週休0.5日

6月の定例役員会で、ある役員さんが
「先生、夏休みはいつ?がっつり取って、海外でも・・・」
と言ってくださいました。・・・が。
牧師業って、ほんと、休めないんです。
牧師の休みは一応月曜日ですが、それは「一応」。
特に夏場は、研修やキャンプが入るので、全滅に近い状態です。
そして、週半ば、水曜日には祈祷会がありますし
まとまって休むのはちと難しいのです。
休んだところで、主日礼拝の準備をしなきゃいけないので、、
武先生なんかノートパソコン持参で実家に帰るという・・・
家族も休んだ気になりませんよねー。
牧師家庭の子どもはかわいそうだ。
平均しても、週休は絶対に1日はない。ありえない。
0.3~0.6日くらいかなあ、と。月に1日か2日。
この年齢になると、定期的に医者にも行くし、
せっかくの休みもそんなことで(大事だけど!)消化されちゃうし。
さてさて、わたしたち澤田の前任牧師だった佐々木良子宣教師は、
2016年からドイツはケルン・ボン日本語教会に赴任されましたが、
その3年くらい前に、雑談で、
「わたしねー、本音を言うと聖地旅行はあんまり興味ないのよ。」
「本当はドイツに行きたいの!あと、オーロラを見たいの!それが夢なの」
「だからね、体力が残っているうちに引退しないと、夢がかなわないわけよ」
なーんて言っていたのです。
それが!ドイツに赴任された後で
ドイツから聖地旅行に行き、フィンランドでオーロラも見て、
あれよあれよと現役中に夢がかなったのです!良かったねー良子先生。
わたしも夢を口に出して言った方がいいかなあ。
なんて、ちょっぴりうらやましく思ったのでした。
でもね、でもね。
小松川教会に赴任したからこそ、
毎日子どもたちとすごせて、手をつないだり抱っこしたり、
時にはチューを迫られたり(3歳児に!本当です!・・・お断り申し上げたけど)
思いもかけない楽しさと出会えたわけですよ。
ずっと夢見ていた思いが実現したり、
夢にも思わなかった幸せに出会えたり。
それが人生の面白さなんでしょうね。
澤田直子