2019年度

永遠の命とは

マタイによる福音書2章1~12節

澤田直子師

主題聖句「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。」 ヨハネによる福音書17章3節
 17章はイエス様の祈りです。ここまで弟子たちの方を向いて話しておられたイエス様は、「天を仰いで言われた」とあるように、天の父に向けて話し始めます。
 1~5節は、イエス様ご自身について、その使命とその成就について感謝を捧げている祈りです。ヨハネの福音書では、十字架の贖いの死を受難とは考えず、イエス様の地上の行いの中でも最も輝かしい栄光の業であるととらえます。
 実際には、まだイエス様は人間のお体で生きておられますが、もう間もなく弟子たちのもとから連れ去られます。そうなったら、この上なく愛し抜かれた弟子たちを守ることも教えることもできません。しかし、人と人との関係の完成形は、しっかりと結びつきながらも、別の道、それぞれの道を歩んで行ける、というところにあります。弟子たちも、イエス様のお言葉や行いに感心したり驚いたりする時は終わったのです。
 「永遠の命とは…」イエス様が言われた言葉ですから、間違いはありません。ここでの「知る」は知識ではなく体験的に知っていることを指します。わたしたちはそれなりに信仰的な体験を重ねています。しかしそれは、一人の人間の、限定的な体験です。時間にも能力にも限りのある人間が、神とイエス・キリストを体験的に知るなど、できるはずがありません。
 しかし、わたしたちの「わかる」「わからない」は、大して重要ではないのです。肝心なのは、神様が、イエス様が、わたしという人間を隅から隅までご存じだということ、そしてその上で「わたしの目にあなたは高価で貴い」といってくださり、十字架で命まで捨てて救ってくださったということです。それを自分に起きた恵みとして知ることが「永遠の命」です。
📢音声