2020年度

逃げるは恥だが役に立つ

マルコによる福音書14章50~52節

佐々木馨神学生

主題聖句 「弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった。」
マルコによる福音書14:50

 マルコ14:51〜52で若者マルコは、なぜ恥とも言える裸で逃げ出す様を記したのでしょうか。使徒言行録12:25では、マルコの従兄弟のバルナバとパウロと一緒にエルサレムに献金を運ぶ大事な任務に同行していることがわかります。次世代の青年マルコへの大きな期待が感じられます。続く使徒言行録13章にはバルナバとパウロの重要な第一回宣教旅行でもマルコが同行しているのです。
 しかしすぐ後13節を見ると、マルコはその宣教旅行から離脱してしまった。理由は不明ですが、とにかく正当な理由ではなかったのは間違いなかった。
 というのも第2回宣教旅行の際に、マルコに腹を立てたパウロは連れていくことに大反対しているのです。そしてパウロとバルナバは喧嘩別れし、別の地方に二手に別れて宣教旅行が拡大するのです。神様は見事にこの顛末を用いられました。マルコの弱さを益とし用いられた。そして、「慰めの子」バルナバは暖かい眼差しをもって、一度逃げたマルコを受入れ宣教旅行に同行させ続けます。
 その後マルコはどうなったのでしょうか?フィレモンの手紙24節でパウロは、協力者として真っ先にマルコの名前を上げ、テモテの第二の手紙4:11にはパウロは、マルコを役に立つものとして認め必要としていることが記されているのです。
 マルコの大きな成長がわかります。それは暖かい眼差しを注ぎ再度チャンスを与えた続けた先輩バルナバ、そして主のとりなしによる聖霊の大きな働きがあったからでしょう。
 最初の福音書の記者マルコはなぜ、裸で逃げた自分と逃げた弟子たちを記したのか?弱い私達を、逃げてばかりいる私達を、神様、イエス様は決して見捨てないで愛し抜くこと、主の前に神の前にあっては役に立たない者は誰一人といないことを伝えるためなのです。
📢音声