2019年度

この子の名はヨハネ

ルカによる福音書1章57~66節

澤田 武師

主題聖句 「聞いた人々は皆これを心に留め、『いったい、この子はどんな人になるのだろうか』と言った。この子には主の力が及んでいたのである。」 ルカによる福音書1章66節
 ザカリアの沈黙は続いています。しかし、月は満ちてエリサベトは子どもを産みます。それは近所、親類の人々にも喜びとなりました。八日目、子どもの名前を付ける段になり、騒動が起こりました。当時子どもに名前を付けることは父親の権威でした。そして一般的には、先祖、親類の名前の中から選んで
命名していました。名前は、家族、親族の絆を表すものでもありました。
 「あなたの親類には、そういう名の付いた人はだれもいない」近所、親類の人々は、「ヨハネ」(主は恵み深い)という名前に違和感を覚えます。そしてザカリアに尋ねます。ザカリアは「この子の名はヨハネ」と板に書いて見せます。人々は驚きました。エリサベトと同じ考えだったからです。
 ザカリアは天使から直接、「ヨハネ」という名前を聞きます。そして、ザカリアは我が子に「ヨハネ」と名付けることを使命として託されました。ヨハネという名前自体はごく普通ですが、ザカリアが我が子に「ヨハネ」と名付けると、その名前が「洗礼者ヨハネ」という人物となっていったのです。
 創世記には、神様は土で作ったあらゆる獣、空の鳥を、人がどう呼ぶかを見ておられました。そしてそれは全ての生き物の名前となりました。名前が付けられることは、人が支配し共に歩む生命として受け入れられ、一緒に生きるものとしての関係が生まれることを意味しています。
 「この子はどんな人になるのだろうか」この後、ヨハネ誕生の次第は、人々の言葉に上り、ヨハネ本人も聞いたでしょう。そして、ヨハネ自身にも神様から伝えられた何かがあっただろうと思います。
 「洗礼者ヨハネ」のイエス様を証しする声、彼の声が響いたその時から、地上にイエス様を証しする声は絶えたことはありません。イエス様を信じ、十字架の罪からの贖い、救いを信じた人々が、自分の言葉で語り続けています。その声は永遠に続きます。そして、その声は今暗闇に住む者たち、低きに生きる者たちに喜びの言葉として届いています。クリスマスは喜びの言葉です。
📢音声