オープンチャーチ顛末記

9月29日、オープンチャーチ第1弾が無事終わりました。
第2弾は10月5・6日、藤井圭子先生をゲストにお呼びします。
昨年から始めて、2回目でしたから、
だいぶ肩の力も抜けて、奉仕してくださった皆さんも
楽しめたのではなかろうか、と。
近隣の方や、家族に、とりあえず教会に足を踏み入れてほしい!
という目的は、まずまず達成されたかと思います。
教会学校の子どもたちが、自分の友だちを誘ってくれたり、
近くのマンションにお住いの方が誘い合って来てくださいました。
わたしは、今回はゴスペルクワイアに参加しました。
さてさて、牧師がゴスペル???と言われるかも、と思いきや、
「センセ、かっこよかったよ~」なんて言われて、
ほっとしました。
何せ、ゴスペルの練習は土曜日だし。
小松川教会、お堅いので、「牧師が!土曜日に!」なんて
思う方もいるかもしれないし、とビクビクしている部分もありまして。
でも今回、皆の前で歌っちゃったので、
ちょっと開き直れました。
そして、リハーサルで、先生に「深く歌って!」と何度も言われたことが
心に残りました。
わたし、見栄っ張りなところがあって、
何でも小ぎれいに済ませたいんですよね。
できなかったら嫌だなあ、と臆病になってしまう。
ああ、それでは、表現にはならないんだなあ、と
今更のように教えられました。
何でも、現実にやってみないとわからないことってあるものですね。
・・・次の日、声がスカスカだった・・・
澤田直子