2018年度

その悲しみは喜びに

ヨハネによる福音書16章16~24節

澤田直子師

主題聖句 『しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない。』
         ヨハネによる福音書16章22節b

 ヨハネによる福音書の14章からは、イエス様の「告別説教」と言われます。16章16節でイエス様が言われる「しばらく」はギリシャ語では「ミクロン」1ミリの千分の一を表す単位です。ですから、あっという間に、という感じです。イエス様は、これから十字架の死を迎える時に打ちひしがれるであろう弟子たちを励まそうとして、こう言われたのでしょう。
 創世記でエヴァが知恵の木の実を食べた時、神様は「苦しんで子を産む」またアダムには「塵に返る」と言われました。新しい命が生まれる時には大きな苦しみがあり、死によって分かれることが運命づけられました。わたしたちが新しい命を得るためにイエス様は苦しまれたのです。しかしイエス様は「また会う」と言われました。イエス様の死と復活は、わたしたちの死と復活です。ローマ6:4「わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬られ、その死にあずかる者となりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。」
 これを自分の事として受け入れる時、弟子たちの、わたしたちの祈りは変えられます。弟子たちは最後の晩餐の席上でさえ、「誰が一番偉いか」と議論をしていました。しかし、復活のイエス様に会ったその後は違います。何になるかではなく、どう生きるかに知恵と力を注ぐように変えられます。イエス様のお心を理解したからです。
 その時に悲しみは喜びに変わるのです。悲しみがなくなるのではありません。悲しみは悲しみとしてそこにありますが、その意味を理解するのです。悲しみはただ悲しみだけでできていたのではなく、その中に確かに主が居られた、それは喜びだったのではないか、と理解するのです。わたしたちの悲しみを共に悲しみ、喜びに変えてくださるお方を信じましょう。
したちはどのようにお応えできるでしょうか。
📢音声