2020年度

恵みにより信仰によって

エフェソの信徒への手紙2章1~10節

澤田直子師

主題聖句 「事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。」 エフェソの信徒への手紙2章8節
 エフェソの2章は、クリスチャンとは暗闇から光へと出て行く者であることを示しています。2節の「かの空中に勢力を持つ者」とはサタンを表します。サタンは天には昇れず、さりとて地上は人間に与えられた住処ですから、天と地の間をうろうろするしかないのです。神の愛を知る前のわたしたちは、この力に翻弄されていたというわけです。
 これは、行動の良し悪しや、誰でも心の中では悪いことの一つ二つ考える、ということではなく、自分が正しい、自分の思いが実現することが正しい、と考え、そこに向かって進むこと。それが「肉や心の欲するままに行動する」ことです。
 神の本質として、愛と裁きがあります。神は裁きを曲げることはできません。しかし、裁かれてしかるべきわたしたちを、神は愛しておられる。そこで、わたしたちが受けてもよい限度を大きく超えて、神は憐れんでくださいます。これが神の恵みです。
 それを目に見える形で現わしてくださったのが、イエス様の十字架と復活です。罪の死と、新しい命が示されました。
 その愛を信じることが救いとなります。パウロが何度も繰り返す「信仰義認」です。神の大きな憐れみ、恵みに、わたしたちが信仰をもって答える。これが、神様の望まれる交流です。
 ここに自力が入るスキはありません。信仰者は、一生懸命になるほど誘惑に遭います。「こんなに奉仕しているのに」「捧げているのに」と、「のに」が付いてくるのです。「のに」は怒りを生み、神様の御旨を見る目を曇らせます。
 わたしたち信仰者は「キリスト・イエスにおいて造られた」のです。それは、神の憐れみにより頼み、神の愛を信じ、善い業を行って、神様と交流し、神の栄光に加えていただくためです。
📢音声