2012年度

心の目が開かれて

ルカによる福音書24章28~35節  クリスチャンの信仰は、主イエスの復活の上に築かれる希望です。キリスト教で最初の殉教者であるステファノを初め、日本の殉教者達を見ましても、激しい迫害の中で命が失われても、復活の希望に生 …

2012年度

見ないで信じる幸い

ヨハネによる福音書20章24~29節  復活された主イエスが弟子達の前に現れてくださり、平安と喜びに変えられましたが、そこにはトマスはおりませんでした(24節)。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、 …

2012年度

キリストの復活

ヨハネによる福音書20章1~18節  『キリストの復活』は、主イエス・キリストを神の御子(ロマ1:4)と証明し、贖罪の御業の完成を現し(ロマ4:25)、信仰者の復活(1コリ15:20)と栄化(フィリ3:21)を保証する『 …

2012年度

キリストの十字架上の苦しみ

ルカによる福音書23章26~31節  主イエスは十字架にお架かりなる時、ご自身が背負われた十字架の重さに押し潰され、体力尽き果てて背負う事ができなくなりました。その重圧はそのまま、私達の罪の大きさである事を痛切に思わされ …