2019年度

真の光を証する

ヨハネによる福音書1章6~13節

澤田直子師

主題聖句 『その光は、まことのひかりで、世に来てすべての人を照らすのである。』 ヨハネによる福音書1章9節
 9節には大事なことが3つ並べられます。①「光」はまことの光、唯一にして絶対、永遠であること。②それは自分から世に来ること。③その目的はすべての人を照らすこと。
 バプテスマのヨハネは、イエス様をまことの光であると証しするために世に来た、いわば救いの先触れです。わたしたちもまた、未だ福音を知らない人々に、まことの光を証する使命を与えられています。
 光が世に来ることに関してはイザヤ書53:12に預言されています。『それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし、彼は戦利品としておびただしい人を受ける。』まことの光、イエス様は、戦って私たちを勝ち取ってくださいました。イエス様御自身が苦しんで傷ついて、勝利されたのです。「すべての人を照らす」神様にとって「すべて」と「ひとり」は同じ意味です。イエス様は、わたし(・・・)のために、あなた(・・・)のために十字架にかけられました。
 まことの光は、わたしたちを照らします。しかし一方でわたしたちはこの世の光を求めます。それは自分を照らす光です。これが強いと、まことの光を見ることが難しくなります。暗い道を照らす懐中電灯を、自分に向けたら、自分は照らし出されても、自分の目には何も見えません。しかし、真の光を知る人は、世の光を隣人に向けることを知っています。
 真の光が、わたしに、いつ、どんなふうに当てられたか。その時、どう感じて、どう行動したか。このようなことを、他の人にわかるような言葉で伝えるのが「証詞」です。自分の事を話せば良いのですが、しかしこれが難しいことがあります。恥ずかしい、苦手だ、という思いが先に立つ方もおられるかもしれません。
 神様は、わたしたちを光で包み、導き、守り、愛してくださいます。そして、その愛に応えてほしいと望んでおられます。この一年、わたしたちは神様の愛にどうお応えしてきたでしょうか。
📢音声