主はそれを神の義と認められた。」とあります。アブラムが割礼を受けるのはこのずっと後、99歳の時です。
 ユダヤ教徒にとって律法を守ることは生命線です。生まれて8日目に男児が受ける割礼に始まって、食べる物も着る物も、一目見てわかるくらいに徹底して律法に従って生活しました。それがユダヤ人のアイデンティティだったのです。それをパウロは「あの犬ども」と貶めた書き方をします。「よこしまな働き手」とは神のためを装って実は自分のために働く人々、「切り傷にすぎない割礼」はどのみちいつかは朽ちて無くなる肉体のしるしを重んじる誤りを指しています。
 福音はそうではないのです。洗礼を受けたからといって、目に見える何かが加わることも減ることもありません。神様と自分しか知らない、ということさえあり得る。しかし、福音はそここそを重要視するのです。パウロは与えられた神の義に比べれば、自分の人間としての権威は塵あくたのようなものと言います。神の義とは「対価を求めない愛と赦し」です。一方的に与えられた神の義を喜び、言葉と行いで表していきましょう。
📢音声

同労の喜び

フィリピの信徒への手紙2章19~30節

澤田直子師

主題聖句 「だから、主に結ばれている者として大いに歓迎してください。そして、彼のような人を敬いなさい。」 フィリピの信徒への手紙2章29節
 パウロが若い同労者であるテモテに大きな信頼を置いていたのはテモテが自分ではなくキリストを宣べ伝えることを望む青年だったからです。そして、フィリピの教会に気を使わせまいとして、自分が励まされたいからテモテを派遣すると書き送ります。今でいえば問安使でしょうか。
 同時にエパフロディトをフィリピに帰らせることを知らせます。彼は、パウロが投獄されたことを知ったフィリピの教会が、パウロの世話をするために派遣した信徒だったのに、ローマで病気になってしまいました。
 当時のローマは人口密度が高く衛生状態も悪く、たびたび感染症が流行したそうです。知らない土地で病に倒れ、重症になったエパフロディトはどんなに心細い思いをしたでしょうか。それにもまして、フィリピの教会の期待に応えられず、パウロにまで心配をかけていることが彼を悩ませました。パウロもその気持ちを知っていたでしょう。
 29節はパウロの愛があふれた言葉です。役に立ったかどうか、心配をかけたかどうかは関係ない、主に結ばれて主の御名のために働いて、結果的には命をかけることになった、そのことを神は憐れみ助けてくださった。その証としてエパフロディトを受け入れてほしいとパウロは願っているのです。
 使徒言行録9章のパウロの回心の場面、神様は「わたしの名のためにどんなに苦しまなくてはならないかを、わたしは彼に示そう。」と言っておられます。パウロがどんなに偉大な伝道者でも痛みは痛み、苦しみは苦しみです。でもパウロには同じキリストを見上げてキリストのために働きを捧げる同労者がいました。パウロにとってそれは大きな助けになり励ましでした。
 わたしたちにもまた、多くの同労者が与えられています。それは神様が共におられる証です。日本ではキリスト者は少数派ですが、わたしたちの見上げるキリストは偉大な光です。全ての同労者がこの光の内を歩みますように。
📢音声

明けの明星が輝く

ヨハネの黙示録2章18~29節

澤田 武師

主題聖句 「同じように、わたしも父から権威を受けたのである。勝利を得る者に、わたしも明けの明星を与える。」 ヨハネの黙示録2章28節
 現存資料が乏しいため、今ではティアティラの町の様子、教会の姿を知ることは難しい事です。この町は、手紙が送られた7つの都市の中で、最も重要性が乏しいと言われていますが、手紙は7つの手紙の中で最も長文です。
 ティアティラには特産の毛織物、染色業などの職業別組合がありました。それは住民の暮らしのすべての面に影響を与え、組合員でなければ、商売をして生活することは困難でした。この世に生きる者と、神様に呼び出された者が同居する町で、ティアティラの教会は世と一線を画し、イエス様を主と仰ぐ信仰に生きようとしました。イエス様はその姿を、愛による奉仕、信仰による忍耐、成長しつつある教会、と温かい言葉で称賛しておられます。
 しかし、教会内部にもこの世との妥協、偶像礼拝を黙認する異端の働きが入り込みました。信仰の本質的な問題により教会は存続の危機にあります。その様子を、「あなたがたは大目に見ている」とイエス様は教会の罪を示されます。そして既に裁きを実行する準備ができていることを告げます。
 一方、使徒言行録にはティアティラ出身の“紫布を商うリディア”という女性が、パウロのフィリピ伝道の際に、神様の御心と確信して関わったことが記されています。神様は、信仰を固く保つ者一人一人に、真の信仰の光を現わされ、用いられます。
 「目は燃え盛る炎のようで、足はしんちゅうのように輝いている神の子が、」復活のイエス様のお姿です。罪に対する怒りをあらわにし、人の心を見抜き、まことの権威を授けようと言われます。わたしの業を終わりまで守り続ける者には、「明けの明星」を与えるとの約束をされました。
 内憂外患の闇は、いつの時代の教会にもあります。そして、いつの時代も復活のイエス様は「明けの明星」として、罪の暗闇に解放を告げます。私たちが迷い怯えて立ち止まる闇の中でも、イエス様の光は福音の知らせとして輝きます。たとえ闇の中に座していても、主イエス様こそは私たちの光です。
📢音声

あなたの住んでいる所

ヨハネの黙示録2章12~17節

澤田 武師

主題聖句 「わたしは、あなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの王座がある。」 ヨハネの黙示録2章13節ab
 ペルガモンは政治、文化の中心地であり、そこに建つギリシア神話の神々の神殿は、都に相応しい風格を与えていました。その上、歴代ローマ皇帝を神とする偶像礼拝の中心地としても栄えました。偶像の魅力が人々を引き付け、偽りの神々を求めてアジア州各地から巡礼者が集まった町でした。
 13節「わたしは、あなたの住んでいる所を知っている。そこにはサタンの王座がある。」ここで“住む”とは、神様の御心によって住み着く、永住をするという意味があります。ペルガモンの信仰者はこの町に踏み留まり、信仰から離れることはありませんでした。信仰者の生活は、与えられた場所に留まって信仰を証することです。イエス様は彼らの信仰を褒められます。
 一方、彼ら信仰者の中に“バラム、ニコライ派の教えを奉ずる者たち”がいたことも事実です。彼らは激しい迫害から逃れるために、教会の世俗化、教会を世に合わせて行くことを教えていたようです。彼らの心の中に、サタンの王座があります。イエス様を主と告白させない、サタンの誘惑です。
 私たち信仰者は神様の愛に生かされている。だから私たちは愛を証する者として誰かの為に生き、献げたいと願っています。私たちはアガペーの愛を祈りますが、時として些細なことから愛が憎しみへと変わることがあります。私は愛のない者であり、信仰の弱い者であることを思い知らされます。そこをサタンが狙います、信仰者を信仰から離そうとする最強の誘惑となります。私たちの信仰の中にも「サタンの王座」はあるのです。
 「わたしの口の剣でその者どもと戦おう。」手紙はイエス様の勝利宣言で終わっています。口の剣は御言葉です。鋭利な御言葉はサタンをも切り倒します。
 私たちはどれほど兄弟姉妹の住んでいる所を、その信仰生活を知っているでしょうか。イエス様はすべての信仰者の信仰生活を知っていてくださる。これは信仰者に与えられた、変ることのない主の励ましのお言葉です。一方でサタンの攻撃も続きます。サタンは私たちの信仰にも、その王座を作ろうとしています。何が御心であり、何が誘惑なのかを見極めて行きましょう。
📢音声