2014年度

ありのままで

使徒言行録5章1~11節 佐々木良子牧師  教会が誕生し迫害はあったものの順調に成長してきたかのようでしたが、教会の内側から問題が起きました。「なぜ、あなたはサタンに心を奪われ、聖霊を欺いて、土地の代金をごまかしたのか。 …

2014年度

心も思いも一つ

使徒言行録4章32~37節 佐々木良子牧師  「一人ぼっちのクリスチャンはいない」と、私たちが属しているホーリネスの群の源流であるジョン・ウエスレーという人は語りましたが、正にその姿が本日の箇所に記されています。初代教会 …

2014年度

今こそ、思い切って大胆に

使徒言行録4章23~31節 佐々木良子牧師  初代教会とその後の約250年は、過酷な迫害の連続でした。しかし、イエス・キリストに忠実なキリスト者たちが信仰に命を賭け教会を守り、信仰の灯を点し続けられた事により今のキリスト …

2014年度

神の御前に生きる

使徒言行録4章1~22節 佐々木良子牧師  キリスト教の歴史は迫害の連続で殉教者も多く出ましたが、尚、このように2000年以上も福音が世界に宣べ伝えられているのは、神の言葉が真実であるという事が証明できます。又、どのよう …