牧師の連休

世間様は10連休ということですが。
キリスト教会は日曜日を中心に「曜日」で動きますので、
あまり関係ありません。
でも附属保育園は9連休。
先生たち、ゆっくり休んでね。リフレッシュしてね!
そして元気に帰って来てね!!!
・・・というのは、ゴールデンウィークの後は
せっかく保育園の生活に慣れてきた子どもたちが、
「振り出しに戻る」状態となり、ま~た泣くんですねえ。はい。
それはさておき、牧師は普通、月曜日がお休みです。
(で、そこに研修だの委員会だの入って来る来る)
火曜日からは、平日の集会の準備と、次の日曜日の準備です。
どの教会でも水曜日か木曜日に「祈祷会」をしますので、
これが週半ばの小さな山場となります。
それが終わったら、あとは日曜日に向けて、説教準備。
・・・の合間に、訪問やお見舞い、教区や教派のご用で出かけたり。
・・・の合間に、レジュメ作りアジェンダ作り、
・・・の合間に、買い物やご飯の用意。
牧師って、日曜日しか働かなくていいなあ、と思っている方も
いるかもしれませんが、けっこうブラックだと思います。
一か月休みがなかった、なんて普通ですし、
ひとたび事が起これば、徹夜朝駆けは当たり前。
ですから、夜遅く・朝早くの電話はドキドキしますね。
そして、今回の10連休は、29日と、1・2日にお休みをもらって
お互いの実家に顔を見せに行き、(弟と3年ぶりに会った!)
あとはまあ、いつもの通りかなあ。
昨日はS川急便の方が、「良かった~、人がいてくれた!助かった」と
段ボール箱5つの荷物を置いて行かれました。
どこも誰もいなくて、積んだままぐるぐる回っているんだとか。
そんなことがあると、「ああ、大変な仕事の人ってたくさんいるんだなあ」と思います。
お仕事の方は、ケガや事故なく、お仕事できますように。
お休みの方は、しっかりゆっくりお休みできますように。
澤田直子