2015年度

ますます力を得て

使徒言行録9章19~31節 佐々木良子牧師  キリスト教会を迫害していたサウロ(後のパウロ)は、目からうろこのようなものが落ちて、霊的な信仰の目が開かれると『すぐあちこちの会堂で、「この人こそ神の子である」と、イエスのこ …

2015年度

目からうろこ

使徒言行録9章1~19節 佐々木良子牧師  一般的に驚くような気づきを「目からうろこ」と表現されていますが、その由来は本日の聖書からで、霊的に目が開かれることを意味します。「サウロは地面から起き上がって、目を開けたが、何 …

2015年度

洗礼を受けて喜んだ人

使徒言行録8章26~40節 佐々木良子牧師  『「…エルサレムからガザへ下る道に行け」と言った。そこは寂しい道である。フィリポはすぐに出かけて行った…」』(26~27節) ユダヤ人から忌み嫌われていたサマリア地方は、主イ …

2015年度

海を通り抜けた先にある祝福

出エジプト14章19~31節 佐々木良子牧師  イスラエルの民は敵国であるエジプトに連れて行かれ奴隷としての生活を強いられましたが、紅海を渡って脱出する時の出来事が記されています。彼らはシナイ山の方に向かって南東に進んで …