2020年度

聖霊が降ると

使徒言行録1章6~11節・2章1~4節

澤田 武師

主題聖句 「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」 使徒言行録1章8節
 永遠の命、神の国の存在を四十日渡り語り続けてくださったイエス様を前にしても尚、弟子たちは「主よ、イスラエルのために国を建て直してくださるのは、この時ですか。」と、この方がローマの支配下にあるユダヤを、力をもって解放してくださる時が来たと期待しています。人間の理解の限界です。
 しかし、イエス様はその弟子たちに「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりではなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」と、改めて約束された「聖霊が降る」時まで待つように言われました。
 「わたしの証人となる」、それはイエス様との関係をはっきりと示された者たちのことです。聖霊が弟子たち一人一人に降ると、それぞれが「自分の言葉で福音を語る者」に、人々に「証しする者」へと変えられました。彼らは福音を伝える力を受け、証しする言葉を備えられて、この時から使徒として、地の果てまで遣わされて行きます。
 ペンテコステの日、聖霊は人々を集め、礼拝を整え、御言葉を聞き、共に祈り、持ち物を分け合いました。一人一人の信仰が、この地上にあって誰にでも見える、神様の教会という形となりました。この時から教会は地上に存在し続けます。これからも!教会は神様の真理を伝えるところです。神様の真理によって集められた者が、証しする者が、共に歩むところです。教会は、そこに集う者が、聖霊によって改めて、自分自身が用いられている存在であると示されるところです。なぜ生かされているかを、知るところでもあります。
 神様にとって、あなたは必要なのです。だから先だって聖霊を注いでくださっています。「聖霊様、私の中で働いてください。神様がよく分かるように。イエス様の愛がよく分かるように導いてください」と、祈ってゆきましょう。その時、聖霊は豊かに働いてくださいます。あなたを、神様を知る者へと、証しする者へと変えてくださいます。
📢音声