今は我慢の時

コロナウイルスの影響で、
礼拝をはじめ、様々な集まりを休止しています。
礼拝の休止は、本当につらい。
週に一回のこの時を、「楽しみにしている」とか、「大切にしている」とか、そういうレベルを超えて、「生活になっている」という方もおられます。
そういう方に「礼拝は休会します」というのは、牧師として、何とも切ない気持ちです。
もちろん教会学校や中高科のジュニア礼拝も休会。
特に中高科では、ここでしか会えない友だちもいるわけで、がっかりしているであろう子どもたちの顔が、目に浮かびます。
でも、現状を見れば仕方のないこと。
文句を言いながら、ではなく、協力しよう!我慢しよう!という気持ちで、祈っていかなければ、と思います。
そして、それならば、今何ができるかを考えて、実行していかないと、とも思います。
「先が見えない」と言いますが、なに、先が見えないと言うなら、何だってそうです。
クリスチャンは、今、ここ、私、に集中することを、聖書から教えられているはず。
神さまが、この世界的な危機から、わたしたちに何を教え、何を期待し、どう救い出してくださるか、信頼し委ねて、今できることを丁寧に!
澤田直子