2019年度

我が心を知りたまえ

ヨハネによる福音書13章21~30節

澤田直子師

主題聖句 「そこでイエスは、『しようとしていることを、今すぐ、しなさい。』と彼に言われた。」 ヨハネによる福音書13章27節b
 ヨハネは最後の晩餐の光景を書き残していません。ヨハネにとっては、イエス様が、ユダが裏切ることを分かっていて、彼を外に行かせたことが強く印象に残っていたのかもしれません。
 イエス様がパンを浸して渡した時、ユダに「サタンが入った」と書かれています。パン切れを浸して渡すのは、特別に親しい人にする行為です。そして、サタンが「入った」という言葉は、むしろ「満ちた」に近い意味を持っています。サタンは、人の心の中に、何か新しい悪を吹き込むのではありません。心にある雑然としたあれこれの中から、「これが正しいのだ。これしかない。」と思い込ませ、他のことを見えなくしてしまいます。この時ユダは、自分の理想通りのメシアを得るためには「こうするしかない」と思い込んだのです。
 サタンの誘惑が一番怖いのは、自分は正しいと思い、正しいことをしようとする時です。兄弟げんかも戦争も、すべての争いは「こっちが正しい」から生まれます。人間の正義は平和を生まないのです。
 イエス様のお言葉を聞いて、ユダは夜の闇の中に出て行きました。「しようとしていることを、今すぐ、しなさい。」しかしユダは選ぶことができたはずです。神様のご計画である以上は、十字架による罪の贖いは必ず成就したでしょうが、そこにユダは関係しないこともありえたはずです。サタンの「これしかない、これが正しいのだ」という声の方をユダは選んでしまいました。
 サタンの誘惑が満ちる前に、「主よ、わたしの心を知ってください。」主に全てを明け渡していきましょう。
📢音声