2019年度

真理を悟らせる

ヨハネによる福音書16章1~15節

澤田直子師

主題聖句 「その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。」 ヨハネによる福音書16章8節
 16章は迫害の予告の続きです。会堂を追放する、というのは、単に宗教的な集まりだけを指すのではなく、ユダヤ人社会全体から外され、異邦人と同じに扱われることを示しますから、非常に屈辱的なことです。しかもイエス様は、迫害する方は、それが神のみ旨に適うことだと信じてそうするのだ、と言われます。
 それは、彼らが神を知らないからです。「知る」とは、聖書では深い関りを持つことを指します。言葉だけで「神」と言う時、人間は薄っぺらな自分の正しさにこだわり、攻撃的になります。
 イエス様は「弁護者」を送る、と言われます。それは、世の誤りを明らかにし、また真理をことごとく悟らせる。真理とは何でしょうか?14章6節でイエス様ご自身が「わたしは道であり、真理であり、命である」と言われました。
 イエス様が神の独り子でありながら、地上に生まれ、十字架で死に、復活された、それほどに、わたしたちを救いたいと熱望し愛された、それが真理です。これは人間の理解を超えています。神に属する事柄ですから、わたしたちは信じ受け入れることしかできません。
 送られた聖霊を受ける時、わたしたちは変えられます。エフェソ5:8「あなたがたは、以前は暗闇でしたが、今は主に結ばれて、光となっています。光の子として歩みなさい。」これは、わたしのことです。暗闇にいた時、わたしたちは、人にどう思われるか、言われるか、自分の思いが通るか通らないか、世のことを気にして惨めなものでした。しかし今は違います。神の義を知りました。光の中で、何も恐れるものはありません。イエス様の送られた聖霊は、今わたしをどこに導いているでしょうか。真理に導く光を目指して、アドヴェントを迎えましょう。
📢音声