2020年度

平和があるように

ヨハネによる福音書20章19~23節

澤田直子師

主題聖句 「イエスは重ねて言われた。『あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。』」 ヨハネによる福音書20章21節
 弟子たちが閉じこもった部屋の中でイエス様に出会ったのは、復活の日の夕方でした。その日の朝早く、女性たちが空の墓を見て天使の言葉を聞いているので、弟子たちはイエス様の復活を知っています。それでも、彼らがユダヤ人を恐れる気持ちは強かったのです。その真ん中にイエス様が立ち「平和があるように」と言ってくださいました。
 創世記の初めの「光あれ」を思い出させます。彼らの心は混沌であり、暗闇でした。そこに光がありました。また、イエス様が息を吹きかけられたのも、神がアダムの鼻に命の息を吹き入れられたことを思わせます。創世記2:7「人はこうして生きる者となった。」主の復活は、新しい創世に他なりません。イエス様のお言葉を聞いた弟子たちはどんな気持ちだったでしょうか。
 恐れから閉じこもっていた弟子たちに、イエス様はもう新しい使命を与えます。「父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」かつてヨシュアは、「わたしはモーセと共にいたように、あなたと共にいる。」との神様の御声を聞きました。
 コヘレト1:9「かつてあったことは、これからもあり、かつて起こったことは、これからも起こる」わたしたちが遣わされることは、初めて起こるのではありません。昔から大勢の人が、主の御声を聞き、新しい命をいただいて変えられ、主に遣わされて、仕事で、家庭で、遣わされた場所で、神と人に仕える道を歩んだのです。既にお手本は示されています。
 天の父がイエス様を信頼して送り出し、イエス様は完全な従順をもって従いました。そのように、弟子たちを、わたしたちを遣わす、と主は言われます。遣わされ行く者として、主の平和を求めましょう。わたしたちも復活の主に出会って変えられましょう。インマヌエルの主が共におられます。
📢音声