2019年度

あなたを友と呼ぶ

ヨハネによる福音書15章11~17節

澤田 武師

主題聖句 「わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。」 ヨハネによる福音書15章15節CD
 ザアカイやニコデモ、出血が続いていた女性たちは、イエス様に会う決心を固めて、手段を選びイエス様に近づきました。その時の彼らにとって、イエス様は遠い存在でした。今、弟子たちを前にして、「わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。」と、イエス様は語られます。「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。」このお言葉には、愛し抜かれた弟子たちと共に歩み続けてこられたイエス様の、弟子たちに対して惜しみなく語り続けてこられたお気持ちが表されています。
 「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」イエス様ご自身が、救いを求める者のために十字架に架かられ、生命を差し出してくださいました。そのイエス様が、弟子たちを「友」として選んでくださいました。まことの掟を守る者として、互いに愛し合う者として、信仰の実を結ぶ者として、イエス様は弟子たちをお選びになりました。ここに神様の愛が表されました。
 イエス様と共に歩んできた弟子たちは、十字架の前から逃げ去ってしまいます。友と呼んでくださったイエス様を棄て去ってしまいます。しかし、復活された後イエス様は、「わたしに従いなさい」と、弟子たちを変わらない愛をもって受け止めてくださいました。
 私たちのためにも生命を差し出してくださった方は、私たちをも「友」と呼んでくださるお方です。イエス様は遠く居られる方ではなく、わたしの近くに、共に歩んでくださるお方となられました。
 イエス様はご自分を信じる者すべての「友」となってくださろうとしています。その意味ではこの世には「孤独」はありえません。すでに私たちはイエス様の「友」とされた者なのです。ヨハネの黙示録には「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。」とあります。イエス様は待っておられます。あなたがイエス様の友となるために。扉を開けるのはあなたです。
📢音声