2019年度

『一緒にいるよ』との約束

ヨハネによる福音書14章15~19節

澤田 武師

主題聖句 『しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。』 ヨハネによる福音書14章19節
 イエス様は弟子たちの性格を見抜いておられ、その信仰の弱さをも知っておられました。だから、「あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る。」と、弟子たちに語られました。「わたしを愛しているならば」と、そこに弟子たちがまだ知ることの出来ない、自分たちの信仰の弱さを、イエス様は示されます。
 この後、イエス様が天に帰られ、弟子たちの目にはお姿が見えなくなります。「わたしの掟」、それは、イエス様のお言葉、福音を思い出し、そして、具体的には「互いに愛し合う」ことを実践する者として生きることを弟子たちに命じるお言葉です。
 イエス様は「愛」は「行動を起こさせる」、その行動こそがイエス様への「愛」を証詞することになる。あなた方は、わたしの愛を知っている。既に「わたしの掟を守る者」となっていると、約束されています。
 イエス様は十字架に掛かられる前に、聖霊が降ることを教えられ、聖霊を受け入れる者は「聖霊の豊かな実」を結ぶ者となり、一方、受けいれない者は「肉が犯す罪」すらも分らない者となってしまうことが、ガラテヤの信徒への手紙の中に記されています。
 「わたしの父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと…。この方こそ、…。」「弁護者」という言葉は、元々は裁判用語で、被告の「いつもそばにいる者、絶えず助けをする者」という意味です。イエス様は、「わたしに代わって、聖霊(弁護者)を送る」と、約束されました。
 「わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。」イエス様は絶えず私たちのために、祈り続けてくださっています。そして、永遠に聖霊を通して御言葉が与えられると約束されています。人生の最後の時ですら「聖霊」は、働いていてくださいます。地上の生命から、神様の命へと、その希望を持って行く。永遠の命に生きる。そこに聖霊の約束があります。
📢音声