2019年度

心を燃やして

ルカによる福音書24章28~35節

澤田直子師

主題聖句 『二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。』
        ルカによる福音書24章32節

 エマオに向かう二人の弟子に、復活の日の夕方に起こった出来事です。60スタディオンは約11キロ、大人の足で3時間弱の距離です。エマオはおそらくこの二人の故郷か、そこに向かう道筋にある村だったのでしょう。二人に追いついてイエス様が一緒に歩かれても、二人にはそうとは分かりませんでした。イエス様の十字架のことを話し合っていたのに、です。わたしたちの目は暗く、心は頑なで、主が共におられるのにそうとわからないという事が起こり得ます。それでも主は共に歩いてくださいます。
 エマオに宿をとった二人は、イエス様を引き留めます。イエス様とは分からないまま、離れがたい気持ちになっているのです。福音という真理は、真理であるがゆえに、わたしたちの心に食い込んできます。使徒言行録の8章でも、エチオピアの高官が「分からない」と言いながら馬車の中でイザヤ書を読んでいる、という場面があります。
 食卓に着いた二人は、ユダヤ人の習慣にはない事ですが、客であるイエス様に食卓の主人役を頼みます。そしてこの時二人は気づきます。何度も見て来たお姿、何度も聞いた祈りの声、知らずに食卓の主人役を頼んだその人が、紛れもなく、本当の主人だったのです。そのとたん、そのお姿は消えてしまいます。
 二人の思いが、自分の経験と知識に凝り固まっていた時には、目に見えるイエス様のお姿が必要でした。しかし二人の目が開け、本当の主が誰かを見出した後には、もう見える姿は必要なくなったのです。彼らは「心は燃えていたではないか」と話し合い、今来た11キロの道のりを帰ります。
 わたしたちの思いだけで、心が燃えることはありません。そこにイエス様が共におられ、共に歩まれ、御言葉を解き明かしてくださる時、わたしたちの心は燃えるのです。心を燃やして、遣わされて行きましょう。
📢音声