2019年度

神の栄光が見られる

ヨハネによる福音書11章38~44節

澤田 武師

主題聖句 「イエスは、『もし信じるなら、神の栄光が見られると、言っておいたではないか』と言われた。」
        ヨハネによる福音書11章40節

 そこは“死が現実となった場所”です。四日前確かにラザロを葬った墓です。そしてこの日まで、残された者たちの悲しみが表された場所となりました。
 イエス様の「その石を取りのけなさい」とのお言葉に、死んだラザロの姉妹マルタは、「主よ、四日もたっていますから」と必死に止めます。その場に居てイエス様のお言葉は聞いた者たちは驚き、イエス様への疑問を抱きました。墓の石を取り除いて何をなされるのか。暑いパレスチナでは、アッと言う間に、死んだ人を再び会うことに耐えられない姿へと変えてしまいます。「もうにおいます」、人の死のその先に、さらに残酷な現実があることを伝えます。
 墓の石を取り除くことは、今よりもっとはっきりとラザロの死と対面することです。もっとつらくなり、もっと悲しむのです。永遠の悲しみに覆われてしまうでしょう。
 しかし、ラザロの死が現実であることを踏まえて、そこにも「神の栄光が見られる」とイエス様は言われます。神様の栄光は、悲しみに覆われている者たちの“石”を、自らが取り去ることから始まります。イエス様はこの時を待っていたのです。この後の奇跡を受け入れるために必要な時間と考えていたのでしょう。御自身で言われたように「あなたがわたしをお遣わしになったことを、彼らに信じさせるためです」この奇跡に関わった者たちが、イエス様を信じるようになるためです。
 「ラザロのよみがえりの奇跡」は、マルタとマリア、共に歩んで来た人々の切なる祈りでした。そして「わたしの願いをいつも聞いてくださることを、わたしは知っています」。ラザロの友としてのイエス様と、天の父なる神様とは一体である、イエス様が願う事と、神様の御旨は一緒であると言われます。神様は私たちの悲しみ、苦しみの時間に制限を与えてくださいます。
 そこに信仰の勝利を見ます。イエス・キリストの十字架の勝利を見ます。信じる者は、神様の栄光が見られます。イエス様は、この感謝をもって「ラザロ出て来なさい」と大声で叫ばれました。
📢音声