「祈る」ということ

別に何かの信仰を持っていなくても、
「健康をお祈りします」とか
「お二人のお幸せをお祈りします」って
いいますよね。
キリスト教プロテスタントは、
基本的に自由祈祷です。祈祷文は使いません。
公の祈りの時には、原稿を作る方もいます。
密室の祈りの時には、順番も何もなく、好きなように祈ります。
でも、そこで大切なのが「誰に向かって祈るの?」ということ。
必ず「天の父なる神様」とか「天のおとうさま」とか、
ご年配の方は「恵みと憐みに富たもうイエスキリストの父なる御神様」などなど、
呼びかけの言葉から祈りが始まります。
そういうクリスチャンから見ると、
神社やお寺で手を合わせている人が、
誰に向かって祈っているかをわかっているのか、
ちょっと不思議に思います。
わたしの生まれ故郷には、結構大きい神社がありまして、
初詣なんかはそれはもう大変な賑わいです。
露店も沢山出ているし、お御籤やお札、破魔矢、お守りなど
いろいろと売っています。が。
この神社で祀っているのはたしか、五穀豊穣の神様だったと思います。
なのに、交通安全とか、恋愛成就とか、安産祈願(これはアリか?)の
お守りって・・・皆さん楽しそうで嬉しそうで、それでいいといえばいいのでしょうが。
それとも神社ってそういうものなのかなあ。
聖書の神様は唯一絶対の神様です。
全知全能、すべてをお創りになり、支配される神様。
そういうお方に祈るのですから、あまりお気軽には祈れない、と
思うこともあります。
一方で、父よ、と呼びかけることをお許しになる神様だから、
もっと近づいてもいいんですか?と思うことも。
牧師になって早16年、今頃こんなことを言っていていいのでしょうか???
でも、わたしは神社に神様がいて願いをかなえてくださるとは
思っていないけれど、たとえば家族の病気のためにとか、
難しい試験のために、一心に祈る人の心には嘘はないよね、とも思うのです。
世の中には、わかればわかるほど、わからなくなるものがありますね。
澤田直子